--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.26

・・・そして

久しぶりに新婚生活夫婦ふたり暮らしを送っています

ムスメがひとり暮らしを始めた時には、もう母T子が居たわけで
こんなふうに夫婦ふたりきりというのは久しぶりです。
あ、昨年母がケアハウスに入居した時もそうでした…
でもあっという間に戻ってきましたからね(^^ゞ

その母ですが、あちらでなんとか暮らしているようです。
ずーーっと家事をワタシ任せにしていたので
久々の食事作りや洗濯に戸惑ってはいるようですが
以前からいろいろお手伝いをしてくれていた親戚のおねーさんにも力を借りて
なんとかかんとかやっているようです。。

ワタシはとりあえず毎日電話をして、
母の質問(炊飯器どーすんの、洗濯機はこーすんの?のたぐい)を聞いたり
急に一人になって寂しかろうと話し相手になっております。

1周間になろうとしていますが、あまり愚痴も言わず弱音も吐かないので
やっぱりこれで良かったのかな、と少しホッとしています。
淋しいと泣かれでもしたら、それはそれで切ないですし。。

いや、泣くどころかワタシに対して結構エラソーな口調です(笑)
今まで遠慮してかぶっていたネコを脱ぎつつあるのでしょう。
今日も今日とて「アンタに言っても仕方ないし~」などと言ってました。
この台詞、母がジッカで一人暮らしをしている時に何度か聞きました
散々愚痴ったあげく「アンタに言っても~」です(笑)
だったら言うなよ、と何度思ったことでしょう。


でもこの台詞が出るということは元気な証拠かもしれません。
母らしさを取り戻したのかも。
娘の顔色をうかかってオドオドしてるなんて、考えれば彼女らしくない。
わがまま全開で、気に入らなければ電話にだって出ないし
不機嫌になれば話の途中でも受話器を置いてしまうし。


ま、それが唯我独尊わがままイッパイな母の母たる所以でありましょう。
ワタシとしては気分のよいものではないけど
それが元気な証拠!ってことなのかも。。


茨城の親戚のA子姉さんに言われました。
「お年寄りは悪くなっていっても良くなってはいかないのよ。
 どうしようもなくなったらお年寄りは我慢するしかないの。
 だから今は好きにさせてあげて、みゆこは余力を蓄えておきなさい。
 本領発揮するのは、どうしようもなくなった時だからね」


実母を引き取って最後まで看取ったA子姉さんの言葉には重みがあります。
・・・今はそういう「時期」を乗り越えるために力を蓄える時
そう思いながら粛々と(?)夫婦ふたり生活を過ごそうと思っています。



・・・たまにムスメが帰ってきてくれるし








スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/845-f6d2a9dd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。