--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.22

カニとおしゃべり




旧SMAP友の会(仮名)の友人と新宿に行って来ました。
彼女は割りと近くに住んでいるので
昨年から4月まで、ワタシが母との生活に煮詰まってHELP!!メールを送ると
中間地点のファミレスに飛んできてくれて何時間でも話を聞いてくれました。

母がケアマンションに移ったと報告した時
「また新たなスタートです。今はゆっくり休んで次の台風にそなえる。
 どんな台風が来ても大丈夫な心と体を作り、お母さんを受け止めよう!
 美味しいもの食べて力つけてください」
という優しい力強いメールをいただきました。

今回また母を引き受けるということで
「よし!美味しいものを食べて元気出そう」と付き合ってくれました。
ouginomai.jpg
(かに道楽のHPからお借りしました


これからのことだけではなく、彼女がGWに行った台湾旅行のお土産話や
子どもの小学校時代の思い出話、旦那様の健康問題や愚痴などなど話はつきず
「カニを食べると無口…」には決してならなかったのでした



帰りの電車のなかで、先日見たJR中央線の車内広告を思い出しました。
Y新聞の編集手帳の一文が載っていたのですが

「心の算数というのは不思議なもので
 10の重荷を支えるのに10の支えがいるというわけではない
 たった1の励ましが100の悩みを軽くしてくれたりする」


というような意味のことが書かれてありました。

ああそうだなあ、友人や家族のたった一言で救われることってあるなあ…
とワタシはそのとき電車のなかでひとり感動したのでした。

今日も友人に救われました。
じんわりと心が温かくなって元気が出て来ました。


振り返ってもどうしようもないことはあるし、前が見えない時もある。
それでも時は流れていくものだし、立ち止まってばかりはいられない。
いつか笑って思い出すためには
今決して逃げずに、現実と向き合って立ち向かって受け止めなきゃ。


電車に揺られながらそんなことを考えたワタクシなのでした~。





・・・でもワタクシは煩悩の塊なので 苛立ったり落ち込んだりするんですけどね






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/783-406602e3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。