--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
10.31

熱海へ 其の弐

Category: 旅、なニッキ

Y391391154.jpg
    ※この画像は旅行予約サイトからお借りしました※

あたみ石亭の表にクルマを停めると
作務衣姿の男衆さん達が出てこられました。
どこかで見ていたかのように、ものすごく良いタイミング。
純和風造りに似合う「スタッフ」ではない「男衆」さんたちが
荷物を持ってくださったり、クルマを駐車場に移動してくださったり…。
バレーサービスは場所によって「…??」と思うこともあるのですが
この宿は安心してキーをお渡しすることが出来ました。


その合間にさりげなく名前を聞かれ
そのまま離れのお部屋へ。

三千坪の日本庭園に点在する見事な庭石を歩いていきます。

Y391391009.jpg
    
Y391391133.jpg
    ※この画像は旅行予約サイトからお借りしました※


いわゆるチェックインはお部屋で。
着物姿もうるわしい女性が丁寧に三つ指をついてのお出迎え。
お茶とお菓子をいただいて、暫しまったり。。
チェックインとはいっても宿帳の記入はお帰りまでで結構です、とのこと。
一度迎え入れた客は、この宿を出るまでとことんゆったりさせますわ!!
という静かなる心構えが伝わってきます。

その後お部屋担当の別の女性が現れ、また三つ指ご挨拶。
館内の説明や食事の時刻を聞かれます。
貸切露天風呂があるので、夕食までにひとっ風呂浴び湯浴みをすることに。

庭園のなかをそぞろ歩きしつつ、露天風呂へ。
広々とした露天風呂のまわりには、ほんの少しだけ色づいた木々があって
それを見上げながら浸かるお湯の気持ち良いこと。。
足の先から疲れが抜けていくようです。
熱海のお湯は塩湯だそうで、身体がぽよんと浮きます♪
ぽちゃぽちゃしてるからではありまっせん!!

部屋に戻れば夕飯時。
この広~い石畳を何往復もして料理を運んでくれるお部屋係りさん。
ほんとーーに頭が下がります。m(__)m


   ※以下の料理写真はクリックで大きくなります※

2011atami 023
先付:食前酒梅酒・大黒秋刀魚・九条葱辛子みそ掛け
   炙りたこ・いちょう長芋・クコの実
前菜:菊菜くるみ衣・サーモン手毬寿司・もって菊・和牛ロース西京漬けアスパラ巻き
   海老せんべい飾り玉子もみじ丸十・ゴボウ揚げ・銀杏・などなど・・・

2011atami 024
吸い物:焼き茄子含ませ・合鴨葛うち・マツタケ・菊花

2011atami 025
造り:青利烏賊・鮪・白身魚

2011atami 027
焼き物:落鮎の柚庵焼き・輪柚子・谷中生姜・金山寺味噌

2011atami 026
特別料理:佐賀牛岩塩焼き

2011atami 029
煮物:焼き穴子白菜巻き・椎茸・絹さや・黒七味・トリュフ

2011atami 030
このカゴをそうっとはずすと・・
2011atami 033
強肴:海老芋ぶぶあられ・原木椎茸・南瓜素揚げ・稲穂など
   
2011atami 032
止肴:ずわい蟹金紙巻き・紅蓼・帆立貝・ブロッコリーとミニ大根・林檎酢

2011atami 035
食事:きのこご飯・赤だし・香の物

2011atami 037
水菓子:メロン・巨峰・白玉蓮根・黄身ソース・利平栗

生ビール大ジョッキを飲みながら、いや~~食べた食べた!!
でもどの料理も繊細で手が込んでいて、たいへん美味しゅうございました。
なにひとつ残すことなく、ぜ~~んぶいただきました。
(好き嫌いの多い恥ずかしいワタクシは、Kに食べてもらったモノもありましたが…(´・ω・`)


******************


夕食後はレトロなクラブでもう少し飲むことに。

・・・つづきます。







スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/663-698091e4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。