--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.07

2002年7月2日(火) そして街はもとに戻った。

Category: 未分類



W杯が終わって、街はまさに祭りの後・・という静けさだ。
渋谷のスクランブル交差点で、ハイタッチをしながら
「ニッポン、ニッポン」とはしゃいでいた若者達も
いつもの日常に戻っていったのだろう。

数え切れないほどの人間が行き交うその交差点は
普段は誰も皆、他人には無関心で
間違っても見知らぬ人と笑い合ったり、抱き合ったりはしない。

あれは、だから彼等にとってはまさに「お祭り」だったのだろう。
今回はたまたまサッカーだっただけで
共通の思いを持ち、同じ夢を見て、気持ちを合わせる・・
そんなことがしてみたい、と彼等は思っていたのかもしれない。

皆で一緒に頑張ろう!皆足並みを合わせよう!という感覚・・
それが「日本人の国民性」といわれた時代を知っている私などは
あの東京オリンピックの悲愴なまでの
「日本を背負っている」という重圧を
決してうるわしいことと思うことができない。

ものすごい勢いで変わっていった「日本人」たちは
スポーツ界でも、以前よりずっと器用でそれでいてお洒落な
世界に通用する選手を送り出してきた。

「誰かと手を取り合ってガンバルなんてだっせぇーよ!」
という若者が、渋谷で国立競技場で、そして試合会場で
見知らぬ人達と、声を揃えて叫んだ「ニッポン!」
あれは何かを象徴していたような気がしてならない。

今の静けさは、にわかファンの熱がさめた・・ということでもあるだろう。
それでも「気が抜けちゃった」とつぶやく若者たちに
有り余るエネルギーと、ある種の純粋さを感じるのは私だけだろうか。

そしてそんな彼等の有り余るエネルギーと
荒削りではあっても「これから」の可能性に期待したい
と思うのは私だけだろうか。



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/638-a0ace94b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。