--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
04.07

さくら


sakura


もう2年前になるでしょうか、京都にお花見に行った時の一枚です。
みごとな「醍醐の桜」
春の陽射しが小さな花のひとつひとつに留まって温まって
見上げる私たちの上にぽわんと降りてくるようでした。


今年も桜が咲きました。
東京では昨日満開になったそうです。
我が家の周辺ではまだチラホラとしか咲いていませんが
ポカポカと暖かい日が続いています。

どこぞのエライ人が、わざわざ記者さんの前で
「花見なんぞ自粛すべき」と声高に言ったみたいですが
もともとお花見は花を愛でるのが本当であるからして
短い桜の季節を静かに楽しむことは、決して不謹慎なことじゃありますまい。


ただ自然に、謙虚に、春を迎えたいと思うだけです。

長い月日を経ても凛として立っている桜の木のように
静かに春を過ごしたいと思うだけです。





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/601-627f3151
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。