--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
09.09

その気になる。

Category: 未分類
 


先日TVで偉そうな男性(エラソーな人という意味じゃなく、偉い人らしい男性)が
ホメオパシーについて語っているのを、なんとなくぼうっと聞いてました。
なんだっけホメオパシーって、聞いたことあるなー、くらいの認識しかない私は
その男性が日本学術会議の金澤さんとかいう会長だと知らなかったんだけど。。

ホメオパシーって簡単に言うと・・・といっても、知識がない私には説明できないので
困ったときのWikipedia・・・な、わけですが(^^;;

要するに(だから?、説明できないってば!)
「これは効くよ!」「これ飲んだからもう大丈夫」とかいう暗示を与えるお砂糖玉があって
それを与えて自然治癒力を引き出して、体の不調を治してしまおうよ、ってこと…なのかな?

さっきコンビニで買ってきた週刊新潮にもホメオパシーについて書かれたコラムがあって
ほほう…なるほど?、と読んではみたものの、やっぱりうまく説明でき(ry

鰯の頭も信心からとかいうし、どうせだったら信じてやってみるってのは
ある意味効果的なのかもしれないな、と思う私です。
でも、ほんとに病気なのに、砂糖玉だけを飲んでお薬飲まないのはダメダメ!!
って、それは至極当たり前のことだよねえ。
自然治癒力も自分の力も、暗示をかけられる側のニンゲンに委ねられる問題だもんねえ。


そういえば我が家の住人はみな単純なので
「このクスリ効くよ?!」と渡せば、飲んだ瞬間効いちゃったりします。
…娘が小さい頃、お菓子のラムネを「はいお薬♪」と渡してたなあ。
大真面目に水で飲み込んで「おなか痛いの治った♪♪」とか言ってたわい。

あれもプラシーボ効果といえばそうなんでしょね。
いやはやトンデモナイ母親ですけども。。。

でもそんな娘が先日職場で頭痛がおきたので
化粧ポーチの中の頭痛薬を飲もうと思ったそうです。
(ま、頭痛薬&胃薬くらいは持ち歩いているのね)
コップにお水を入れて、デスクでこくんとお薬を飲み…
例によってすぐに効いちゃうので、はあ治った?♪と喜んでたそうです。
ところがしばらくしてデスクのPCの横に
頭痛薬がぽつんと置かれているのに気がついたそうで。。

「飲んだつもりになって飲んでなかったみたいなのよね???☆」
夕食時にそんな話をしながら大笑いする単純なる我が娘。
うむ、これもホメオパシーの一種なんでしょか?違うか。違うね。
これはまた別の次元のおはなしですわね(笑)


そうそう、なんで急にこんな話を思いついたかと言いますと

夕方頃からなんかアタマが重くて(カラダが重いのではない)
おかしいなあ、風邪はもうほとんど治ったはずなのになあ・・・とウダウダしてたので
そうだ、こんな時に試してみよう!と思い立って、実験してみたんです。

まずお水をコップに入れます。
手のひらに幻の錠剤を2粒乗せます。
それを1粒口に入れ(たフリ)、お水をゴックン。
続けてもう1粒も(飲んだフリ)ゴックン。。

そして現在(20:00ちょっと前)

 すっかりアタマは軽くなりました??♪


これってスゴクないですか?(笑)
お砂糖玉(レメディといかいうそうですね)を飲み込むどころじゃないでっす。
ただ水を飲んだだけなのに、気分が良くなるんですもん。ほほh。
まあ、これはワタクシが超弩級の単純ニンゲンだという証明にしかならんわけですがww




     201009091618000.jpg

さて、今日は涼しくて過ごしやすい一日でした。
所用があって甲州街道を歩いていたんですが
ほんの少し秋めいてきたような、そんな気がしました。



いやいや、ワタクシの「そんな気」ってのは
ぜーんぜんアテにならんのですけどね。
わははははh






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/550-07b2d243
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。