--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
08.09

8月9日

Category: 未分類
 


今日は「ナガサキ」の日
そして6日は広島の原爆記念日でした。
記念日というのはあまりにむごい「忘れられぬ日」ですが。

我が家を建ててくれた棟梁が広島出身の方で
建築当時お年を召されていましたが、たいへんお元気でした。
寡黙な方で、若い大工さん達には怖がられていたようでしたが
毎日10時と3時のお茶を持って行く私に時おり昔話をしてくれました。

爆心地近くに住んでいたという棟梁は、家族とともに奇跡的に助かったとのことで
今も元気で働けるのが有り難い、嬉しいと、何度も繰り返していました。
もちろん口には出せない大変なことがあったのは想像できます。
それでも「今も元気で働ける」ということに本当に感謝して一生懸命に働く様子は
少しずつ出来上がっていく家とともに、私のなかに感動を以て今も残っています。

  
      *********

暦のうえではもう秋。
でもまだまだ暑い日が続きそうで、本物の秋は遠いようです。


この門を…

南禅寺の門前にあった森永湛堂老師の句です。

 「この門を 入れば涼風 おのづから」 と書かれているように
このお寺は夏に訪れるとその涼しさが解るのかもしれません。

いやそれよりも、日常の煩わしさや苦しみをもって訪れても
この門を入ったら、そんな思いを振り払うことが出来ますよ、ということかもしれません。
お寺はどこもそうですが、心が落ち着いて鎮まるものですよね…。


水路閣

今年の初夏に旅した京都は本当に緑が美しくて
ただなにもせずにその中に座っていたいと思いました。
風の香り、風の音、葉ずれの音、新鮮な木々の匂い…
またそんな中に自分を置きたいなあ、と思い始めています。



      *********


8月9日は私にとっても忘れられない日です。
今から二十余年前の今日、私は家を出ました。

父と母と私だけの生活から、私ひとりが飛び出しました。
飛び出した理由はいろいろありましたが
とにかく「自分で考えて自分で歩いて自分で呼吸したい」という思いが強かった。
失敗することを極端に恐れ、叱られることを必要以上に怖がり
前に一歩進むのにも人の意見を求めるような、そんな私が
その日を境に変わっていきました。

それからさらに月日が経って、今の私は家出当時の私とはまたちょっと違いますが。
え?どんなって??
んな、このまんまですがなww
日頃ここを覗いてくださってる方はよーくご存知でしょう。
オドオドおろおろどころかアータ…ド厚かましいおばはん化しておりますわ。


…いやそうじゃなくて(今日はマジメ路線でいくことにきめたのだ!)


      *********


その二十余年前の今日を思い出して、私はちょっと心に決めたことがあるのです。
もっと自分に自信をもつこと。
ためらいすぎたり臆病すぎたりしないこと。
地味に落ち着かず少々派手に、新しいことに取り組むこと。

この日記も過去のさるさるに比べたら、毒気が抜けてぬるくなりました。
金城さんの記事はいいとして(いいんですか)
もうちょっとガツンとくることを書いてもいいんじゃないかと。
いえ誰に遠慮してるわけでもないんだけど、なんか差し障りのないことばっかり書いてるなあ、と。

いっそのこと、ここは終了して、しばらくしたら別のところで心機一転!とも思ったのですが
これまでのぬるさも私自身だし、たくさん頂いたコメントが消えてしまうのはなんとも勿体無い。

たくさんの貴重な情報をくれるネットは得難くて、決して手放せるものではないけれど
自分が自分で歩きながら感じて手に取るという現実的な刺激を
これからはもう少し大事にしていこうと思っています。

更新頻度はさらに低くなると思いますが
今日という記念日に、そう決めました。



    
   「秋立ちて 今日はわたしの ホームレス記念日」 
                                   (字余り)







スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/544-c161215d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。