--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005
05.18

マニュアル通りにコトは成らない。

Category: 未分類
先月の某日昼間、インターフォンが鳴った。



「近所で工事をするのでご挨拶に来ました?」

「あ、そうですか。それはどうも」

「・・・玄関に出てきてもらえますか??」

「今手が離せないので、結構ですよ。ちゃんとお聞きしましたから」

「あ、でも??」

「失礼致します」

ガチャリ。。。。



それから数分後。

またしてもピンポーン。



「奥さん奥さん!ボク、さっき挨拶に来た者ですけど大変ですよ!

 お宅の屋根のアンテナが大変なことになってます!!」

「はぁ?」

「と、と、とにかく外に出て見てくださいよ!!!!」



ここで仕方なくドアを開ける。

玄関先には20代前半と思しき茶髪の兄ちゃんがふたり。

どちらも作業服のような上下を着ている。



「見てくださいよ!あのアンテナ!!倒れそうですよーー」

「・・・(仕方なく屋根を見る)[:家:]」

「このままじゃ大変なことになりますよーー!」

「・・・(北野武のTV番組かい)」

「根っこから折れちゃいますよ!!」

「・・・折れる?アンテナが?」

「もうフラフラじゃないですかっ!あー、こわい[:汗:]」

「大丈夫よ。どこもフラついてなんかないじゃないの」

「えーー、見えないんですかーーーアレが!!」

「・・・(屋根の上にキリリと立っておるわ)」

「ボク、道具を持ってきてるんでよかったら・・」

「は??アンタが上がるの?うちの屋根に??」

「ついでにやってあげますよーー」



兄ちゃん、もうね、そういうセールスは嫌というほど経験済みなんよ。

一度『ご挨拶』に来て、数分後またやってくる。

近所で工事してるんだけど、アンテナが倒れそうなんで

持ってる道具でちょちょいと直してあげますよー。

あ、ついでに床下なんかものぞいてあげてもいいですよー。

。。。。というパターン。



「うちの屋根にアンタが上れるわけないじゃないの」

「?」

「見てみなさいよ!あの傾斜、カラスだってとまれないのよ。

 猫なんかアンタ、初めっからあきらめてるわよ」

「・・・あー、俺プロなんでーーー」

「・・・・・死ぬよ、アンタ。落ちて」

「・・・」

「アンテナが落ちる前にアンタが落ちるっての!![:雷:]」



ここで兄ちゃんふたり顔を見合わせる。



「奥さん、そんなに怒らないでくださいよお」

「怒ってないワ!こういう顔なの![:怒りマーク:]!

 なんなのアンタ、人んちのアンテナに文句つけるだけじゃなくて

 あたしの顔にまでイチャモンつける気?[:怒りマーク:][:怒りマーク:]」



(※この日アタクシはすっぴんで

 しかも昼寝を中断されたので、すこぶる不機嫌でありました)



ふたりは後ずさりしながら帰って行きました。





その翌日、庭で洗濯物を干しておりますと。。[:晴れ:]

(機嫌よく[:桜:]フフフーンなんてハミングしながら)

近所のおじさんが家から出てまいりました。



「おっはよーございまーす」

「わはははは」

「なに?なんで笑ってんのおじさん」

「昨日変なセールス来ただろ?リフォーム屋かなんか」

「あー来た来た、なんで?」

「あの兄ちゃんたち言ってたぞー、この辺には怖い奥さんが

 住んでるんですねー、って」

「へ?あたしのこと?」

「昨日いじめたんだろ、若い兄ちゃんを。

 まあアイツら悪徳業者だろうからいいんだけどさー」



このおじさん、60代の江戸っ子でべらんめぇでしかも強面。

オッカナイという形容がぴったりのおじさんなんです。

ホントは楽しくて穏やかな焼き鳥屋さん[:ビール:]なんですけどね。



「なんでおじさんに愚痴るのよー!」

「よっぽど母ちゃん(アタクシのこと)が怖かったんだろーよ」

「失礼な兄ちゃんたちだなー!」

「俺みてぇな面構えのやつに愚痴るんだから、相当怖かったんだなー、わはははは」



[:豚:]   [:豚:]   [:豚:]



最近、認知症のお年寄りをだまして大金を詐取した・・という 

悪徳リフォーム業者がニュースに出ていましたけれど

これもそういう類の輩だったんでしょうねー。



しかも、この悪徳詐欺業者に雇われていたという兄ちゃんが

インタヴューに答えているのを見たら



『狙い目は30?50代の主婦。

 まずご挨拶と言って玄関を開けさせ、気の弱そうなおとなしそうな奥さんだったら

 数分後にまた訪問して、アンテナや壁がヤバイ!と言ってびびらせ

 親切を装って入り込み、大きな契約をさせる』



とゆーよーな、いわゆるマニュアルトークについて話しておりました。



そうかそうか、そうだったかやっぱり。

少々意地悪を言っても差し支えなかったんだね、ふむふむ。

まあ家を知られてるんで、あまり過激な撃退は出来ないんだけども

たまーに、こういう輩を許せないモードに入っちゃうんだよね。



ま、確かにアタクシは30?50代の主婦ではあるけどさー。

顔も見ないでマニュアル通りの勧め方をすると

ちっとばかり嫌な思いをするってことを、覚えておくがいーよ>兄ちゃん



※だいたい↓こーんな傾斜の屋根に足場なしに上れるわけないじゃん!



pic_0017.jpg

 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/52-d0056733
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。