--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
08.26

さまあとら「ぶ」る?その??

Category: 旅、なニッキ



明治村に到着しました。
お天気も良いし時間もたっぷりあるのでココロゆくまで遊べるわ?!
と、広々とした駐車場にクルマを停めました。

夫は日差しを防ぐべくサングラス(近視用)を探しております。
あ、そうだそうだトランクに入れたバッグの中に入れてたんだ?・・・ゴソゴソ。
あったあったコレコレ・・・ごそごそ・・・バタン(→トランクを閉めた音ね)


「・・・あ!!!」

どうしたですかパパさん、大きな声を出して。


「トランクの中にクルマのキー、入れちゃった!!!」




な、なんですとーー?!
キーの閉じこみ@トランクですってぇーーー???
ど、ど、どうするのどうするの、どうするのよーーー!!
日ごろから慌てたり焦ったりしない夫もさすがに動揺しております。

しかし今更責めたとて何になろう。
これは鍵のプロに頼むしかないじゃないかオマエさん・・・。
ってことで急いで保険会社に電話をすることに。
あってよかった携帯電話、あったら困るキーのとじこみ。

「あれ?この電話番号、前の保険会社のだ・・・
 今のチュ〇リヒのは入ってない・・・」
夫よ、あなたはどうしていつもそうなのだ。
のんびりほのぼのも結構だが、詰めが甘すぎゃしませんかえ!
「夫が居るとなんだか嬉しい」なんて、あたしも甘いこと言っちまったもんだよ。ちっ。

モノも言わずにワタクシは自分のケータイから今の保険会社に電話をしました。
無言の怒りを夫に向けております。とうぜん眼は三角になっとります。


約30分後神様のお使いのような鍵のプロさんが到着。
おじさまのおせなから後光が差しておられます。

・・・しかし、ドアは開いたもののトランクは開きませぬ。
私もよくわからんのですが、イモビライザーという鍵は特殊な作りになってるそうで
合鍵も作れないし(作る際には煩雑な手続きと数万円が必要なんだってぇ)
車内には入れても車内からトランクを開けることが出来ないんだそーです。
正規の開け方でドアを開けた場合はOKなんだけども。

そこでプロ氏、この場でトランク用の臨時キーを作成するとのこと。
さらに30分ほどかかります?よろしいですか??、と笑顔でおっしゃる。
ええ、ぇぇもちろんですとも、待ちます待ちます!よろしくお願い致しますっ。

(その間にケータイからニッキ更新をしていたワタクシ・・・)

鍵のプロ氏のおせなの後光が愈々神々しくなってきた頃、無事トランクが開きました。
ありがとうございますありがとうございます・・・と3人で米つきバッタのごとく
声を揃えてお礼の言葉を申し上げました。

当初の予定から2時間ほど遅れてようやくの入村です。はぁ。
ごめんねごめんね、と夫は謝るのですが、顔はいまいち緊張感が足りませぬ。
ココロはもう明治の村人になってるもようです。んがー!!


反省してまッス
コレコレ!そんなに嬉しそうに先を行くでない。
もそっと反省した態度をとりたまいよ。

そんなことでは、こういうトコロで裁いてもらっちゃうわよっ!
やっと入村〜ハァ。
そ!法廷ですよ法廷!!


そしてこういうトコロに入ってもらっちゃうわよ!!
ザ・監獄


こーんなふうに・・・
ここで反省しる!
ほらね、こういうトコロで反省してもらいますよっ!


・・・ま、ブログのネタが出来たってことで笑い話になったわけですがw
「このはなしはしっかりブログに書くからね」と言いましたら
コクコクと頷いておりました。ふふふん。


すっかりお腹もすいたし、ちょっと遅いお昼をいただこうとレトロなレストランへ。
レストランというより食堂といったほうがピッタリのところで

レトロなカリー
明治のカレーと牛スジカレーが半分コ。


グラスというよりコップという感じ。


お腹もいっぱいになったところで乗りたかった蒸気機関車に。

キタキタキター!!!


しゅっぽっぽぽーーー!!!


さっそく乗り込みます?。
機関車の内部

なんだか懐かしくなるような機関車の内部。
窓が全開なので涼しい風が入ってきます。

この機関車に乗って村内を巡ります。



         
                          つづきます。



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/465-dbf95e55
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。