--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
04.06

楽しい旅でございました(苦笑)その参

Category: 旅、なニッキ
泣かずに続きを書きます?[:嬉しい:](笑)



さてさて、翌日4月1日は当然ながらセットされていた朝食もパス。

荷物をまとめて京都駅上Gホテルに移動することにしました。

この旅行バッグを持ち歩くのが嫌だから連泊が便利なのにぃ?!

だからわざわざ前もって宅配便で送っておいたのにぃ??!!

・・・と、もう愚痴は言うまい。立つみゆこ跡を濁さず。



フロントでは若い支配人(らしき人)が深々と頭を下げておられました。

「このたびに不行き届きをお詫び致します」と。

いえいえレストランの件は別にして、あなたたちに不手際があったわけじゃないのよ。

あくまでもワタクシ達の勝手でキャンセルするのだから、どうぞお気になさらず。

もちろん既定のキャンセル料もお支払するし、ゆうべのビールもホットミルクもお漬け物も。

受け取れませんという支配人氏を説得(?)して支払完了。



スタッフひとりひとりは感じが良くて雰囲気も悪くないのに

どうしてだろう、何かが足りないこのホテル。

何がというか、すべてが中途半端なのだろうか。

まあ結論として、このホテルを選んだ私が悪かったということなんだろう。

反省するは我にあり、と、支配人氏に丁寧にお礼を言ってチェックアウト終了。



それから私たちは旅行バッグをチェックイン前に預かってもらうべくGホテルへ。

タクシーが地下の車寄せに滑り込んでいきます。

そこにはきりりっと制服を着たベルガールさんが待機していてくれました。

まだチェックインの時刻には相当時間があるというのに、さっと荷物を持ってくれ

私たちの乗ったエスカレータに並行して階段でロビーに。身のこなしも軽々と。



クロークに荷物を預け事前チェックインの手続きを終え、ほっと一息。

母は広々としたロビーを満足げな顔で眺めております。ゲンキンなお人です。

さて、それでは今日は平安神宮にまいりましょう。







曇っていて今にも降り出しそうで肌寒かったです。

桜もまだほとんど咲いていません。

それでも白砂と見事な色使いの社殿は見ているだけで飽きません。

「屋根の一番上の左右についてるの、あれなんて言ったかしら。あんた知ってる?」

「いや知らない。シャチホコじゃないよね?」

・・・聞いた私が悪かったわっ!![:怒り:]

お守りを売っている所にトコトコ歩いていき、巫女さんに教えてもらう母。

「鴟尾(しび)って言うんだった!教えて頂いて思い出せたわ、うんうん鴟尾よ、しび」

好奇心旺盛でなんにでも興味を持つT子さん。

知らないことがあったり忘れてしまったモノがあれば、とにかく尋ねる。

そしてワタクシにエラソーに教えるのです。

「覚えておきなさい」とかなんとか言って。んが?っ[:豚:]!!



平安神宮から円山公園までは散歩コースなのだそうですね。

ぶらぶら歩いてもすぐに知恩院に到着。

足が痛いという母を置いて(!)私だけ階段を上りました。







さらに円山公園まで歩き、ようやく昼食ターイム[:ぴかぴか:]

確か30年以上前にも母と一緒に来た「長楽館」

古い古い建物ですが、今もオーベルジュとして営業されていました。

ようやく食事らしい食事が出来る、と喜ぶ母に胸なでおろす私。

頂いたランチのコースはたいへん美味しゅうございました!

(画像がないのが残念です)



外は雨が降り出した模様。

肌寒い上にかなり強い雨、これはもうホテルに戻るが吉とタクシーを呼んでもらって

ホテルにチェックインすることに。





Gフロアのホテルルームは広々としていてシックで、本当に安らげる空間でした。

「あのね、お金のことを言うのははしたないけれど

 お金というのは正しく使わないとイケナイのよ!」

母の説教が始まりました[:悲しい:]

「贅沢三昧をするなんてとんでもないことだけど、ちゃんとした理由があれば

 少しくらいのお金を出し惜しみするものじゃないんです。

 お安い=悪いとはいわないけれど、生きたお金の使い方をしなさい、云々」



あーはいはい、それはもう耳にタコです。

T子さんの言うのはごもっともですけど、そういう感覚に反発して

遠い昔わたくしはホームレスピアノ弾きになったですよお母様。

ま、いいや。78歳にもなった母に今更何をかいわんや・・・。



夕食まで少し休むわ、という母を置いてワタクシは東寺に行ってみる事にしました。

東寺でのお話はまた明日に続きます。



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/412-b11640c5
トラックバック
コメント
>Mammyさん

そうですか、東寺に想い出が…

きっと忘れ難い素敵な想い出なのでしょうね。

・・・私の書く駄文がそれを汚さなきゃいいけど・・・。





例の「メモメモ」感激しました!さすが、まみだま。

有難うございましたm(_ _)m
みゆこdot 2009.04.07 00:04 | 編集
東寺には…

ちょっと想い出があるのです。

続きを楽しみにしています。
Mammydot 2009.04.06 23:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。