--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
04.06

楽しい旅でございました(苦笑)その弐

Category: 旅、なニッキ
そのレストランはカジュアルだけど清潔できれいなところでした。

お客さんも結構入っていて、家族連れやご夫婦など和やかな良い雰囲気。

スタッフの数も多く、どの人も若くて元気で感じがよい。ふむふむ、これは良い!



コースを頼まずに、好きなものをちょっとずつ…でアラカルトをオーダーすることに。

前菜はこれとこれ、スープはこれでお肉はこれとこれ、お!京のお漬け物なんてのがある。

これは良い箸休めになりそう、これも下さいな。

あとワインじゃなくてビール、お酒が飲めない母はアイスティー。



・・・15分経ちました。あれ?お願いした飲み物どころかお水も出てきませんよ。

周囲を見回すと、どの席にもお水も料理も出ていません。

こんなにボーイさんがたくさんいるのに?

さらに10分ほど経過、ようやく飲み物がきました。

ナマチューです」「・・・??」

ナマチュー??ここってホテルですよね?ホテルのレストランで生チューって(笑)

「ホットミルクです」「・・・??」

ホットミルク?頼んだのはアイスティーですよ?

「いいわよアイスティーじゃなくても。あたたかいミルクも飲みたかったし」

母が納得している様子なので、このまま頂くことに。

しかしボーイ氏、何か言わんか何か。黙ってニコニコと去るでない。

・・・ま、いっか。T子さんは若い男の子に寛大だからなあ(苦笑)



さてそれから待つこと30分。スープとパンがきました。

・・・スープ、下のお皿にこぼれてます、思いっきりこぼれてます[:びっくり:]

テーブルに置こうとしたボーイ氏、その時に初めて気が付いたものか

「お取り換えしますか??」母「・・・・!!」私「かえて下さいな!」

さらに、ポツンと置かれたパンはバゲットだけど恐ろしく硬い。

どう頑張っても手でちぎれやしない。カッチカチ[:悲しい:]



それからさらに10数分、まったくお料理が出てきません。

さっきの作り直し(注ぎ直し?)スープもきません。

ここまでで優に1時間は過ぎています。遅い、遅すぎる!!

そばを通ったスタッフに尋ねてみれば「すいません」と頭を下げるのみ。

他の席でも苦情の声が上がっているようでした・・・。



明日の予定を話し合いながらも、母の顔はだんだんと険しくなっていきます。

「お漬け物盛り合わせです?」と、ようやく登場したその皿を見て

ついにここでワタクシは席を立つことを決意致しました。

お刺身でも頂くような小さなお皿に雑に並べられた「しばづけ」数種。

これを「京のお漬け物」というのは、京都の文化に対する冒とくであるっ!

いや、そんなことはもうどうでもよい。堪忍袋の緒が切れてもーた。

母を促し、席を立ちました。



「帰りますから、お代のチェックを」静かな声でボーイ氏に告げると

彼はたいへん恐縮した様子で「お代は要りませんっ、申し訳ありませんっ」と平身低頭。

さらにエレベータホールまで追って来てさらにスミマセンの嵐。

「・・・何をどう言っていいか、もうわからないほどですよ

 とにかくこんなレストランは初めてです・・・」

ワタクシはそれだけしか言えませんでした。母は無言です・・・・・[:怒り:]



部屋に帰ってから、どこかに食事に行こうと母を誘ってみるも答えはNO!!

もう気疲れしちゃった、どこにも出たくない、最悪だわ、と、泣きそうな顔で言うばかり。

ならば致し方ない、と私はコンビニに行くことに。

幸い(?)近くにあったコンビニで、お弁当数種とサンドイッチなどを購入しました。







・・・・京都の第一日目の夜、ホテルルームでコンビニ弁当を食す母と娘[:悲しい:]

もう情けないやら切ないやら、弁当ものどに詰まるってもんです。

「アナタと出かけるといつも何かしらアルわよねえ」と母のあきれ声。

「何よ、アルって」

「だーーって、車で行けばいっつも道を間違って3回は迷子になるしー

 予約してた店を違うとこに連れてかれたこともあるしー

 美術館行けばお休みだったりー、お勧めの喫茶店がつぶれてたりー

 昔からそうなのよーー、おっちょこちょいだし落ち着きないしーー」

・・・や、落ち着きがないのはこの際関係ないでしょう[:しょんぼり:]



「こんなとこでこんなの食べさせられるしー・・もぐもぐ・・・・

 何が悲しくて、コンビニおべんとー・・・もぐもぐ・・・

 ・・・もぐもぐ・・・でもコレ美味しいわね[:嬉しい:][:ぴかぴか:]」



食事(笑)がすんで、大浴場に行ってみれば驚くほどの狭さで

ここでも「アナタが選ぶのはーーー」と責められましたが

まあなんとかお風呂も終え、部屋であれこれおしゃべりを楽しんだわけですが

ワタクシはとにかく内心激しくイライラしているわけです。

(わかる人はわかるw)

母はねちっこいタイプではないので、言うだけ言ってしまうとさっぱりするのですが

言いきってしまうまで聞き手としては忍の一字であります。

ああ??、みゆちゃんストレス満杯よ???!!





・・・・と、泣きたくなったところで、続きます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/411-d4e777cb
トラックバック
コメント
>納言子しゃん

うりこめが何でもかんでも書き散らすよって、謎のベールがはがされてしまったわい。

・・・や、はなからそんなもんはかぶっとらんわけだが。



泣かんでよかち慰めてもろて嬉しか?。

泣かんと続き書くけん、読んでねぇ。
みゆこdot 2009.04.06 16:29 | 編集
あ、コンビニのナゾは解けました。



みゆこタンが「怒れるオンナ」に変身することは、そーいやうりこタンが暴露していたことも思い出した。



泣かんでよかよか
納言子dot 2009.04.06 13:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。