--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
11.06

いろいろと書き忘れ

Category: 未分類
↓で書いた「レッドクリフ観賞記」に書き忘れたことが多々ありました。



えーっと、まずこの映画知ってる人は知ってますが「part1」です。

タイトルは『レッドクリフ』ですが、赤壁の戦いの前哨戦を描いたのがこの「part1」で

来年4月(!!!)に公開されるpart2が、まさにその赤壁の戦いのシーンであります。

なのでいいところまで来たところで「ハイ続きは来年ね」となるわけです。

映画館で私の前の席に座っていたご夫婦は「えーっ??来年4月ーー??忘れちゃう」と

かなりご立腹のご様子でした。スミマセン。(なぜ謝るw)



N言子さんという方(笑)からも、映画観賞後にお怒りのメールが届きました。

確かにね、あの終わり方はひどいよね。ほんとスミマセン。(だからなぜw)

でもあまりに長編なので一気に上映出来ないんだよねぇ。きっと途中で寝ちゃうお。

しかししかし、それにしても来年の4月は遠すぎる!!

せめて1月頃にはやってくれないと、盛り上がった人たちも冷めちゃうお。

・・・と吠えても仕方ないので、映画終了後part2の前売り券を購入しました。

「特典のキューピーは品切れなんですがよろしいですか?」と可愛いおねいさんが言うので

「はい結構ですよ」と、澄ました顔でお代を支払ってチケットを受け取りましたが

内心ではものすごくがっかりしておりました。ふぇ?ん。

だってキューピーちゃん、孔明さんのだったんだもの。孔ピーだったんだもの。

こーぴーちゃん♪

ね?かわゆいでしょ??・・・でも、もう品切れですって(T T)



ま、これも孔明さんが大人気だからということであきらめよう。

そして買ったチケット、4月まで失くさないようにちゃんと保管しておこうっと。





そして、もいっこ書いておかねば!

今回ワタクシが行った映画館は府中市のTOHOシネマズだったのですが

そこにしっかりと「怪人二十面相・伝 K-20」の大きなポスターがありました。

何しろ12月20日公開ですからね!! レッドクリフpart2よりも早いってもんです。





ちなみにこれを見て「なんじゃこりゃ」とメールしてきた人がおります。

なんじゃこりゃと言われても、怪人二十面相だとしか言いようがないんだけど。

タケシこんなん出るのか、とさらに聞かれても、そうだとしか言いようがない。

こんな仮面をつけていても、すっと伸ばした腕や厚い胸板から

気品にくるまれたセクスィな感じが漂ってくるではないか。なんか文句あるのかw

とはいえ、映画館で見つけたポスターをケータイで撮りたかったんだけど

たくさんの人の前ではどうしても出来なくて、撮れなかったワタクシに

なんじゃこりゃ、と言いつつも撮って送ってくれたザル、ありがとよ。







というわけで、年末にかけて楽しみなことがてんこ盛りであります。

なんだかんだ忙しかったりメンドクサーなことがある今日この頃ですが

元気出していけるってもんです。はいっ!!







スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/371-7c6628d5
トラックバック
コメント
>ざる

うっさい!うっさいよMS-30!

         (モウスグ)
みゆこdot 2008.11.14 19:31 | 編集
売れない!売れないよK-20は!
ザルdot 2008.11.14 17:05 | 編集
「お勉強」として歴史を学んでいた頃は、ちっとも面白いと思わなかったです?。

しかし歴史は繰り返されると気がついてからは、なんか好きになりました(^^;

伝記物もいいですね、それもまたひとつの確かな歴史ですものね。



三国志の時代、日本は女王卑弥呼の時代だったそうです。

そんな時代に、た?くさんの大型の船を揚子江に浮かべてていたとは。

しかし「三顧の礼」や「泣いて馬謖を斬る」などなどの故事成語がこの物語から生まれた、というのを

自分の目で読んで「ホウ…!!」と思うのは楽しいですにゃ。
みゆこdot 2008.11.13 14:28 | 編集
歴史は苦手です。すみません。

日本史は、藤原と藤原と藤原が‥になってしまうし、世界史に至ってはヨハンとジョンとイワンとか、ミハエルとマイケルが同じだったりするから、もう混乱のるつぼです。

ただ1年くらい前に、明治維新に関係のある仕事をして、ちょうどNHKで篤姫が始まったので、この年齢になって少し興味を持ったところです。

これまで伝記物は苦手だったですが、読み始めると面白いもので、吉村昭『赤い人』、島崎藤村『夜明け前』、高田宏『言葉の海へ』と、維新もいろんな視点があるなぁと感じつつ。

でもいまだに、三国志っていつの時代か知らないのです。



今日、原作を借りたのですが、2部作だったんですね。面白かったら後半も借りてみます。
せんdot 2008.11.12 00:46 | 編集
>せんさん

あら、壁は行かないんですかぃ?

せんさん、歴史モノには詳しいイメージがあって

こういう映画、お好きなのかと思ってましたわ?。

ウム、でもお伽話の方がもっとお好きでしょうね。



お褒めブログ紹介してくださってありがと!

なんかこちらまで嬉しくなってしまった・・・くふ。

K-20原作は私も読んでみましたけど、二部作になっていました。

これを映画化するのは難しくないのかな、と思いましたよ?。

みゆこdot 2008.11.10 16:31 | 編集
壁はたぶん行かないと思いますがK-20は観たいです。すみません。

スリルとアクションのハリウッド映画より、お伽話のようなのが好きですから。

だからsweet rainはよかったし、先週観た"おくりびと"にDVDで"ペネロピ"、どちらもよかったです。

コーエン兄弟好きだし。人がいっぱい死ぬけど。



TVで流れてる予告はなんだか楽しそうだけど、そんな目で観れる映画かしら?とりあえず原作でも借りて読んで観ます。

↓なんかでもベタ褒めですね。

http://blog.livedoor.jp/novomomo/archives/51232956.html
せんdot 2008.11.08 01:04 | 編集
>納言子タン

ごめーん遅くなっちまった!

趙雲はフントニかっこいいです、あのちょっと恥ずかしげな表情が特に。

トニーさんがもうやっぱり貫禄よね、でセクスィ!

あの映画唯一のアレなシーンはトニさんの独壇場だわね?。



しかし!!何度もしつこいようだが、わしは孔明さんが一番だっ!!!

うふ♪



みゆこdot 2008.11.07 14:51 | 編集
怒りのニッキ、遅いぢゃないか!

怒ってないのかと思うたよ…。



私の不等式、ゆってもいいデスか?

タケーシー<トニーさん<趙雲の俳優さん…デス。

あまりにも美形なヒトより、少しサル入った方がスキーな私♪
N言子dot 2008.11.06 22:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。