--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
04.18

ショーと映画とタイヤのパンク

Category: 未分類
16日(水)



新宿のショーパブに行ってきました。

住友ビルの高層階にあって夜景もキレイだし、おねいさん達もきれいです。

あ、おねいさんになった元おにいさん達もきれいでした。

娘とその友達が二十歳になった記念に連れて行ったのですが

(…ってハタチの記念にオ●マパブというのもどうかと思うけど[:たらーっ:]

 やはりああいうところはオトナになってから行くものです!ということで。えへ)

まあプロ根性というか、エンタティナー精神というか、感服致しました。



私は友人たちと何年か前にも行ったのですが、その時よりも美しい人がふえていて

異色の経歴を持つ元男性と、肌のお手入れなどについて語り合ってしまいました。

ハタチの大学生ふたりはもう大興奮で、きゃーきゃー[:ぴかぴか:]言いっぱなし。

オ●マキャラ大好きな彼女たちは、ものすごく楽しい経験が出来たみたいです。



17日(木)



「死神の精度」第4回目、行ってきました!

今度の同行者は、みさpちゃんです。

(このブログを読んでいる方のなかで、ワタクシと映画をご一緒する人のことを

 『みーちゃんの犠牲者』と言う人がいるらしい。けしからん[:猫2:])



みさpは

「素晴らしい映画だったわ!感動したわ!武さん素敵だわ!泣けたわ!

 感激して胸がふるえたわ!涙がこぼれちゃったわ!もう一度ぜひ観たいわ!!」



・・・と、ココロの中で思っていたに違いありません[:わーい:]

特に大絶賛はしませんでしたが、彼女の心の声が聴こえてきたのです。ほほほ。



ちなみにワタクシは今回も静かに感動しつつ、やっぱり涙が出ました。

冒頭の葬儀のシーンでも泣けちゃったし。

「どうしてあんなに泣くんだ?」

「きっと、もっと一緒に居たかったんだよ・・・おじさん何にも知らないんだね・・・」



決して派手な映画じゃなかったし、興行成績も大したことなかったかもしれないけど

でも何度も観るたびに、新しい感動を得られるいい作品だったと思います。

静かな、素敵な映画でした。





そして本日、18日(金)



娘をバイト先に送りがてら買い物をしようと、家からちょっと離れたスーパーに行きました。

お、駐車場も空いているラッキー♪・・・と、クルマを止めたところ

隣の駐車スペースにいたオジサマが何やら手振り身振りをしてらっしゃる。

クルマから降りると「パンクしてますよ?」と後輪タイヤを指しておっしゃいます。

ありゃ???!!ほんとだ??!左後ろのタイヤがぺったんこになってます。

家からここまで10分ちょっと走ってきたのに全然気がつかなんだ[:びっくり:]

オジサマに丁寧にお礼を言ってお辞儀をしたものの、さてどうしようか、困った。



若い頃だったら、ジャッキで車を上げてぐいぐいっとナットを外してタイヤ交換なんのその!

だったワタクシだけど、雨だし・・・まだ不慣れな車なので要領がわからん。

どうしようかなと10秒ほど悩んだのち、ケータイで自動車保険のロードサービスに連絡。

担当の方がテキパキと手続きをしてくれて、最寄の修理工場の方を派遣してくれることに。

待つこと20分、つなぎを着た爽やか系修理担当の方が登場しました[:わーい:]

車の中でお待ち下さい♪とニッコリ爽やかに仰いまして、あっという間にタイヤをはずし

スペアタイヤをトランクから出して、あっという間に取り付けて下さいました。

「ロードサービスを付けてある保険ですので、料金は結構ですっ♪」と

恐縮して何度も何度も頭を下げるワタクシに、爽やかな笑顔を残して去っていかれました。

今日の東京は大雨で、作業もしにくかったでしょうになんという素敵な方でしょう。



プロって本当に素晴らしい。いやな顔ひとつせず手際よく、そして手早い。

ワタクシは感動致しました![:ポッ:]



それにしても、いつパンクしたんでしょ。

運転してても気が付かなかったにゃあ、傷も無かったということだし。

でも何事もなくて良かった。

走ってる最中にもしバーストしたり外れたりしたら、大変でした。

教えてくださったオジサマ、有難う。

さわやか修理のおにいさん、有難う。



いい人たちばっかりで、ほんと良かった[:わーい:][:よつばのクローバー:]





スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/326-ec035e50
トラックバック
コメント
せんさん



おお、観にいってくださったのですね!

ありがとうございます、と私が言うのは変ですね(笑)

でも、こんなに詳細に感想を語って下さるのなら、ご一緒して犠牲者になってもらえばよかったかしら??



>CDの裏面に小さく写っていたピアニスト、

あれを千葉さんがちらっと見ていたような気がしたけど、なんか意味あるのでしょうか?



あれは、コニたんにクレームばっかりつけてたプロデューサーの大町さんです?。

ああ、やはりミュージックはプロデューサーの手でこんなふうな形になるんだなあ、と思っていたんでしょうねえ千葉さん。



そうそう、最後のシーンは青空を見たことがない千葉さんにとっては初めての青空。

それにしてはもうちょっと青くてもよかったかもしれませんね・・・

ま、雨上がりということで。ああいう空になったのでしょうけど。



>好きな高田宏さん(加賀市出身)は『日本海はやっぱり夕焼けだ』

というわけで、夕焼けで〆めたらもっとよかったかな?



あの場所は新潟の柏崎だそうで、まさに日本海なんですよね。

日本海は日の沈む海・・・夕焼けの時間まで、ずっとふたりでたたずんでいたら素敵だったでしょう…。
みゆこdot 2008.04.27 21:59 | 編集
ご一緒したのでないから、犠牲者ではありません(笑)

昨日の最終回にようやく間に合いました。

楽日(新宿では)のせいか、平日の割にそこそこの入りでした。



最初はなんだかぎこちなくも感じましたが、

「死は普通のこと」と、淡々と進行するうちに面白さが伝わってきました。



どのシーンでしたっけ、にやっと笑う武さんはかわいいですね。

アクションより、ぬぼーとしながら微妙な表情で決められる俳優にもっとなって欲しいな。



雰囲気がよかったですね。

最後の富司さんの「ざまーみろ」は、ぐっときました。

泣きゃしなかったけど、そのちょっと前から潤んでました。

こにたんは「地味だけど見やすい」のか(笑)、

主役が似合わない名優だと改めて感じました(笑)

くすっと笑えるシーンもいくつもありました。

犬を濡らすのだけはカワイソウだったな…



ちょっと気になったのは、CDの裏面に小さく写っていたピアニスト、

あれを千葉さんがちらっと見ていたような気がしたけど、なんか意味あるのでしょうか?

それともあっしの勘違い?

ネタバレまずければ削除してください。



最後の空がもっと青かったらよかった。

LOVERSのときもそうだったけど、お天気には恵まれない人なの?

雨は、とっても似合う。雨がいっそう好きになりました。

ばしゃばしゃした雨の時、この映画を思い出すでしょう。



勝手を言わせてもらえば、

好きな高田宏さん(加賀市出身)は『日本海はやっぱり夕焼けだ』

というわけで、夕焼けで〆めたらもっとよかったかな?



長くなってしまいましたが、ご推薦御礼♪
せんdot 2008.04.26 07:37 | 編集
ムーコさん





ええ、ホントに爽やか系ですた。

でも欲を言えば、眉がもそっと極太で仔犬目でおみあし長く

上品な髭をたくわえ、ちょいと内股で猫背気味な男前だったら最高だったのですが。

(コラコラ!!罰当たりめが!!)



男前といえば昨夜久々にたけり?むを見ますた。

やはり映画鑑賞後の感動のなさる業でしょうか。

武と私が一緒にトレーニングをしているのですが、

彼は長い長い足をバーにかけて柔軟体操をしているのです。

「靭帯を鍛えておかなきゃ♪」などと言いつつ。

「そうねえ、LOVERSで切っちゃったしねえ」と返すと

「LOVERSって言うなYO!ちゃんと原題で言ってくれなきゃ!」

「・・・十面埋伏・・・」

「そんな発音じゃダメダメ。ちゃんと練習しろよ?」



・・・ああムーコさん、これは神のお告げならぬ彼のお告げですわ。

中国語をちゃんと学ばねば!四声からまた始めようかしら。



などとレス返しにしては要らぬことまで書きました。ごめんにゃ。



みゆこdot 2008.04.19 23:32 | 編集
激しい雨の中のパンクでは

かよわい女性ではどうすることもできませんよね。

何事もなく済んでよかったです。



修理担当の方爽やか系でいらっしゃいましたか。

そういう方がくるイメージありますよね。

私も先日バッテリーあがりで

初めてロードサービス体験をしました。

山口達也君風の方がいらっしゃるかなと想定して

自宅にて化粧もして待っていたのです。

ちょっと、いやかなりかな…

いぶし銀の魅力を放つおじ様が登場しました。

いえ手際がよくて助かりました。ロードサービス万歳!

ムーコdot 2008.04.19 08:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。