FC2ブログ
2008
03.27

今日も書くわっ!

Category: 未分類
「毎日見に行ってるのに、ちっとも更新してないじゃん!

 昼寝ばっかりしてないでちゃんと書きなさいよっ!!」

・・・多少脚色しましたが、旧い友達から上記のような趣旨のメールが来たので

今日もちゃんと書くことにします。エッヘン。



死神・千葉ちゃん

昨日のニッキでもちょっと触れましたが、一昨日「死神の精度」を観てきました。

金城武6年ぶりの日本映画!ですが、前回「リターナー」のような

派手なアクションも銃撃戦もないし凄いCGもありません。

(薔薇が枯れるシーンはありましたが、チョトお粗末でした・・・)



................(※以下軽くネタバレあり)..........................







静かに始まった教会での葬儀のシーン。

黒のタキシードが、長身でスタイル抜群な武ちゃんに似合ってます。

ああ髪もほどよく長くて、私の苦手な髭面でもない・・・と思ったら

アレレ?なんですか武さん、ちょっとお顔がむくんでません?

車の新聞広告で見た「むくみ気味武ちゃん」を彷彿とさせるような。

34歳という年齢はやっぱりフェイスラインをちょいと崩すのかしら?

しかも小さな女の子に「おじさん・・・」なんて呼ばれてるし。

などと、40代も後半崖っぷちアチコチたるみまくりなワタクシは厚顔にも思いました。



しかし80年代のターゲット(小西真奈美さん)と接触すべく、短髪になって登場した時には

スッキリしたお顔になっていたのでちょっと安心。



この作品のテーマは「特別じゃないけど大切なもの」。

当たり前に過ごしている日常の中に潜んでいる「死」と、当たり前に明日に続く「生」。

誰もが普通に暮らしていれば感じない「明日が来る」という幸せ。

死神・千葉は問いかけます。

「君は死ぬことについて、どう思う?」



もちろん私たちが生きているこの世界で、死ぬことや生きることを誰かに判定されるなんて

そんなことはあり得ないのだけれど、なんとなくこの映画の中では納得出来てしまう。

今日が無事に過ごせて明日が来るということは、もしかしたら誰かの大いなる意思では

ないのかしら?なんて、そんな気持ちになってしまいました。

生き続けている途上で、あれこれ不満を言ったり落ち込んだり劣等感にさいなまれたり

そんなことはもしかしたら、とても不遜なことじゃないのか?なんて

そんなふうにも思えてしまったのでした。おお、なんと素直なみゆこちゃん。



この映画は3つのお話に分かれていて、それが最後で纏まっているのですが

最後のシーンで死神の千葉さんは初めて青空を見ることが出来ます。

人の一生がこんなふうに納得して終われるのならいいな、と思いました。

富士純子さんの貫禄と、ベテランらしい演技がそう思わせてくれたのかな?



ちょっとまぶしそうな顔で、晴れた空と海を見つめている武ちゃんは

最初のムックミン武のイメージを祓って、穏やかで素敵でした。



.....................................................



今回は娘と一緒に観にいったのですが、彼女の感想は「ふむ」という短いものでした。

途中何度か声を立てて笑っていたので、それなりに楽しんだのでしょう。

帰りにパンプスを買わされましたが、これは本日27日が二十歳の誕生日であるので

前倒しバースディプレゼントであって、決して「付き合ってくれたお礼」ではありませぬ。

そこんとこの念押しをしておこう。





・・・なんか今夜はパソの調子が悪いです。

まだちょこっと書きたいこともあるのですが、それはまた明日にでも。

明日???おお、明日も書く気満々じゃありませんか!!





スポンサーサイト




トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/316-8bcd1883
トラックバック
コメント
ムーコさん



今夜の千葉さんはいかがでしたか???

お友達の感想はっ???(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)



私も来週武迷じゃない友達とご一緒することになってるんですが

今からなんとなくドキドキしておりますぅ。

ムックミン部分の言い訳はせねば!と思ってますっ。

(ここんとこ仕事が立て込んでて?、二日酔いだったのYO!

ホラ武ってば久々の日本映画だから緊張しちゃって?、などなど・・・)



香港映画的冷汗説明は無問題ってのは救いですけど(・∀・)

みゆこdot 2008.03.29 22:32 | 編集
連日の更新に、※乗り遅れちゃった!

脅したわけではありませんが

今日の夜友人と千葉さん見てきまっす。

いつも、誰かと武の映画を見ると

香港映画というのは云々…と説明過多になってしまいます。

今日は心静かに、

特別じゃないけれど大切なものを見つめるべく

鑑賞してきたいと思います。

(いつもはこんなにムックミンじゃないYO!は言うかも…)
ムーコdot 2008.03.29 16:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top