FC2ブログ
2007
10.21

イモ武のお引越し

Category: 未分類
先日いつものようにムーコさんの「日月譚」に行ったら、素敵な記事がありました。



なんとなんと、イモ子さんの忘れ形見「幸」ちゃんにお子が出来たというのです。

啓吾・・・じゃなくてイモ武を置いて逝ってしまった真生ならぬイモ子。

けれどもイモ子はちゃんと愛しい子供「幸」を残していってくれました・・・

というのがこれまでのストーリー。

(神様もう少しだけのストーリーとかぶっているように感じられるかもしれませんが

 それは気のせいです。うそです。大パクリです。ごめんなさい)



その幸ちゃんを育ててこられたムーコさん(イモ子イモ武の婚儀によりワタクシとは

親戚筋になりました)ですが

このたび水栽培から土に移植したと聞いて「おお!」と膝を叩いたワタクシ。



我が家のイモ武はキッチンの狭い出窓に置かれたまま、盆栽大好き夫にお水をもらい

すくすくとちょいと野放図に茎と葉を伸ばしていたのです。

隣にある花瓶の花にちょっかいを出すこともあり、そのたびワタクシは遠く異国の地で

撮影をしている本物の武氏に思いを馳せていたものです。

(お願いですから見目麗しいニョショウに手をお出しになりませんやう、と)



そんなワタクシにとってムーコさんの「土に植える」という記事は

まさに天啓でありました。

そこでさっそく本日お天気もよく夫もヒマだという佳き日に

イモ武を土に植えたのでありました。



じゃじゃ??ん!!!

071021_122938.jpg



ムーコさんのお教え「なるべく大きめの容器に植えるよろし」を守るべく

大き目のプランターを探したのですが

ここんとこ伸びに伸び増えに増えたアロエさん達に使用されてしまい

適当なのがありません。

それでも一番大きな鉢にイモ武をそうっと優しく植えてあげました。



おお、日の光を浴びてますます美しい超絶男前なイモ武!!



071021_122909.jpg



ムーコさんありがとう!

これで彼はますます活躍の場を四方に広げ、その魅力をあたり一面にふりまいてくれることでしょう。



ワタクシはそんな彼を目を細めて見守ることに致します。

・・・手はお膝ですww



スポンサーサイト




トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/286-bf445466
トラックバック
コメント
ツ、ツルボケ・・・ですか!!

なんというネーミングでありましょうか、でも言い得て妙って感じですねぇ。

ありがとうございます、丸々と太ったお子を作ってもらうためにも、あまりフサフサボーボーにならないように気をつけます。



・・・あれ?でもイモ武にお子が出来るということは??

ん?イモ武は、その名の通り「ニッポン男児=武士」なはずなのに、お子が出来るってことは・・・?

ま、その点についてはキニシナイことにします(・∀・)♪
みゆこdot 2007.10.23 16:37 | 編集
おお、新しい活躍の場を与えられ

ますますフサフサボーボーになること間違いなしですね。

しかし、今日新しい事実が判明しました。

チビの保育所の先生に聞いたのですが

イモ葉が旺盛に伸びすぎると

子が小さくまとまってしまうそうなのです。この状態を『ツルボケ』と言うらしく・・。

とある現実にはフサボーであることを望む私ですが

イモ武殿はほどほどに、上品なたたずまいで

お手手お膝で待っている美しい女性に

手をつけぬくらいのフサフサっぷりでいてくださいね。
ムーコdot 2007.10.23 00:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top