--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
02.01

1回で3度美味しい

Category: 未分類
お隣のスーパー主婦Eっちゃんと、そのお嬢さんMゆみちゃんと3人で

年に2回の高齢の恒例の旅に行って来ました。



今回は沖縄に行くつもりだったんだけど、なんだかちょいと盛り上がらず

「やはり寒い時には寒いところに行こうじゃありません?」ということに。

特にEっちゃんは紀州の生まれなので、雪降る土地にすご?く憧れているらしいのです。

そういえば何年か前、氷見に寒ブリを食べに行った時、車窓から見える雪に

心を奪われ、ずっと窓の外を見つめていたものでした[:ゆき:]



で、今回も「雪見」を楽しみに出かけたわけです。





・・・・・が・・・・・・ないです。

雪がどこにもないとです・・・・。



乗り換えの越後湯沢にはほんの少し積もっていましたが

あとはもう澄み渡り雲ひとつない青空と陽光[:おてんき:][:おてんき:]

まるで春です。



高岡に着いても同じことで、どっこにも雪なんかありゃーしません。

でもまあ散歩するにはいいわ!と気を取り直して「高岡大仏」へ。

日本三大大仏だそうで、なかなかのお顔をしておられます。



いろいろとお願いをした後、商店街をぶらつきながらホテルに戻り・・

そうそう!今回の旅はビジネスホテルのシングルルームを3つ取って

それぞれ一部屋ひとりずつで休むことにしてありました。

正直なところ、ビジネスホテルだしな?[:ホテル:]と期待してなかったのですが

なかなかどーして、新しくて施設も充実してて、フロントのおねーさんも親切で

すごく満足できるところでした!



二日目は氷見に行くつもりで、早めにホテルを出発です。

(といっても朝寝坊はしっかりするわけですが[:イヒヒ:])

なにしろホテルは駅のすぐそばなので便利であります。



で、本日の天気はみぞれでありました。

「おお、やはり北陸の空はこうじゃないと!」と、勝手なことを言う私たち。

今年の暖冬は北陸の人にとっては嬉しいことに違いありません。

雪深い街を見たいなんてのは旅行者のワガママでありますね。

(富山出身のこう○じごめんよ)



氷見線に乗って雨晴に向かいます。

前回の旅のときに、車窓から見える鉛色の海と吹きすさぶ風の様子が忘れられず

どうしても一度降りてみたかったんです。



・・・・・で、降りました。目の前が海です。

・・・・・が、鉛色の海ではありません。

時折みぞれや雪や雨まじりの風は吹きますが、何しろ風が強いので

急に晴れてきたりするので、写真を撮るとこうなります。



20070201_334666.jpg



なんだかとっても穏やかな海じゃありませんか。

荒れて牙むく日本海?、というわけにはいきませんでした。



そこから歩いて歩いて、タクシーに乗って氷見にたどり着きました。

でもね、楽しみにしてた寒ブリがなかったの・・・。

前回行ったフィッシャーマンズワーフにはたくさんあったのに。

(※タクシーの方が、魚市場が休みだから?とおっしゃってたんだけど

 そういうのってどこにも書いてないしネットでもわからんかったよ?[:泣き顔:])



行った時刻が中途半端だったんで、おすし屋さんも料理屋さんもお昼の営業を終えるという

なんともはやさすが行き当たりバッタリの私らだわ・・と反省しつつ

タクシーに乗って回転寿司屋さんへ。

でもさすが氷見!びっくりするほど美味しい!![:魚:]まさにキトキト(新鮮)!

おなかが裂けるほど食べてしまいました?、はふー。



お留守番してくれてた旦那様たちに買って帰るはずだった寒ブリはなかったけど

(ほんとにごめんよ・・・[:汗:])

美味しいものは自分達だけでたくさん頂くことができました。



そして高岡の夜を彩ってくれたのは、とあるスナック。

[:バー:]『遊酒 /YUSA』[:ワイングラス:]

前もってネットで調べてあったのですが、伺って大正解?[:ぴかぴか:]

楽しいマスター(名前がタケシさんってのがまた素敵w)と、本格的な音響。

いや?、飲んだ飲んだ。ほんとに楽しかったです。





そして最終日。

高岡は雪でした。[:ゆき:][:ゆき:]

乗り込んだ在来線から見える風景は、まさに冬。

一昨日とはうってかわって、どこもかしこも雪。

Eっちゃんはしみじみと窓にへばりついておりました。



たった3日間の旅だったのに、晴天・曇天・吹雪とみっつの天候を味わえて

まさに1回の旅で3度美味しい旅になりました。



そして3日間だけ家事から解放された3主婦は、またいつもの生活に戻っていったのでした。

Mゆみちゃんはこんな短い間だったというのにダンナさまが恋しくなったらしいし[:おはな:]

いろんな意味でたまには家を離れるというのは新鮮でいいな?、と思ったことでした。



そしてまた家事に仕事にがんばろ?と思うワタクシなのでした[:ラッキー:]
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/243-4da5a183
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。