--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
08.07

母の説教

Category: 未分類
娘が先週運転免許を取得しました。



自動車学校の卒業記念に頂いた若葉マークと、真新しい免許証を手に

嬉しさ全開の娘であります。

よかったね、おめでとー、と言いつつも・・・

母はここで一発きっちり言っておくことがあります。

娘よ、ここに座りなさい。



これでアナタは自動車というものを運転できるようになったわけです。

生まれてから今までずっと、父や母の運転席の後ろや隣に座っていたわけだが

これからは運転席に座ることが出来るのです。

それは素晴らしいことです、自分の世界がこれまでより広がるんだから。

便利です快適です、車大好きなアナタにとっては嬉しいことに違いないでしょう。

しかし、しかしです。

アナタは同時に凶器を持つことになったわけです。



これこれ怪訝な顔をするでない。

凶器とは何も刃物や銃だけではないのですよ。

巨大な鉄の塊、これを凶器と言わずしてなんと言うのだ?

この巨大な鉄は、人を行楽地に運びもするし病院に運びもする。

人を幸せにもするし楽にも出来る。

しかし、それと同時に同乗者や歩行者や周囲の車を危険に巻き込むこともあるのです。



道路を走って渡る子供や、前後を確認せずに出てくるお年寄りや

傘を持って自転車に乗る中年のおばちゃんや、ケータイで話しながら片手運転する若者や

そんな危険なことをする人たちも少なからず居るのです。



いーえ、そんな人ばかりでなくちゃんと横断歩道を歩く歩行者さんに対して

停まろう、とブレーキを踏んだつもりがアクセルだったら

それでアナタは凶器を使った人間になるわけです。一瞬のうちに。



だからしっかり心にとどめなさい。

アンタが乗ろうとしている車は凶器だと。

一瞬で人の生命や平和を奪ってしまう恐ろしいモノなのだと。





・・・・娘の顔色が変わりました。怖がっているようです。

いつものお気楽な態度が改まって真剣に聞いているようです。

当然です、珍しく母が真面目に話しているのですから。



でも娘よ、「恐ろしい」という感覚を持つことは大事なことです。

それは謙虚さを持つことと似ているからです。

なんでもかんでも「出来る」と思い込んで、怖さを知らない人間は危険です。

それは傲慢さを持つということと似ています。

何かを恐れて躊躇して、それでもそれを選び取って行動するからこそ

自然と自分自身にもブレーキがかかるのです。



「わかった・・今の気持ちをずっと忘れないで運転する」

娘が言いました。母は大きくうなづきます。

「初心忘れるべからず、とはこういうことを言うのです」







私はどっちかと言うと能天気な人間です。

昔はそうでもなかったけれど、今は完全なお気楽人間です。

周りにも甘いし、自分には大甘です。

お砂糖たっぷりのパンケーキにシロップと粉砂糖をかけて

さらに生クリームでデコレートしているような人間です。



しかし言う時には言わねばなりません。

いつもと違う「母の態度」というものをしっかりと見せねばなりません。



そして、もっと言うならこれは運転暦30年近い自分に対する説教でもあります。

改めて自分に言ってきかせる説教であります。



「初心、忘れるべからず」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/190-923793c8
トラックバック
コメント
やはりshu1っちゃんもそう思うでしょ?w

で、この言い方は関西弁だと思われます。

ただし、お品のよろしくない言い回しで。ほーっほ。
みゆこdot 2006.08.12 10:41 | 編集
とうぜん行ったれでしょう、でこれはどこの言い方なんですか。
shu1dot 2006.08.12 08:10 | 編集
いや最近の教習所は中の人に優しい運転技術も教えるそうですよ。

私が通った頃とは隔世の感であります。

もっとも私は下手な運転をする人の車に載ると、いや乗るとw

3分で酔う、という特技を持っているので、ブレーキのかけ方には特にうるさいです。

で、最近の教官はそこまで丁寧に教えてくれるそうで。



『空気嫁』は、どんな場合にも有効だし心得るべきことですね、はい。
みゆこdot 2006.08.08 16:43 | 編集
若かりし頃、運転の上手な先輩に教わったのは「タクシーの運転を見るといい。急ブレーキ・急ハンドルのときも客への負担を最低にするよう動かしている。」ということでした。

外にやさしい運転も大事ですが、中にやさしい運転は教習所では教わらない技術です。

同乗者を眠りにつかせるゆるい運転が信条ですが、時折豹変するからまだまだ未熟。

サンダーバードのパーカーのようなとぼけた運転が理想ですね。若い娘さんにはそこまでは求めません。



「行ったれ」も「止まったれ」も『空気嫁』がベストかと。
せんdot 2006.08.08 14:02 | 編集
ウン、わたくしも教習所の教えはナスビの花だと思います、えぇ。

わたくしが教習所を卒業時した時「今の運転レベルが最高である」と教官に言われました。

その通りだと思います、段々横着に乱暴にみだらになっていくのですねー。



ガメからの伝言、確かに伝えておきます。



「行ったれ」でよし、だよね!聞いたかザル。
みゆこdot 2006.08.08 07:13 | 編集
おじょーさんに「教習所の教官の言うことはタルく聞こえたかもしれないが、千に一つも無駄がない。」とお伝えくだされ。私は免許とってまだ6年のペーペーですが、遅く取ったからこそわかることはたくさんあるわけでして。えぇえぇ。

結局教習所で習ったとおりにやるのが一番安全で一番速いのであります。





でもまあ「行ったれ」でよし。
gamedot 2006.08.08 01:11 | 編集
一年に一度あるかないかの真面目なニッキを

たった一言で台無しにしてくれるなよ・・orz



けど黄色は「行ったれ」だろ?違うのか、あ?
みゆこdot 2006.08.07 20:39 | 編集
ただし、黄色は「行ったれ」
zrdot 2006.08.07 12:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。