--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
02.23

台湾旅行その壱

Category: 旅、なニッキ
2月19日(日曜日)
さて!行くぞ台湾、と意気も高く我ら三人家族は
成田を飛び立ったのであります。


20060219_131779.jpg



4時間弱のフライトなので、当然ながらお席はYクラスです。

そのおかげで(?)乗り込んですぐにスッチー客室乗務員さんの態度に

ムカついて不愉快になって、軽くお説教をしてしまいました。。。

さて私たちの席はモニター前の、つまりはYクラスの最前列でした。
ということは、足が伸ばせるんですねー。
(大して長くもない足ですが・・)
飛び立って水平飛行になったと思ったら、もうごはん。
20060222_133828.jpg

えー、メニューは
『ビーフストロガノフ@バターライス、ミニサラダ、冷たいお蕎麦』
です。お味?・・・・ご想像にお任せします。

ビールを飲んだりウトウトしているうちに、もう到着です。
少々遅れたそうですが、それでも4時間かからずにもう台湾です。
沖縄に行くのとそう変わらないのに、もう台湾!
1時間の時差があるので15時ではなくて、まだ14時です、なんかお得な感じ。

中正国際空港は雨でした。
もっと暖かいかと思っていたけど、けっこう肌寒い。しかも雨・・。
私も娘も雨女なので仕方ないか・・・。

入国手続きならぬ入境手続きをするため列に並びます。
その間も私は空港のなかをキョロキョロ
だってここはもう台湾!武ちゃんの生まれ育ったところ。
そして彼が何度も何度も使った空港。(もちろんGateは違うでしょうけどね

荷物を受け取って空港ロビーを歩いていると、JTBの旗を持った可愛い女性に
「○○様でスィか?」と聞かれます。
あ、なんとかくこの「さ行」の発音が、武ちゃんと似てる。うふ。

私たちをホテルまで送り届けてくれるバスは、ものすごく大きなJTBのサロンカー。
そんな巨大なバスに乗り込んだのは、私たちを含めて4組だけ。
上品な母娘二人連れ(ウチらとは一寸違うw)
ご年輩のご夫婦が二組、そして私たち。

徐さんという可愛いガイドさんは、まだ新人さんてらしく
ほとんど喋らずにニコニコしています。
「雨がぁ~降っているんデスが~、これはずっと降り続けるでス」と、ニコニコ。
・・あーあ、やっぱり雨か。折りたたみ傘3本持ってきて良かったにゃ。

まず向かうのは両替をするお店です。
ま、正式名称は「土産物を買ってもらうことを目的とした両替の店」ですね(笑)
夫と私合わせて10万円、娘はたったの1万円。
2泊3日の旅なので、これでじゅうぶんかな。
(娘はどうせパパに払わせる気だし。あ、Me tooね)

次にウェスティンホテルに寄って、上品母娘さんが降りられました。
次は私たちお笑い母娘&父の番です。

酒屋ではありまっせん。
『晶華酒店 Grand Formosa Regent』
何故このホテルを選んだか、と言いますと・・
(娘の要望などいろいろあったのはあったんだけど)
なんといっても、武ちゃんが「如果・愛」の記者会見を行った場所だからですっ

20060222_133842.jpg

お部屋の中はこうなっております。
お風呂は大理石で、シャワーブースが独立してて、トイレも別室になっとります。
なかなか豪華で素敵な部屋ですわ、ウエルカムフルーツもあるし。

さて、と一休みしたら行こうじゃありませんか街へ!
・・あ、今回は(じゃなくて今回も)まったくのフリータイムです。
黙っていても誰もどこにも連れてってくれません。
全部自分達で動かないと、どこにも行けないわけです、とーぜんですけど。

というわけで、ホテルを出て地図を見ながら地下鉄(MRT)の駅を探します。
あったあった!「MRT中山駅」
慣れない発券機に手こずりながら、どうやら3人分の乗車券を購入。
ひとり20元(日本円で80円弱)だって!やすーい。

で、降りるのは「剣譚駅」
ここには名高い士林夜市があるのです。
ここで美味しいものをいっぱい食べようね、というわけです。

おなかはもうペコペコです。
そんな時に見つけたのは小籠包を売っている屋台。
蒸篭の前に要るのは優しそうなおじさんです。
「ください」「(蒸篭を)ひとつ?」「はい、蒸篭をひとつ」
(注:私たちは誰も北京語&台湾語を話せないので、身振り手振り語です)

三人もいてひとつしか注文しないのかよ?、とは決して言いません(笑)
ニコニコしてすごく感じのいいおじさんです。
ちょっと鳥羽の大阪屋さんの大将に似てました。


20060222_133843.jpg

いやー、美味しい!!すっごくすっごく美味しい。
あつあつで、はふはふで、肉汁がいっぱいです。
もっともっと食べたいけれど、夜はこれからです!
一軒目の屋台で満腹してしまっては、先がありません、ここはぐっと我慢。

おじさんに「謝謝ー!」と御礼を言って、先を目指します。
と言っても、ここは迷路のような夜市。まあホントにお祭りみたいな賑わいです。
迷子にならないように注意しなくちゃ。

・・・と、その時なんだかものすごい匂いがしてきますた。
なに?これナニ?へ?な、な、な、なに?
段々と匂いが濃くなってきます。それにつれて言葉も段々と・・・

「ちょっと匂うね」「え?っ?これもしかして臭豆腐?」「う゛~」
「臭くね?」「くっさ?い」「あsdfghjkl;:」


ええ、そうです。
これが台湾名物の臭豆腐の匂いを初めて嗅いだ、我ら三人の正直な声です。

もうね、なんと形容したらいいか、ちょっとワカリマセン
食べてみようか、などという気などまったく起きません。
武ちゃんはコレがお好みだとか・・・はあぁ~。

ま、臭豆腐はコッチにおいといて、先にいきます。
もうちょっと何か食べようと、私たちは屋台のお店に入りました。
奥に小さなキッチン、店先には5つほどのテーブルと椅子。
壁には料理の写真があるので、初心者歓迎な店ですね。うふ。

「冬粉?冬の粉ってなんだろ?」とビストロスマップで言ってた武ちゃん。
あのね、冬粉ははるさめのことですよ?武ちゃん。
というわけで注文してみました、涼バン冬粉、それと海鮮炒飯。

20060222_133844.jpg

あのね、ワタシのことをよく知ってる人は解かってもらえると思うんだけど
(よく知らなくても一緒にご飯を食べたことがある人でも)
ワタシって、すごく好き嫌いが多いのね・・・。
いい年して「これ嫌い」なんて、本当に本当に恥ずかしいこと。
そして好き嫌いがあるということは、育ち方にも問題があるってこと。
ちゃんと躾けられた人は、好き嫌いなんてしません、ええ。
ワタシはまったくなっとらん人間なので、嫌いなものが結構あるんです。
ex.アンキモ、ミョウガ、フォアグラ、雲丹、サザエの下のほう、魚の血合い
かに味噌、三つ葉、セロリ、春菊、、、、etc

ま、なんというか、香草関係は全滅なんであります。
かつて名古屋のタワーズの上で、無国籍料理を食べた時に
「こういうのに慣れてないと台湾に行けないのよっ!」などと力説したワタシですが
そして、こうじとかザルとかかおりちに華麗にスルーされたワタクシですが
その後ちっとも進化せずに現在に至っとるわけです。

あのさー、三つ葉とか春菊が食べられないヤツが、パクチーのたっぷり乗った
そして五香粉のやまほどかかった麺や飯が食べられるとお思いになって?


・・・・・・・・・・・
・・・・・・・食べられない(´・ω・`)

割と香草類に強い娘も、出されたものはなんでも食べる夫(笑)もこれには参ったようで
なかなか箸が進みません。それでもなんとか半分ほどは頂いて
残してゴメンナサイSorry対不起~と頭を下げつつ出てきました。

それから小一時間ほど夜市を歩き回った私たちは、また電車に乗って
ホテルに帰っていったのでありました。

そそ、トマト飴も食べたみたんですけど・・・・・・


こうして武ちゃんも勧めてることですし。
はっきり書きます!ワタシ、好きくないです、これ。
好きな人ごめんなさい、トマト飴の屋台のオジサンごめんなさい。

でも新鮮なトマトをなにゆえに熱い飴でくるむのか。
これじゃ「外はカリッと中はブニュっと」じゃないですか
すいません、文句だらけの一日目でした。


それでは翌日に続きます。。。。。。。。


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/128-b27c5f6e
トラックバック
コメント
う?んとね、この場合の香草は春菊レベルじゃないかもしれない。。

強烈なの、もうねすっごく強烈。

でも好きな人にはたまらない香りらしいから、なんとも言えないケド。

えーっと、この件については、せんさんが教えてくれてるのでB面に行きますね(笑)
みゆこdot 2006.03.01 15:51 | 編集
すいません本文を読まずに書いてました、いつもそそっかしいので、香草って言うと春菊みたいなものでしょうか。もっと強烈なんですか。カラス揚羽の幼虫なんか山椒の葉を食べますが。蝶の幼虫がみんなどういうわけか臭い木の葉を食べるのが不思議です。
shu1dot 2006.03.01 00:41 | 編集
ほう、そうですか、やっぱり土屋先生は理系志望でしたか。

そういえば先生お元気かしら?

最近は理系でも文系でもなく、音楽系で楽しんでるみたいだけど?w
みゆこdot 2006.02.28 11:46 | 編集
K版の土屋先生が本当は東大物理に行きたかったと「科学」に書かれていました。僕の勘はピタリあたっていましたね。あの文章はまぎれもなく理系のそれです。だから僕も惹かれたところがあったわけで、すいません勝手なこと書いてしまって、  おとなしくB面にもどります。
shu1dot 2006.02.27 23:51 | 編集
・・・そうなんだー。

ずーっと前から言ってることですが、ワタシは虫全般が苦手なので

shu1っちゃんの虫博士ぶりには、ただただ感心するだけです。。。
みゆこdot 2006.02.27 18:48 | 編集
今思いつきましたが、カブトムシとモンゴロイドの分布地域はだいたい一致するんです。これは何を意味するかといえばカブトムシは新しい甲虫類だということです。
shu1dot 2006.02.26 19:45 | 編集
あ、そういえば昨日12chで台湾の蝶々の番組やってたよ。

shu1っちゃんも行くのかなぁ、と思ってたんだー。

卒業したアカツキにはぜひご訪問くださいまし。



ときに香草のたぐいは大丈夫なんすか?
みゆこdot 2006.02.26 14:36 | 編集
華麗に2ゲトー

そうかうらやましい、いずれ卒業したら行きたいのは東南アジアと南米です、甲虫の宝庫ですから。タイワンテナガコガネがいる所です(アー言っちゃった)。
shu1dot 2006.02.26 07:24 | 編集
なんでTouruさんだってわかったかとゆーと

管理者ページのIPを見たからですよ?ん。

決してトシ云々じゃないですってば?♪
みゆこdot 2006.02.25 12:44 | 編集
すみません。名前いれるの忘れました。こんなボケは年寄りの私しかいないということですね。悲しい…。でも事実か。
Tourudot 2006.02.24 21:16 | 編集
名無しさんですが、多分Touruさんですよね(笑)

そうです、機内食はもっと美味しそうに撮らないと・・です。

でもどうとっても美味しそうには・・・えへへ。

みゆこdot 2006.02.24 14:42 | 編集
愉快な旅の始まりの予感がしますね。すっちーに文句つけるあたりから始まるなんて…。きっと台湾のディープな世界にいざなっていただけるんですね。機内食はもうすこし美味しそうに写らないと…
dot 2006.02.23 23:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。