--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
01.17

ニュースを見る

Category: 未分類
今日はニュース番組がやたら長い。ような気がする。



丸顔の兄さんやら細長顔のおっさんやら、ネズミ男顔の奴やら

あんまり見たくないタイプの顔ばかり映る。



で、夕方のニュースでは『ホームレス特集』

季節は冬→極寒→凍死の危険→悲惨な日々、というお決まりのパターン。

ボランティアの温かな炊き出しの優しさを中和剤にして。



ま、確かにホームレスはつらかろう。特に寒い時は。

夏の暑さも厳しいけどね。

シャワーも浴びられぬ、着替えも出来ぬ、ってのはホントにつらい。



なに、知った風なこと言うなってかい。



なんのなんの、ワタクシは経験者だからね。

昔はホームレスなんて言わなかったような気がする、そんな時代w

なんて言ったっけ?浮浪者?いや、それちょっと古過ぎ。

野宿?んー、どっちかというとそんな言い方をしたかもしれない。



なんでそんなことしたかってアナタ、何かの罰ゲームじゃなくてよ。

話せば長??いんで話さないんだけども[:パクッ:]



早い話が家出ですわ[:おうち:][:プシュー:]

家出というにはちょっと年取ってたけどね、とっくにハタチを過ぎてたから。



でね、土管の中で寝泊りしながらワタクシ思ったですよ。

人間というものは、雨と露さえ凌げれば生きていけるもんだなー、と。



雨露しのげば だいじょうぶ 

 生きていけるさ にんげんだもの 
ぱくり』

ってなもんで(笑)





マンションの偽装問題で大変な思いをしている人達も

PCの前でしかめっ面してる投資家の人達も

そして、例年にない厳しい冬を越そうとしているホームレスの人達も

皆、なんとか頑張ってほしいなあ、と思う。



人間って、自分の持ち物が多くなればなるほど重くなればなるほど

臆病にもなるし慎重にもなるんだろうけど

もともとハダカんぼで生まれてきたんだもん、

元の裸に戻ってもなんとかなるんじゃないのかなぁ。



ちょっと乱暴な言い方だけど

ニュース番組を見ながら、そんなふうに思った。



やっぱりいつでも裸に戻る覚悟はしておくべきだなー、と

なんかすごく思った今日なのでありました。。。。[:ピピピ:]
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takesealove.blog55.fc2.com/tb.php/114-1daeb8d1
トラックバック
コメント
なんにも「無い!」ほうが清清しい場所はありますよね。

家の中にはほんと余計なものが無い方がいいです。。

しかし現実は・・・・・。

便利なものはそれを使う時だけが便利なんであって

無ければ無いでなんとかなる、のかな?



今の私は無理ですにゃあ。

・・・・とりあえず自室の中は武ちゃんポスターだらけだし。てへ。
みゆこdot 2006.01.19 18:32 | 編集
つい先日、山頭火が晩年を過ごした「其中庵」という家を見て来ました。

復元したものですが、3畳、3畳、4畳半のたった3部屋しかない間取りの家が広くて。

実になにもない。あるのは机だけ。



本当は家財道具などがあったのかな?そうは思いたくない。

何もないほうがいい。何もないほうがうらやましい。



でも、ホームレスなり荷物のない生活を送ってみよ、と言われると、どうも自信がないですな。

本とかCDとかテレビとか多くのメディアに囲まれ、携帯とかパソコンとか見えないしがらみに繋ぎ留められている日常。
せんdot 2006.01.18 23:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。