--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.29

感謝(^人^)!


今日で55歳になりました。
ごじゅうご、という響きがなんとなく好きで
嬉しいワタシです











pちゃん、なごさん、ムーコさん
ザルちゃん、Belleさん
素晴らしい贈り物をありがとうございました
どのお品も素敵すぎて胸がドキドキしました!
使うのがもったいないほどの、食べちゃうのが惜しいほどの
本当に嬉しいプレゼントの数々です



ムスメからは春色の薄手のセーターを貰いました。
お気に入りの店で選んでくれたそうで、ワタシにぴったり


お祝いメッセージもたくさんいただきました。
こんなに嬉しいことはありません。
本当に本当にありがとうございましたm(__)m

感謝を胸に、元気よく日々を送ろうと思います!




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
03.26

・・・そして

久しぶりに新婚生活夫婦ふたり暮らしを送っています

ムスメがひとり暮らしを始めた時には、もう母T子が居たわけで
こんなふうに夫婦ふたりきりというのは久しぶりです。
あ、昨年母がケアハウスに入居した時もそうでした…
でもあっという間に戻ってきましたからね(^^ゞ

その母ですが、あちらでなんとか暮らしているようです。
ずーーっと家事をワタシ任せにしていたので
久々の食事作りや洗濯に戸惑ってはいるようですが
以前からいろいろお手伝いをしてくれていた親戚のおねーさんにも力を借りて
なんとかかんとかやっているようです。。

ワタシはとりあえず毎日電話をして、
母の質問(炊飯器どーすんの、洗濯機はこーすんの?のたぐい)を聞いたり
急に一人になって寂しかろうと話し相手になっております。

1周間になろうとしていますが、あまり愚痴も言わず弱音も吐かないので
やっぱりこれで良かったのかな、と少しホッとしています。
淋しいと泣かれでもしたら、それはそれで切ないですし。。

いや、泣くどころかワタシに対して結構エラソーな口調です(笑)
今まで遠慮してかぶっていたネコを脱ぎつつあるのでしょう。
今日も今日とて「アンタに言っても仕方ないし~」などと言ってました。
この台詞、母がジッカで一人暮らしをしている時に何度か聞きました
散々愚痴ったあげく「アンタに言っても~」です(笑)
だったら言うなよ、と何度思ったことでしょう。


でもこの台詞が出るということは元気な証拠かもしれません。
母らしさを取り戻したのかも。
娘の顔色をうかかってオドオドしてるなんて、考えれば彼女らしくない。
わがまま全開で、気に入らなければ電話にだって出ないし
不機嫌になれば話の途中でも受話器を置いてしまうし。


ま、それが唯我独尊わがままイッパイな母の母たる所以でありましょう。
ワタシとしては気分のよいものではないけど
それが元気な証拠!ってことなのかも。。


茨城の親戚のA子姉さんに言われました。
「お年寄りは悪くなっていっても良くなってはいかないのよ。
 どうしようもなくなったらお年寄りは我慢するしかないの。
 だから今は好きにさせてあげて、みゆこは余力を蓄えておきなさい。
 本領発揮するのは、どうしようもなくなった時だからね」


実母を引き取って最後まで看取ったA子姉さんの言葉には重みがあります。
・・・今はそういう「時期」を乗り越えるために力を蓄える時
そう思いながら粛々と(?)夫婦ふたり生活を過ごそうと思っています。



・・・たまにムスメが帰ってきてくれるし









Comment:0  Trackback:0
2014
03.24

働いた…(((^^;)


16日に引っ越し便を出し、翌日の月曜日 母をクルマで北陸の地まで送るべく出発しました。
600キロをひた走り、午後2時頃到着。
温泉宿にチェックインし、不動産屋さんで契約&オーナーと物件確認。
カナーリ時間がかかり、宿に戻ったのはもう暗くなる頃…。
待たせておいた母と夕食、ビールが身体にしみました

翌日は父のケアマンションで春じたく、掃除洗濯買い出し。
銀行の手続きと母の部屋の家電購入と設置依頼。
夕食は両親と一緒にレストランへ。
運転があるのでノンアルコール
父を送り、母と連泊の宿に戻り ビールと缶チューハイ。

翌19日は引っ越し便の到着を待ちつつ、固定電話の工事&ガスの開通&掃除&クルマで運んだ様々な荷物の荷ほどき。
引っ越し便が到着して搬入が終わり、片付けと掃除。。
冷蔵庫と洗濯機が到着&設置。

なんとか部屋が落ち着いたので、ホテルに移動

ホテルルームからの風景。
静かできれいな街です。

夕食は日本海の魚介類を堪能しつつビールを飲みまくり…もとい、いただきました。
この日は母とは別室でツインルームのシングル仕様
翌日の運転にそなえて ゆっくり眠りたかったので。


翌20日は朝から食料品や生活用品の買い出しに。
春の遅い土地柄なので灯油も必要
ガソリンスタンドで購入し、20リットルのポリタンク×2を両手に持って よいしょよいしょと部屋に運びました。
…重かった…orz

一応なんとか生活が出来るようになったところで
クルマに乗り込み、さて帰京です!!
母はちょっとメソメソしていましたが、ワタシ一人での長距離運転が心配で 感傷的になる余裕もなかったようで
それに乗じて サッと別れてきました。。


帰りの高速は雨と霧で50キロ規制が多かったのですが、なんとか21時頃には帰宅出来ました。



我ながらよく働いたなぁ、と思います
三連休はほとんど家事らしいこともせず、オットとムスメに甘えてダラダラしておりました(笑)
母はといえば、寂しいという気持ちはもちろんあるとしても、適度な緊張感が良いみたいで食欲もちゃんとある様子


まだまだ落ち着きませんが、なんとかここまでやった…ということで、少しだけほっとしています。


本物の春は まだちょっと先でしょうか。。。




Comment:2  Trackback:0
2014
03.13

マイナーチェンジ



暖かな日があったり肌寒かったり
なかなか本物の春にならないこの頃です

さてさて我が家にはちょっとした変化がありそうです。
「すわ!ムスメさんの結婚が決まったか?」
・・・・いーえ、違います(笑)そーではありませーん(棒)


父が1月で88歳になったのですが、自分の年令を意識してか
我が家に居る母に頻々と電話をしてくるようになりました。
やはり人生の最晩年にさしかかると 心寂しいのでしょう。

で、父の住むケアマンションから車で10分程のところに
小さなマンションを借りることにしました。
行ったり来たりするワタシが、その都度ホテルや温泉宿を取るのも
何かと大変だしめんどくさいし洗濯も出来ないし、費用もばかにならない。。

だったら一部屋借りてしまえ!
ジッカの売却の時にお世話になった不動産屋さんが
完成したばっかりのマンションを管理している!!
えーい、そこを借りちゃおうじゃないの、そーしましょ。
ってことで、お願いすることになりました。


で、母がそのマンションに住むことになりました
久しぶりのひとり暮らしです。
もちろんずっと住むというわけにもいかないでしょうから
コッチとアッチを行き来するようになるでしょうが
とりあえずはアッチにおさまることになりました。

父のそばに居たい、というのもあるでしょうし
我が家でおんぶに抱っこ生活をするというものつらいのでしょうし
ワタシに叱られたりするもの嫌なのでしょうし
まだ元気なうちに自由に過ごしたいというワガママもあるでしょうし
なんだか色々な理由はあるのですが。。。



そんなこんなで今週末からバタバタが始まりそうです。
もう少し落ち着いたらまたご報告します


早く穏やかな春が来るといいな~~







Comment:0  Trackback:0
2014
03.05

雛まつりの日に

三月三日お雛様の日に

こんなに素敵な贈り物が届きました

日月譚のムーコさんからです。
お空にいってしまった小梅ちゃんを思う、小梅の御菓子「茜姫」
可愛らしくて開けるのが勿体ないほどですが
さあこれで開けて♪と小さなハサミが入っていました。

そっと取り出してパクっ
ああんっ美味しい~(*^^*)
梅といえば梅干しも梅酒も大好きなワタシにはたまりません

ムーコさん、小梅ちゃん
ありがとうございました!
ちょっとずつ大切にいただきます



Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。