--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.27

『海洋天堂』を観てきました。



もう昨年のことになりますが
ムーコさんの「日月潭」にこんな記事が載りました。
そして『ジェット・リーの海洋天堂を日本で観たい!』というサイトを知りました。

管理人様たちの熱い思いに感銘を受け、また自分でも観たい!という思いから
本当に本当に微力ながら協力させて頂きました。

あれから1年、ついに日本公開が実現し
昨日銀座のシネスイッチで観ることが出来ました。
今日はその感想を駄文ながら書いてみようと思います。


  海洋天堂



恥ずかしいことに、この映画を観るまでは
「ぜったい泣いちゃう」「ハンカチ必携!」などと言っておりました。
確かに何度も目頭が熱くなり、涙がこぼれました。
しかし「泣いちゃう」などと軽く言うような、そんな映画ではなかった。
そんなことを言ってはいけなかった、と観始めてすぐに思いました。

いえ、決して複雑なストーリーではありません。
むしろ重いテーマをジェット・リー兄ならではの味で見せてくれました。

ただ「可哀想に」とか「泣かせる」とか、そんな映画ではない。
訴えるべきことは、息子の大福(ターフー)君を取り巻く社会への願望と
親として子を思う痛々しいほどの愛情。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが
自閉症の大福君が生きていくために身につけるべき力を
なんとかして与えたいと思う父親の葛藤の映画です。

水の中を自由に泳ぐ大福君と、それを見守る父親。
しかしただ目を細めて見ているわけにはいかない現実。
哀しい父の目に映るのは、生き生きと水と戯れる息子。
クリストファー・ドイル氏の撮る映像の美しさが胸を打ちます。

大福君のことを気持ちの上では受け入れることが出来ても
日々の生活を見守るということの難しさと、その受け皿の少なさ。
自ら自閉症の施設で14年間ボランティアをしたというシュエ・シャオルー監督の
訴えたいことが、ジェット・リー兄さんの演技から伝わってきました。

世界的アクションスターであるジェット・リーが
王心誠という父親を通して、ものすごく強いメッセージを送る映画…
ひとことで言うなら、そんな映画だと思います。

日本での公開が終了したら、また改めて感想を書きたいと思っていますが
ストーリーとは別に、個人的には父子二人暮らしの「部屋の中」が好きでした。
金城武迷にはお馴染み&嬉しい、ハイ・チョンマン氏が美術を担当しているので


この映画のことを教えて下さったムーコさんしゅうさん、心から感謝を申し上げます。
ありがとうございました。
何ヶ月か後にまた感想を書かせてくださいね。
それまでにまだ色々と考えることが出来るかと思います。

そして、そんなふうに考え続けていくことの大切さを
りんちぇ兄さんと大福くんが教えてくれたのだ、と思っています。










スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
07.19

メールより電話派



年に数回、かつての仕事仲間Rちゃんから電話がかかる。
メルアド交換は(古い?)してあるのに、メールはほとんど来ない。
声優さんのような可愛らしい声で「元気ぃ~?」と電話が来る。

同じ年齢で同じ大学で学んだのだが、仕事場で会うまでは面識がなかった。
(ま、ワタシは途中でドロップアップしたわけだが
20代のなまいき盛りだったワタシは、初めて会った彼女に失礼な態度をとった。と思う。
でも穏やかでふんわりしたRちゃんは怒りもせずに、仲良くしてくれた。

主婦業がメインになったワタシと違い、彼女は今も現役ピアニストだ。
「シャンソンバーで弾いててもピアニストっていうのぉ~?」
とRちゃんは笑うけど、ミュージカルの本番ピアノも務める立派な演奏家だ。


近況をあれこれ話しているうちに
「そういえばさぁ、今わたし韓国ドラマにハマってて~」
と彼女が言い出したので、話が俄然盛り上がりだした。
やっぱりチュモンよね!時代劇はいいわよね~
あらベタベタの恋愛モノもいいわよ~、ラスト・スキャンダルよかったわ~

と、そのうちRちゃんがクスクス笑い出した。
なぁに?と聞くと
「わたし、若い頃みゆちゃんのこと、さぁ」「うん、なぁに?」
「ずーっと韓国の人だと思ってたんだ~」「なんで?」
当時はそんなにポピュラーじゃなかった韓国料理が大好きで
焼肉屋さんはもちろん、韓国家庭料理の店なんてとこにもよく行ってたから…
電話でも「ヨボセヨ~」なんて言ってたじゃない?

そうだっけ?そんなコト言ってたっけ。
そういえばコリアンの友人知人が結構いたから
ほんのちょっとした挨拶くらいだったら喋ることが出来たかもね
「で、あなたの結婚式の時に、初めて日本人だって知ったのよ~」「あ、そなの?」

そういえば若い頃、知り合った人に「どこの国のヒトですか?」と何度か聞かれたことがあったっけ。
どこの国って、金髪でもないし(茶髪だったけど)目だってブルーじゃないし
どこからどー見てもフランス人には見えんだろが!と思っていたけど
そっか、韓国のヒトだと思っていた人が何人もいたのね。


韓国の女性といえば、肌がキレイで美しい人が多い(後天的美貌もあるかもだけど)
という勝手なイメージがあるので、そんなこと言われたら嬉しくなっちゃうわ~と喜ぶと
「いや、そうじゃなくて大辛キムチが好きだったからでしょ」
   ・・・一刀両断にされた


そのうち会おうね~、もう10年くらい会ってないけど~
そだね、そのうちね~、元気でね~
仕事しっかりね~、はいは~い、ごきげんよう~

いつものご挨拶で電話を切った。

Rちゃんは古いけれどがっしりとした大きなマンションで猫と暮らしている。
来週また新しい子が来るらしい。
「ちゅもん」と名付けるそうだ
10年ぶりに、ちゅもん君のオモチャでもお土産にして訪ねてみようかな。

そして韓国料理の店にでも誘ってみよう。。







Comment:4  Trackback:0
2011
07.13

へろへろ帰還

Category: 旅、なニッキ


一昨日の夜に帰ってまいりました。
旅の途上梅雨明け宣言が出され、北陸はたいへんな猛暑でした

少しはのんびり出来るかと思いきや
オットとムスメはホテル泊まりで旅気分にも浸れたでしょうが
ワタシはただひたすらジッカの用をこなしておりました…

普段は高齢者二人住まい(父はケア付きマンション住まい)の家なので
オトナ3人分宿泊受け入れが難しい。
(寝具の準備や後片付けなどなど
で、夫と娘は2泊ホテル(シングルルーム×2)私はジッカ客間泊まり
3泊目は夫と私はいつもの温泉ホテル、娘は京都に移動…という
なんだかややこしい滞在になりました。

昼食と夕食は5人一緒だったので、父を迎えに行ったり夫&娘を送っていったりで
運転手を相務める私はも飲めず…。
3泊目の温泉では、海に沈んでいく夕日を眺めながら飲むことができましたが。


  201107101906000.jpg



あちこち走りまわって、帰ってきたら走行距離が2千キロを突破しておりました。
当然ながら疲れもその分蓄積されていたようで
昨日は大洗濯と掃除に没頭し、今日は普通の家事をしただけなのに
午後からはソファーでぐったりしてしまいました

京都に行ったムスメは、貴船で川床を楽しみ
20℃という涼しさのなかで優雅な京料理を頂いたそうです。
セキュリティ万全レディースフロアっ!な、ホテルに宿泊し
11日のお昼過ぎに滋賀県米原市で夫&私と合流して、一緒に帰ってきたのですが
「楽しかった~~~」と嬉しそうでありました。

なんの心配も憂いもなく思いっきり楽しい旅が出来るのが
若い頃の特権なのかもしれません…。
ちょっと羨ましいな、と思いながらも
また9月には来るからね!と、両親に伝えてきました。


疲れも明日には抜けるでしょうから
ワタシも仕事にランチに(笑)元気よく出掛けることにします

夏は始まったばかりですものね






Comment:8  Trackback:0
2011
07.07

明日から夏旅・・





明日からしばらく夏の旅行に行ってきます。
・・・行き先は「ザ・ジッカ」ですが

今回はオット&ムスメが一緒なので
少しは遊んで帰ってこようと思っています。
とはいうものの、ジッカではやることが山積ですが

ムスメは3泊目は京都だそうで
早めにとった夏休みを楽しむ気満々です


またしばらく更新ナシになるので(いつものことですが
ただいま編集中の「さるさる日記」のなかから
9年前の7月のニッキを、少しご紹介させていただこうと思います。

なにしろ40代前半に書いた若気の至り拙文ですので
どうか色々と(笑)ご容赦下さいますようお願い致します


この記事の↓にupしようと思います。

コメント頂けたりなんかしちゃったら、すごく嬉しいです。




        m(__)m
Comment:0  Trackback:0
2011
07.07

2002年7月1日(月) ああ日曜日・・。

Category: 未分類



・・またやってしまった。

昨日私は、あるドラッグストアで買い物をしていた。
買い物カゴの中にはポンプタイプのシャンプーとリンス。
あと買うものは・・と思いながら店内を歩いていると
うずたかく積まれたお安いテッシュペーパーが目に入った。

ほうほう、これはお買い得・・と思いつつ
私はその5個パックの山に手を伸ばした。
ちょっと踵の高いミュールを履いていたので
難なくその山の一番上のパックに手が届くはずであった。

・・が、しかし
にわかに足元が頼りなくなったかと思うと、あっけなくバランスをくずし
手は届いたものの、グーにしたドラえもんの手のような形で
テッシュペーパー5個パックの山の中腹当たりに
強烈なパーンチ!をしてしまったのだった。

あっという間もあらばこそ、その山は崩壊を始め
支えてくれる人も物もないままの私は
あ~れ~!という絶叫とともに、床に転がったのであった。

人ごとだと思わずに想像して頂きたい。
私がどんなに恥ずかしかったか。どんなにその場から消え失せたかったか。

周りの人たちには、必死に笑いをこらえた顔で「大丈夫ですか?」と言われ
店の人には「申し訳ありません」と逆に謝られ
腰をさすりたいのを我慢して、店員さんに頭を下げながら
山の修復作業をさせていただき
せめてもの罪滅ぼしに5個パックのテッシュを2つも買い
トボトボと、しかし何事もなかったような顔で店を出た私を
誰か我が事として考えていただきたい。

そして帰途につきながら私はふいに思い出した。


娘が3歳の頃、同じその店で私と同じように
積んであった商品の山を崩してしまったことがあった・・。
・・その商品とは、いわゆる避●妊具であった。

その時も私は店員さんに何度も何度も頭を下げながら
いっしょになって片づけたものだった。

「これ、ちょーだいな、しよーねえ」
と無邪気に言う娘に、店中が爆笑の渦になったものだった。
(※私はその時、それを買いに行ったわけではありません)


ああ・・そう言えば、あの時の店員さんとさっきの店員さん・・
なんか似ているような・・・。

お願い、気のせいだと、それは気のせいよと
誰か私に言ってください。




Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。