--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
08.27

ほめられた!!

Category: 未分類
 

甲状腺と血圧のお薬をもらいにKクリニックへ。

この暑さで体調をくずす人が多いのか
待合室はいつもより混雑してました。


ここのクリニックを訪れるのは半分以上がご年配の方で、上品でおっとりした雰囲気。
お召し物もお洒落だし、ご高齢のご夫妻は絵に描いたような品の良さを感じます。
「あなた、ここにいらしたの?お2階かと思ってましたわ」
「うん、検査が終わったからね、ここで休んでいたのだよ、君の診察は終わったの?」
今日もそんな会話をするご夫妻を見かけました。
どちらも80歳近いお年だと思われるけど、姿勢も良く穏やかで美しい。
優しい声でおっとりと話されて、そばに居るワタクシは心が洗われるようでした。。

私と夫もこんなふうな老夫婦になれるかな、なれないな。(早いなオイ)


前回の血液検査の結果はドクターいわく
「最高ですよ!! 血圧もすっかり安定したし悪玉コレステロールもうんと減ったし
 甲状腺のほうの数値も問題ないので、お薬はこのままでいいでしょう。
 体重を落としたのも偉かったですね♪ 素晴らしい!首席で合格したようなものです!!」
まあ、先生ったら ワタシ人様からこんなに褒められたことってないですわ。ウレシー。


今度は秋でいいでしょう、とのことなので暫く通院はオヤスミです?
血圧のお薬も半錠で良いとこのこと、薬剤師さんが丁寧に半分にカットして下さいました。
甲状腺のお薬をいただいて、ドクターとスタッフの皆さんの優しい声に送られて
ニコニコしつつ出口に向かうと、すぐそばに居らしたご高齢の女性が
「お気をつけてお帰りになってね」と声を掛けて下さいました。見ず知らずの方なのに。

丁寧にお礼を言って、なんとも嬉しい気分でクリニックを後にしました。


今日はお隣りのE子さんの運転手も兼ねていたので
そのあと近くのファミレスで一緒にご飯を食べて帰ってきました。


なんといっても健康第一!
無理をせずに、でも気持ちはいつも明るく朗らかに。
それがフツーの暮らしには大事なことなんですよね…



※カテゴリに「ケータイ、なニッキ」を追加しました。 
  なんか面白いモノがあったらボソッとつぶやこうかな?。



スポンサーサイト
Comment:5  Trackback:0
2010
08.24

ほんのちょこっと夏休み

Category: 未分類
 


今年は長期の休みが取れないってことで、我が家の夏休みは無し…くすん。
まあ、旅行に行こうどっか行こうお泊りしよう!!
と騒ぐのは私ひとりなので、夫と娘はなんの不満もないんだそうですが。

23日に夫&娘が日にちを合わせて休みを取ることになった!と聞いて
「わぁい♪」と喜んだのも束の間
21日は演劇鑑賞に行くのよ?!と娘、おじいちゃん宅に行くよという夫…
わぁ?ん3連休だったら、どこか行けそうなのに、それじゃダメじゃん(泣)

ってことで、22日は新宿で懐かしい人たちと会食をすることに。
他愛もないハナシながら、思い出話に花が咲き楽しいひとときだったのでした。
帰りに娘とデパートに寄って買い物。
シゴト用のお洋服を買うのに付き合いました。。。
スカート&カットソー&ベルト&パンツ・・・そ、そ、そんなに買っちゃうの??
バーゲンでもないのに、そ、そ、そんなに???
…ま、いいか、自分で支払うわけだし。
ついこの前まではデパート系は親がほとんど負担してたわけだから
それを思えば気楽なモンです?♪

で、私も便乗してお靴を。
軽いカンジのウェッジが欲しかったので、キョロキョロ…
あ、あったあった。RIZのウエッジソール。
ふんふん、ちゃんとフィットするし、色もベージュで合わせやすそう、ふんふんふん。
その後は娘の友人が店長さんをしているブティックに移動して
カットソーのアンサンブルやTシャツやキャミソールやアクセサリーを購入。
両手にぶら下げてヒーヒー言いながら帰ってきました。
夫はその間オウチで一人を満喫中?♪
お昼もピザかなんか焼いてビール飲んじゃって、楽しかったそうです。ふっ。


3日目の昨日は3人ともお休みだし、娘は予定が無いっていうし
ウチでゴロゴロしてるのもモッタイナイし
んじゃどっか行こうか、と相談がまとまりました。
と言っても、暑いし遠くに行くのはイヤンというのがいるので(-"-)
ドライブがてら郊外のアウトレットに買い物に行くことにしました。
・・・また買い物ですかい。

だいたいウチの夫という人は買い物に出掛けるのが好きなんでありまして
オンナノコじゃあるまいし、なんで???と思うんでありますが…まいっか。


夫はゴルフ用のシャツを4枚…多いでしょソレ。
娘はまたしてもカットソーを数枚とカーディガンだのを数点。
私も便乗して、薄手のニットとアンサンブル・・・とお靴。
前日に買った買ってもらったウエッジが足に馴染んでなくて痛くて…(T T)
(やはりRIZはコンフォートタイプじゃないとダメか…と後悔)
で、歩きやすそうなバックベルトのサンダルを一足調達。
・・・娘に呆れられました。。。


 *****

二日続けて歩きまわり、かなり疲れました。
ファミレスで食事をして、ヘロヘロになって帰ってきました。
買い物充実度は高かったけれど、体力は低下しました。

でもたった一日の夏休み、こういう使い方もアリかな?
今週は私もなんだかんだと忙しいし、夫も帰りが遅くなりそうだし
娘も友達と食事会やら飲み会があるそうだし。
たまに家族3人でお買い物ってのもいいかもしれない…と、思うことにしました(笑)



 *****

先日エラソーなこと(ガツンとくるニッキを書くだのなんだの)を書いたワタクシですが
んな大層なことが書けるはずもないので、もとのようなヘラヘラニッキに戻ります?。

「ちょっとマジメな、ニッキ」というカテゴリを作ったので
ほんの少しマジメなことは、ごくたまにぼそっと書くことにします?。

・・・つくづくポリシーのないオナゴよのぅ。












Comment:2  Trackback:0
2010
08.18

ヤサシイコトバ

Category: 未分類
 

先日、ご近所のおばさんが脳梗塞で倒れた。
日曜の朝、遠慮がちな泣きそうな声で「みゆさん、来て」と電話がかかってきた。
娘さんたちはもうとうに嫁いでいて、ご主人と二人暮らし
そのご主人も朝から出掛けていて留守、朝の掃除をしようとしての体の異常
心細かったに違いない、倒れこんだまま泣いているおばさんに胸が詰まった。

救急車を呼んで同乗し、15日の日曜ということでなかなか受け入れ先が決まらない不安のなか
おばさんの手を握っていることしか出来なかった。

ようやく受け入れ先が見つかり、家族と連絡もついて一安心。
救急外来での診察の結果は軽い脳梗塞とのこと、当然緊急入院になった。

思えば義母が1回目の脳梗塞で倒れたのも70歳の少し前だった。
父が大腸がんになったのも、母が心筋梗塞になったのも同じ年の頃だった。
膿胸で入院していた隣のE子さんも70歳だ。

高齢化社会というけれど、そして平均寿命は段々と上がっているけれど
70歳という年齢は、危険なゾーンへの入り口なのかもしれない。

誰しも公平に老いは訪れ、体の衰えは顕著になっていく。
親の年齢、知人の年齢を思うとき、まだ力を貸すことが出来る年齢の自分は
覚悟と心構えを新たにしなければ、と思う。


幸いおばさんの症状は命にかかわるほどではないらしい。
ご主人はこれまでの夫婦のあり方を考え直す良い機会かもしれない、と言う。
何から何まで妻に任せっきり、ご飯の炊き方も洗濯も出来ない昭和のオトコ。
退院したら優しくしてやらなきゃ…と、ちょっと恥ずかしそうに言っていた。
優しい言葉をかけてやらなきゃ、とも。


言葉とは不思議なもので、ぽんと放られた一言で人は喜びもし嘆きもする。
送り手にさほどの深意はなくても波及する効果は高い。
年老いた人にかける心のこもった一言は生きる勇気につながるかもしれないし
投げやりに放つ言葉は生きていく力さえも奪うかもしれない。

母T子は昔から言葉にうるさい人だったが、特に言っていたのが
「とりあえず」と「一応」という言葉。
使い方によっては相手に不信感を与えるし、不愉快にもさせる。
よかれと思って使ったとしても、それを受け取る相手によっては傷つくこともある、と。

確かに「一応」と言っておけば、そのあとに続く言葉に対して責任を持たなくていいような
そんないい加減で中途半端な言い方が出来上がる。
「これお願いできますか?」「一応やっておきます」
・・・なんだよ、やってくれるの?くれないの?、ってなふうに。

日本人は白黒ハッキリ!よりも中間色的な言い回しを好んだりするので
「一応承っておきます」と、お茶を濁すことも必要なのかもしれない。
やんわりと断るときや、円滑な付き合いをするために、便利な言葉かもしれない。

先日お友達のムーコさんの日記を読んでいて考えさせられた。
一枚のチラシを手渡すときに添えられた「一応」という言葉。
ムーコさんも書いておられるが、その言葉は後々まで残ってしまう。
かわいそう、と言われたいのではない、けれども・・・モヤモヤ。
件の勧誘の方も悪意があったわけではないだろう、けど・・・モヤモヤ。

それは決して言葉の使い方の問題ではない。
受け取る人の感性によっては、なんでもない一言かもしれない。
しかし・・・
私はその場合その言葉の使い方は間違っていた、と思う。
一応という簡単な一言の持つ残酷さを勧誘氏は解っていない。
その言葉の及ぼす切なさを知らない。
知らないということの恐ろしさにすら彼は気がついていない、と思う。

そしてふと我が身を振り返り、う?むと考えてしまう。
私自身はどうか。
相手のことを考えながら言葉を選ぼうと、今こうしてエラソーに書きつつも
日頃人に対して使っている言葉の、届いたその先のことまで考えているか。
そう思うと、恐ろしくなるのは自分の方だ。

しかしこうして考える機会を与えてくれたムーコさんに感謝したいと思う。
彼女が豊かな感受性を持っている人であることが
今回私にこういう「考える」機会をくれたと思っている。
もちろんムーコさんの体験を自分の糧にするなどと不遜なことは微塵も思わないが。


   *****

このところ
老いの入り口に立っている人80代の人90代の人・・と接していて
今更ながら優しい言葉について考えている。
どう言えば心に届くか、気持ちをやわらげてくれるか。
どんな声で、どんな調子で、そしてどういうタイミングで声を掛けるか。

それはピアノを弾くことと似ているような気がして
なかなか難しいことではある。
これからの私自身の課題だなあと思う。


「とりあえず」も一応と似ていて、どこか投げやりな感じを持たせる言葉だ。
(自分では悪いと思ってないけど)とりあえず謝っておくか、というような
これもまた便利な言葉ではある。
とりあえず→やっておく=あまり深く考えてはいないよ
表面的に繕っておいて、あとでまた考えてみるよ・・というような。

とりあえず、は、居酒屋で生ビールを注文する時だけに使えばいい。



うまく文章がまとまらないまま一日半ゴロゴロしてみたが
やはり上手に〆られそうにないので、このままうpしてしまおうっと。

この続きはまたいろいろ学んで考えて、結論に到達することはなくても
考え続けていくことが勉強だなあと思っている。
ああ、やっぱりうまく〆られん・・


   201008081809002.jpg
 
      冷たいデザート写真でもドゾー
       と、誤魔化してみた。。







     


Comment:2  Trackback:0
2010
08.09

8月9日

Category: 未分類
 


今日は「ナガサキ」の日
そして6日は広島の原爆記念日でした。
記念日というのはあまりにむごい「忘れられぬ日」ですが。

我が家を建ててくれた棟梁が広島出身の方で
建築当時お年を召されていましたが、たいへんお元気でした。
寡黙な方で、若い大工さん達には怖がられていたようでしたが
毎日10時と3時のお茶を持って行く私に時おり昔話をしてくれました。

爆心地近くに住んでいたという棟梁は、家族とともに奇跡的に助かったとのことで
今も元気で働けるのが有り難い、嬉しいと、何度も繰り返していました。
もちろん口には出せない大変なことがあったのは想像できます。
それでも「今も元気で働ける」ということに本当に感謝して一生懸命に働く様子は
少しずつ出来上がっていく家とともに、私のなかに感動を以て今も残っています。

  
      *********

暦のうえではもう秋。
でもまだまだ暑い日が続きそうで、本物の秋は遠いようです。


この門を…

南禅寺の門前にあった森永湛堂老師の句です。

 「この門を 入れば涼風 おのづから」 と書かれているように
このお寺は夏に訪れるとその涼しさが解るのかもしれません。

いやそれよりも、日常の煩わしさや苦しみをもって訪れても
この門を入ったら、そんな思いを振り払うことが出来ますよ、ということかもしれません。
お寺はどこもそうですが、心が落ち着いて鎮まるものですよね…。


水路閣

今年の初夏に旅した京都は本当に緑が美しくて
ただなにもせずにその中に座っていたいと思いました。
風の香り、風の音、葉ずれの音、新鮮な木々の匂い…
またそんな中に自分を置きたいなあ、と思い始めています。



      *********


8月9日は私にとっても忘れられない日です。
今から二十余年前の今日、私は家を出ました。

父と母と私だけの生活から、私ひとりが飛び出しました。
飛び出した理由はいろいろありましたが
とにかく「自分で考えて自分で歩いて自分で呼吸したい」という思いが強かった。
失敗することを極端に恐れ、叱られることを必要以上に怖がり
前に一歩進むのにも人の意見を求めるような、そんな私が
その日を境に変わっていきました。

それからさらに月日が経って、今の私は家出当時の私とはまたちょっと違いますが。
え?どんなって??
んな、このまんまですがなww
日頃ここを覗いてくださってる方はよーくご存知でしょう。
オドオドおろおろどころかアータ…ド厚かましいおばはん化しておりますわ。


…いやそうじゃなくて(今日はマジメ路線でいくことにきめたのだ!)


      *********


その二十余年前の今日を思い出して、私はちょっと心に決めたことがあるのです。
もっと自分に自信をもつこと。
ためらいすぎたり臆病すぎたりしないこと。
地味に落ち着かず少々派手に、新しいことに取り組むこと。

この日記も過去のさるさるに比べたら、毒気が抜けてぬるくなりました。
金城さんの記事はいいとして(いいんですか)
もうちょっとガツンとくることを書いてもいいんじゃないかと。
いえ誰に遠慮してるわけでもないんだけど、なんか差し障りのないことばっかり書いてるなあ、と。

いっそのこと、ここは終了して、しばらくしたら別のところで心機一転!とも思ったのですが
これまでのぬるさも私自身だし、たくさん頂いたコメントが消えてしまうのはなんとも勿体無い。

たくさんの貴重な情報をくれるネットは得難くて、決して手放せるものではないけれど
自分が自分で歩きながら感じて手に取るという現実的な刺激を
これからはもう少し大事にしていこうと思っています。

更新頻度はさらに低くなると思いますが
今日という記念日に、そう決めました。



    
   「秋立ちて 今日はわたしの ホームレス記念日」 
                                   (字余り)








Comment:0  Trackback:0
2010
08.05

暑中お見舞

Category: 未分類

  お暑いですねぃ

あまりの暑さにご無沙汰しちゃいました^^;
今年の夏はどうなってるんですかね…あっちでもこっちでも猛暑日
続く熱帯夜…寝不足になってしまいます。
(決してチュモンの孫ドラマにハマってるからじゃありません…あ!薮蛇)


先日の胃腸風邪は1週間ほどでよくなりましたが
プチ断食をしたせいか体力が落ちて、ダラダラしておりました。
ダラダラしてるのは春夏秋冬・四季を問わずなんですけど
やはりニンゲンしっかり食べてよく寝ないと精神も弛みますなあ。

今は完全復活したので(体重も少しずつ増えつつある→ヤヴァイ)
暑さに負けず更新しようと思ってます。


さてさて世は夏休み真っ盛り、お盆休みも控えてるということで
都心に向かう電車が少しずつ空き始めているようです。
行楽地も混んでるみたいだし、お盆休みの高速道路は「オソロシイこと」になるとの予想。

でもいーんだもーーん、ウチなんてどっこも行かないんだもんねーー!!!
オットと娘の休みが一致しないし、というか娘は盆休みなんてないしー!
…今年の夏はどこにも行けない我が家であります(泣)
しかも娘ときたら来月職場の慰安旅行があるのですが
なんと行き先が台湾だって!!!

前回の旅行のとき「台湾はもう行かなくていいわあ」なんて言ってたくせに
優雅に台湾2泊3日旅行?♪なんちゃって、結構楽しみにしてるでないの!(-"-)
なので「夏の旅行なんて行かなくていいわ?、友達と会う約束もあるしぃ?」ですって…。
…いいわい、台湾に行ってる間にオットとふたりで優雅に伊豆旅行でも行っちゃうわい。
露天風呂付きのお部屋取っちゃったもんね!オーシャンフロントだもんね!!!(- -)/


そんなわけでこの猛暑のなか、家に閉じこもってるワタクシであります。
未読の本が山積みだし、あれこれやらなきゃなシゴトもあるし
エアコン冷え冷えで引きこもっちゃうもんね。



        …というわけで、暑中お見舞申し上げます。
        皆様におかれましては
        熱中症、夏風邪、その他モロモロどうぞお気をつけ下さいませ。





Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。