--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
05.26

珍しくシゴトのはなしなど・・・


先週シゴトに行ってピアノを弾いてきました。
リクエストをお聞きする場所じゃなかったので、譜面は持参せず。
ギョーカイ用語ではハコという、いわゆるレギュラーで演奏している場では
一応譜面が必要でありますので持って行きますし、置いてもあります。
が、臨時演奏ではほとんど持って行きません。
(ここはリクエスト有りだなと思うところでも)

若くフレッシュでピチピチしてた駆け出しの頃は、大変でした。
(誰が?ってワタクシが、です!)
「ぷろふぇっしょなるゆーす1001POPS編」だの「歌謡曲全集」だの「フォーク全集」だの
メロディとコードが書いてあるだけの簡単な楽譜ですが
それぞれに1000曲程が入っていまして、分厚いんです。分厚くて重いんです。
それを抱えて仕事場に行っておりました。かなーりキツかったです。

もう亡くなられた先輩ピアニスト(お酒がお好きなことで有名なS氏)に
譜面はどうなさってますか?と訊ねたら
「ココとここ」と、頭と胸を指さしました。かっこよすぎです。

ガッコを出てからめっちゃイロイロあって、ピアノ弾きになったばかりの頃
ワタクシは「マイウェイ」しか弾けませんでした。
ちょいと喉に自信のあるオジサンが周囲を気にせず歌うあの曲です。
いわゆるクラシック以外、そのあまりにも有名な曲だけしか弾けなかったワタクシ・・・
んな1曲しか弾けない奴が、なーんでそんなシゴトをするですか!
というハナシはじっくり話し始めると長くなるので、こっち置いときますが。

そのようなワタクシだったので譜面は命の次に大切なものでした。
洋楽がまるで分からないのでリクエストされても「…へ?」
古い映画のタイトルをいわれても「…はっ?」ってなもんです。
これでオアシを頂戴しようってんだから、まったくふざけた話じゃありやせんか。

洋楽邦楽ついでに演歌軍歌、考えられるほとんどの曲を網羅した曲集を探し出し
どこに行く時にもヒーヒー言いながら持って歩いたものです。

しかし習うより慣れろってのは本当で、少しずつレパートリーってのは増えていくんですなあ。
たまにはお客様に嫌味を言われたり、お店の人に叱られたりしましたけど
段々イロイロと弾けるようになってくるもんです。ええ。

気がつけば、ボロボロになった曲集と不思議なほどに覚えた沢山の曲がありました。
人様の前で弾くようになってから30年近くになんなんとしている現在・・・
リクエストや指定の曲のない場所では、頭の中にある曲を自由に弾いています。
時々「なにを考えて弾いてるの?」と聞かれますが、たいしたことは考えてません。
たいしたことどころか、聞かれたら恥ずかしいことを考えてたりします。へへ。

武ちゃんシリーズ(ドラマに使われた曲や映画のテーマミュージックなど)を弾いてる時は
当然ながら金城さんのことを考え、顔を思い浮かべながら・・・・うっとりしてます。
傍から見たら、もんのすご?く気持ち悪い図でしょうけどw

ごくたまにそっとワタクシに近づいて「か、金城さんが好きなんですか?」と
恥ずかしそうに聞く女性もおられます。
ワタクシは全身で肯定の意を表し、コクコクと頷きます。
心のなかでは「同志よ!」と叫んでいます。
そのままビールでも飲みながら小一時間話し合いたいところですが、ぐっと我慢します。


先週のシゴトはこじんまりしたところだったので、静か?なBGMとして
柔らかな感じのゆったりした曲を選んで弾いていたのですが
途中で「Forbidden Love」を弾いたとき、ハッと私のほうに身をよじった女性がいました。
目が合うと、かすかに狼狽した様子があって
(もしかしたらあなた武迷なの?!私も、私も武迷よっ!)という
何か・・・こう、声なき問いかけを発したような気がしたのです。なので
(そうよ武迷よ!ユーリは最高の美しさだったわね!!)と心でお返事しておきました。

Forbidden Loveという曲はフジテレビ系で2000年の1月から放送されたドラマ
  「二千年の恋」のテーマ曲。 ユーリは武ちゃんの役名です。



しかーし、もしかしたら

(オバはん結構な年に見えるけど、
 まだこんなとこで弾いてるんかいな
 若い子ォにゆずってさっさと隠居したらええのに)

と言いたかったのかもしれません…。さらに

(もう指、動かんのと違うか、惰性でやってるんちゃうの?)

と言いたかったのかもしれません。
いや、しかしそれは違います。
少なくても惰性でやってはおりません。
年齢のことやあれやこれや、思うところは多々ありますし
正直考え込むこともあるのは事実です。
でも小難しいこをは考えずに、頼まれたらシゴトであれボランティアであれ
一生懸命にやればいいんだわ!と、最近開き直れるようになったのですよ。
「いつまでやってるの?」「ホントはもう自信がないんでしょ」
と自分の内なる声が聞こえてきたら
自らを励まし、声を大にして言わなければなりません。

えくぼの君〜


「そんなことないッス!」



スポンサーサイト
Comment:7  Trackback:0
2009
05.22

伊豆はもう夏…

Category: 旅、なニッキ

伊豆に行ってきました。
このところ海を見る機会がなかったので、ずーっと楽しみにしておりました。
海が見られるなら、巡業wでも出張でも遊びでもなんでもいいんです私


同行者はもはや古い付き合いになった友人。
価値観など似てるところがあるので、お気楽な旅です。

200905201112000.jpg
R135はいっつも混んでますにゃ?。はう。


一碧湖の畔にあるホテルで昼食を…

ぺぺろんち〜の〜




お天気がよかったのでテラス席でいただきました。
ここ伊豆ではまだウグイスがないていて、澄んだ空気の中でその声はよく響いていました。

200905201337000.jpg
木漏れ日を浴びて食べるお食事は何倍も美味しく感じられますね?。



夕刻到着したお宿からは海と伊豆大島が見えるはずだったのに
強い南風が吹くと海には靄がかかってしまうそうで、見えません…(泣
でもいいや!車のなかでしっかりと真っ青な海を見る事ができたから♪


夜はとれたてピチピチのお刺身や、金目鯛のまるごと一匹煮付けやしゃぶしゃぶ
12品のフルコースを堪能致しました。

200905201807000.jpg


200905201807001.jpg

これ以外の写真は食べることに忙しくて…エへ、ないです。

最後のデザートまでしっかり頂いて、お部屋に戻ってちょっと休憩。
その後はアロマdeフェイシャルエステを。
リラックスというのはこういうこというのね!と全身で開放感を感じました。
お顔中心のトリートメントだけど、デコルテもやってくれたので肩こりにも効く?。

貸切露天風呂に行ってさっぱりしたあとは「部屋飲み」
夜も更けるまであれこれおしゃべりにいそしんで、あとはコロリンと就寝。

朝は海に昇る陽が見たかったんだけど、やっぱりぼんやりと霞んでいて…
というか、窓越しに光がさしてきてるのに、それを見ながらもウトウトしてたのよね。
もっとはっきり言えば眠くて起きられなかったのよね。あははー。


200905210859000.jpg

この左半分の方が豪華で美味しそうなお料理がたくさんあったのに、撮るのを忘れた…
湯豆腐も焼き魚も、お魚(鯛かな)のお味噌汁も、どれも美味しかったです。
十六穀米をおかわりしちゃいましたです。


なんだか食べる・飲むだけの旅みたいですが、まあそうなんですけど(笑)
ほんとはもっといろいろやらねばなからかったのです!
しかしあれこれカットしちゃったのです。
端折りすぎ!という声が致しますが、まあそこは次回に申し送るとして…

とにかく伊豆は夏に向かっていました。
夏は虫も出るし暑いし、決して大好きな季節ではないですが
なんだかウキウキするような季節が始まる感、があって嬉しくなります。
夏を迎える今の季節が一番好きかもしれません。
何かが始まるのって、やっぱり嬉しいです。

元気になって帰ってきました。
いえ、だいたいいつも元気ですが、さらに元気になりました。
ピアノの練習をしなきゃ!と思いました(笑)


Comment:2  Trackback:0
2009
05.18

朝っぱらから

Category: 未分類
まだ昼にもなってないっていうのに、飲んできたゾ!

そりゃもういい調子でぽわぁ?んとしましたぜ。

つまみはなかったけろ。



・・・だって飲んだのは胃カメラだもの。



過日の大腸内視鏡検査の時にKドクターに勧められたので

本日飲んでまいりました?。





10年ほど前にも一度飲んだことがあったんだけど

それはそれは苦しくて、もうね二度と嫌だ!と心に誓ってた。

涙と鼻水と涎とでえらいことになったんだもん。





しっかーーし、せんせが変わればカメラも変わる。

今日の検査はあっという間に終わってしまいました。

ものの15分ほどで終わってしまい

その後は例のサロン風リカバリ」ルームでゆったりと休憩。

鎮静剤を使っていたこともあって、ウトウトと眠ってしまいました。



目が覚めたら、林檎ジュースとビスケットを持ったナースが

「ゆっくり召し上がってくださいね☆」と優しい笑みを浮かべて立っていました。





そのあとの診察で写真を見せてくれながら

「どこにもポリープも癌もないしピロリ菌もマイナスでしたよ」

と相変わらずの男前ドクターがおっしゃいました。わーいヽ(´ー`)ノ





これで当分検査はないわーい。

今日はこれから家でゆっくりまったりしようっと。



ねる ねる

  

 

  


Comment:0  Trackback:0
2009
05.17

夏インテリア

Category: 未分類
只今「家じゅうをなんとかしたい病」に罹っております。



調べたいことがあって久々にネットサーフィン(死語)をしていたら

インテリア系・グルメ系・旅行系…と、いろんな素敵なブログを発見。

ついつい時間を忘れて見入ってしまったですよ。



ああああええなああああ!!

真っ白な家具で家じゅうを統一してる人がいれば

手入れの行き届いたお庭を披露してる人がいる。

食事に行った先の料理をすっごく上手に美味しそうに画像に残してる。

旅先の風景やホテルの様子も、まるでパンフレットのごと写してござる。



・・・こういう人っているよね。

なんにでも一生懸命で、んで器用で美的センスがあって。



ネットのお友達にも、うっとりするような庭や料理を見せてくれる人がいるし

リアル友人でも「ここホテルですか」な素敵なおうちに住んでいる人がいる。



私はいっつもそんな友達を「ええなーすごいなーえらいなー」と

憧れの目で見ているだけで・・・・

               ・・・・見ているだけで・・・なーんにもしないorz





「お願いごとをするなら忙しく動いてる人に」

なんていわれるけど、それってホントだよね。



時間は余ってるくせに、ぼーーーーっとしてる私のような人間は

人様の素晴らしいところを見聞きして、ただひたすらスゴイスゴイと尊敬するばかり。

自分も見習ってやるぞ!という覇気っちゅーか気合いが足りん。





しかしそろそろ季節は夏。

この重すぎる腰をあげて、なんとかせんといかん。

家のあちこちをキレイにしよう、夏を迎えるインテリアに替えよう。

庭をかわいく、狭さを生かして玩具箱のようにしてみよう。

カーテンを夏仕様にしてクッションも涼しげなものにしよう。

出窓を花でいっぱいにして、洗面所には小さなガラスの花立てを置こう。

・・・ああ、わくわくしてきた!

いろんなブログを参考にさせてもろて頑張ってみよう。















    その前にコタツを片付けよう・・コタツ コタツ Ako




Comment:2  Trackback:0
2009
05.15

ウォーロード ?おとこたちのちかい?

Category: 未分類
「ウォーロード/男たちの誓い」を観てきました。

観終わってさらに「原題、投名状をどーして変えたのよ」と思ったです。



パンフレットを読んだら、内田樹先生が解説のなかで

「warlordというのは私兵をもって地方に割拠した軍人のことをいう、

戦争の道じゃないですよ」


と書いておられました。「War Road」と間違えないでねということですね(笑)



今日も府中のシネコンに行ってきたのですが

本日は「通常料金でプレミアシートにどーじょ」ということで、ラッキーでした[:わーい:]

「プレミアシートは飛行機でいえばファーストクラスなんじゃ」と

鷹の爪団の団長さんがおっしゃっておられますが、まさにその通り♪

飲食物を置ける小さなテーブルと、レバー操作でリクライニングするシートと

前方には足を置く台(?)もあります。

…そんな素敵なとこで上映されてるというのに、お客さん少なっ!!

全部で75席くらいしかないのですが半分以上の空席がありました。もったいない。



200905151555002.jpg

(駅のコンビニでJAVA TEA Green発見!即購入の上、飲みつつ鑑賞しました♪)



えーっと

ここから先は、ネタバレ&金城武迷の暑苦しいハナシになっちゃいそうなので

ぜんぜんへーき♪という方のみご覧くださいませ?。





****************************************************



この映画に出演するにあたって、武ちゃんは思いっきり髭面になりました。

ワタクシはどちらかというとお髭が苦手で、ビジュアル的には

ゴールデンボウルやリターナーの、ちょっと茶色で長めの髪・色白お肌すべすべ…

が好物でございますれば、このようなモジャモジャこぎたな系(失礼)はチョット…

と思っていたのです。ええ、ほんと、ずーっと思ってました。

黄金の玉ですわ!!

(芥川クン、お久しぶりです)



ところが、映画が始まって武ちゃん扮するウーヤンが出てきた時「あれ?」と思いました。

確かに髭面です、しかもお顔が黒?く汚れてる、服もボロボロ。

どあっぷっ!

うるわしき孔明さま

同じお髭があっても、孔明さんのような優男の風情はどこにもありません。



しっかーし、ちっとも汚いと思わないのです。

むしろ泥んこのゴワゴワ服を着こんでいるのに、美しい…

目がキラキラしてるし(これが噂の黒曜石の瞳ですじゃ)表情もイイ!!

これは意外な発見でした。



・・・で、映画そのものはかなり面白かったです。

この「投名状」は1973年に作られた「刺馬/ブラッドブラザース」を下地にして

ピーター・チャン監督が(リメイクではないYO!!と言いつつ)作ったものです。

清朝末期、実際に起きた事件を基にしているそうで、あの西太后も出てきます。

その頃の日本はというと、昔の千円札の伊藤博文さんがご存命だった時代で

西太后にも拝謁したことがあるという、割と最近のお話なわけですなあ。



で、一昨年(でしたか?)「投名状」撮影中という噂を聞きつけたワタクシは

予習をするべく「刺馬」を観る事に致しました。

…しっかーし、近所のレンタル屋さんにはない。

ない=見られない=見るなと言われれば見たくなる=飢餓感が募る=大袈裟…

で、購入致しまして、きっちり観ました!!ええ観ましたとも。

200905151654001.jpg

アリエナイアリエナイアリエナーーイ!!!!!部分も多々ありましたがw

ティ・ロンさんがカコヨクてあっという間に見てしまいました。



でもまあピーターおばさん監督も強調されているように

決してこれは前作のリメイクじゃないんだから、と心新たに鑑賞に臨んだのですが

・・・・

いつまでたってもジェット・リーはちっとも空を飛ばないし

ボールペンで敵をやっつけたりもしないし、相撲取りも出てこないし

せっかくかつての助手と共演してるのに女装もしないし…

いやいやこれは冗談!ジェット・リー、目の演技がすごく良かったです。

この映画ではアクションを封印したというけれど、時折見せる「動き」が流石でした。

ぽよぽよの髪の毛が可愛いだけでなく(あ、だからゴメンってばw)

やっぱりジェットはこうでなくちゃ!な見せ場もしっかりありました。



アンディ兄さんは、飛刀も使わないしマメを撒いたりもしなかったけど

傷男wでトニーさんと夫婦だったシュー・ジンレイさんとご夫婦をやってました。

一番深みのある役と言えばこのアルフという兄さんの役かもしれず

最後はああやっぱりこうなるのね…インパクトある終わり方なのでした。

アンディ・ラウさん、ひそかに三国志の趙雲役もやってたみたいですが

この作品でも堂々たる役者ぶりでした、天晴れ兄さん!という感じでした。



三兄弟(義兄弟だけど)の三男坊、ウーヤンは純粋といえば純粋。

あまりに律儀すぎて青臭い、しかし最後には「投名状に従う男」だったのでした。

武ちゃんに似合う役!と言えるかもしれません。

しかーし、この映画のために頭を部分的に「剃った」というのに

それがあんまり見えないのは何故??

いっつもなんか頭にかぶってるんだもん、一部CG辮髪だって出てこなかったような…。

なんのために剃ったの武!そのせいで、禿○た、とかなんとか書かれたというのに。

お母さんはなんか納得できませんよ武!

もっと頭を、もっともっと見せなければっ!!(ヲチツケ



あ、それからロープで上から降りて来て敵を襲うシーンがあったのですが

ひゅ??んとカッコよく降りた後「すげぇ???俺!!」とは言いませんでしたw

それからそれから、山賊時代に「モノを食べる」シーンがあったんだけど

(山賊ですから、お食事なんてお行儀じゃなくて食べ物にかぶりつくのだけど)

やっぱりいつものお行儀の良さが出ていて、モグモグとちゃんと噛み噛みしてました♪

がつがつとむさぼり喰らう、なんて無理だもんねぇ。

こういうところで素が出ちゃうのよねぇ。…またしても母の心で見てしまいました[:ラブラブ:]





ああ、それからこの映画では武ちゃんの生声が聞けるのが嬉しい!

語りの部分も武なので、なんかずーっとあの低い声を聞けるって感じ。はう。

最後の最後で、ウーヤンはものすごく残酷な方法で処刑される…ことになってたそうですが

大幅にカットされて、その部分は公開されてないみたいですね。

ま、私なんぞはもちろんそんなシーン見たかないですけど、ご本人はどうなんでしょ。

公開前のショットには、ざんばら髪で精魂尽き果てたような武ちゃんがあったはず。

それが多分処刑のシーンだったのでしょう。

見たくはなかったけど、全部カットはちとお気の毒なような。





さて、本編が終わってエンドロール。

ワタクシは最後の最後まで見る&聞く、のですが・・・・

今回の主題歌、アレはあれでいいんでしょうか。

や、私あのベテラン三人組は決して嫌いじゃないですよ。

嫌いじゃないですけど、あの歌をエンドロールに持ってくるって・・・[:ふぅ?ん:]

♪ちかうその胸に?うぉーろーど??、うぉーろーど??!♪って・・・orz





好き勝手なことを書き連ねましたが、

それでも、私レッドクリフよりもこの映画の方が好きかもしれない[:ひらめき:]

何度も何度も映画館に通うかどうかはわからないけど(上映期間短そうだし)

こんなに長く感想を書いてるところからして、好きなんだわねきっと。

次回作が決まってない(でしょ?)武ちゃんを、しっかり見ておきたいという

いつもの迷の思いなのかもしれないけど。ああ、切ない。

だってシネコンで、あっち見たら孔明さんコッチ見たらウーヤンなんてアータ!

その前は、あっちには平吉さんコッチには孔明さんだったんですものアータ!!

・・・こんな嬉しい時は過ぎ去っていくのよ。

         そしてまた長い氷河期がやってくるんだわ。

それまで来月に発売されるK-20のDVDでも見ながら耐えることにしましょう。

(さあ皆さんご一緒に・・・)

              

            「そうしましょう!」












Comment:9  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。