--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
03.31

サクラ満開

Category: 未分類
花散らしの雨と風で、せっかくの桜が散ってしまいそう。

今朝は肌寒くて、ファンヒーターの前をウロウロしてしまいました。



先週の河口湖はコートが要らないくらい暖かだったのに、今日は雪だとか。

さっきのニュースで仙台の女子高生が「コートをクリーニングに出しちゃったので・・・」と

寒そうにしてました、今日お誕生日のムーコちゃん風邪ひくなーケーキ



そんな今日は娘と区役所に行ってきました。

学生で収入のない身分ながら、年金を払ってね♪という書類が届いたので

その手続きをしに行ってきたのでした。二十歳だし?国民の義務だしね?。



たまには歩こう!ってことで隣町までテクテク歩きました。

歩きながらお花見、ってのも乙なもんです。



080331_143427.jpg



・・・・でも寒かったあさくら












スポンサーサイト
Comment:3  Trackback:0
2008
03.29

健康診断

Category: 未分類
毎年まじめに健康診断を受けています。

今日はその結果を聞きに行ってきました。

これまでの病院は、人間ドック専門フロアーで検査&問診も専門の先生だったのですが

今回は近くのクリニックに行ってきました。

(だって以前の先生は投げやりな口調ですごーく威圧的だったんですもん)



結果どこといって悪いところもなく、強いて言えばBMIの数値が・・・ホッホッホ。

血圧もちょいと高めですが別に気にすることはありません、体重を落とせば・・・ホーホホホ。



年を重ねていけば悪いところも働きの鈍くなるところも出てくるでしょう。

そこはそれ、だましだまし機嫌とりつつ労わりつつ

いや私の場合は叱咤激励しつつか、とにかく元気出して暮らしていこう!と思いました。



思えば今日でワタクシも49歳。

あと1年で花の五十代に突入です。

かっこいい五十代になりたいなあ、颯爽としててそれでいてかわゆくて

そんで好奇心旺盛で行動的で・・・全部はもちろん無理でも、努力しよっと。



さーて夕食はなんですか?

夫が今日は仕事に行ってしまったので、夕方駅で待ち合わせする予定です。

一昨日の娘の誕生日と合同で、どこかで誕生会をしてくれるそうです。

楽しみだなー。





・・・・・しかし、「絶対」と言っていいほど彼はなんのプランも立ててません。

駅で会ったらきっと「どこいく?何たべたぁい????」と聞くに違いない。

根回しだの準備だの、そういう計画的なことは全く出来ない人なのです。



なので今夜は焼肉屋さんに行こう、と娘と相談しています。

バースディに焼肉!いいじゃないですか。

肥満度もコレステロールも、んなことは明日から考えます。



ではではそろそろ出掛ける準備でもしようかな。

今コタツに入ってるワタクシの隣でくーくー寝ている娘がいるのですが

まずはコヤツを起こしてから・・・[:パンチ:]


Comment:8  Trackback:0
2008
03.28

ホテルばなし

Category: 旅、なニッキ
先日の小旅行ではホテル選びを失敗したワタクシですが
年に何度か外泊(ふふ♪)をしていると時には大感激する宿と巡り合ったり
「怒!!!」なトコに当たったり致します。
あと最近はないけど「怖っ!!!」なお宿に入ってしまったこともあります。





.....(※ここから先、怖がりな人は読まない方がいいかもしれません)......







霊感があるとかないとか言いますが、それがどういうことなのか解りません。
解りませんし、スピリなんとかってのにも興味ありません。
宗教も持ってないし(うちの実家も夫の実家も浄土真宗ですけど)
科学的に解明出来ない心霊現象云々ってのもよくワカリマセン。

・・・が、ごくたまに信じられないようなイヤな思いをすることはあります。
特にホテルなどで。
なんだか入った途端「・・・いやん」なする部屋に通された経験って、ありません?

何年か前に行った某温泉の某ホテルはホントに怖かった。
なんだかだだっぴろいお部屋で、10畳ほどの洋室ベッドルームがひとつと広い和室
和室に続いて洋間部分があり、そこにも2台のベッドが。
家族3人が泊まるにはちょっと広すぎる間取りで、それでいて滅法お安い。
これはどういうこと?なんかあるですかこの部屋。
と、あれこれ思う間もなく、一歩入った洋室ベッドルームに漂う「イヤな感じ」。

もうね、なんだか知らないけどオトコノヒトの気配がするですよ部屋の隅っこに。
そこに当時中学生だった娘がひとりで寝ると言う。
やめなさいよーコッチの和室で皆で寝ようよー、と止めるも
その頃反抗期真っ只中だった娘は、断固として一人寝を主張する。

夕食を済ませて就寝する時間と相成り、夫と私はツインのベッドに
そして娘は件の独立した洋室のベッドルームに。
しこたま飲んだお酒の酔いも手伝って、ワタクシは割りと早く寝付くことが出来ました。

が、深夜3時頃でしょうか、なにかの気配で目が覚めました。
・・・・・居る。なにかが居る。私のすぐ横に。私の左側に。
夫は右側のベッドでスースー寝ているというのに、左側から人の息遣いが聞こえる・・・。

硬直したカラダを励まして左側に目をやると、そこには窓があったのですが
カーテンの隙間からこちらを見ているぼんやりとした男性の顔が。
部屋は3階だか4階で、外に人が立っていられるわけがありませぬ。
ぞーーーーっと全身に鳥肌が立って、私は夫に助けを求めました。
「び、び、ビール飲まない???」

こんな時に「パパ~怖いよ~!」と言ってしまうと、ますます怖くなってしまうし
下手すれば大声で叫んでしまうかもしれない。
深夜に騒いではイケナイ。それくらいの自制心はあったようです。
寝ぼけ眼の夫は仕方なくビールを口に運んでおりましたが、
2杯目を飲まずにベッドにもぐりこみ、幸せそうな顔で寝てしまいました。
私は部屋の灯りを消さずに、和室でずーっとビールを飲み続けていました。
もうベッドに戻る勇気はありませんでしたもの。。
もちろん件の窓のほうには視線も遣れませんでした。

そーっと娘の寝ている部屋に行くと、こちらも幸せそうな顔で熟睡中。
初めに感じた妙な気配もなく静かなものです。

やっと明けた朝。
私にとっては長ーーーーーい夜でした。

フロントで夫がチェックアウトしてる時、傍にいたお部屋係りの女性にそっと聞いてみました。
「私たちの泊まったお部屋、なにかありました?」
女性はちょっと驚いたようでしたが何も言わず、ただ深々とお辞儀をしました。
肯定も否定も、いやそれよりも「なにか、とは?」と聞き返しもせず
ただ黙って頭を下げている様子を見て、私はもう何も言えませんでした。

今ももちろんそれが「なに」だったのかは謎のままです。
決して古い旅館でもサービスの悪いところでもありませんでした。
でも、もう二度とそこには行きません。だって怖いもん。

長々と書いてしまいましたが、このハナシは何人かの友人にはしたことがあります。
後で夫にも娘にも話しました。
娘は怖がってましたが、夫は「ふむふむ」というだけでした。
(この手のハナシには全然恐怖を感じない人であります)

なんで急にこんなことを書いたのか、自分でもよくわからないのですが
ハッキリ言ってしまえば「今日のネタ」がなかったんですね♪

今日の記事を読んでイヤンな思いをした方がおられましたらお詫び致します。
そしてまた「そのホテルがどこなのか教えてほすぃ」という方がおられましたら
メールを下さいまし(笑)




Comment:4  Trackback:0
2008
03.27

今日も書くわっ!

Category: 未分類
「毎日見に行ってるのに、ちっとも更新してないじゃん!

 昼寝ばっかりしてないでちゃんと書きなさいよっ!!」

・・・多少脚色しましたが、旧い友達から上記のような趣旨のメールが来たので

今日もちゃんと書くことにします。エッヘン。



死神・千葉ちゃん

昨日のニッキでもちょっと触れましたが、一昨日「死神の精度」を観てきました。

金城武6年ぶりの日本映画!ですが、前回「リターナー」のような

派手なアクションも銃撃戦もないし凄いCGもありません。

(薔薇が枯れるシーンはありましたが、チョトお粗末でした・・・)



................(※以下軽くネタバレあり)..........................







静かに始まった教会での葬儀のシーン。

黒のタキシードが、長身でスタイル抜群な武ちゃんに似合ってます。

ああ髪もほどよく長くて、私の苦手な髭面でもない・・・と思ったら

アレレ?なんですか武さん、ちょっとお顔がむくんでません?

車の新聞広告で見た「むくみ気味武ちゃん」を彷彿とさせるような。

34歳という年齢はやっぱりフェイスラインをちょいと崩すのかしら?

しかも小さな女の子に「おじさん・・・」なんて呼ばれてるし。

などと、40代も後半崖っぷちアチコチたるみまくりなワタクシは厚顔にも思いました。



しかし80年代のターゲット(小西真奈美さん)と接触すべく、短髪になって登場した時には

スッキリしたお顔になっていたのでちょっと安心。



この作品のテーマは「特別じゃないけど大切なもの」。

当たり前に過ごしている日常の中に潜んでいる「死」と、当たり前に明日に続く「生」。

誰もが普通に暮らしていれば感じない「明日が来る」という幸せ。

死神・千葉は問いかけます。

「君は死ぬことについて、どう思う?」



もちろん私たちが生きているこの世界で、死ぬことや生きることを誰かに判定されるなんて

そんなことはあり得ないのだけれど、なんとなくこの映画の中では納得出来てしまう。

今日が無事に過ごせて明日が来るということは、もしかしたら誰かの大いなる意思では

ないのかしら?なんて、そんな気持ちになってしまいました。

生き続けている途上で、あれこれ不満を言ったり落ち込んだり劣等感にさいなまれたり

そんなことはもしかしたら、とても不遜なことじゃないのか?なんて

そんなふうにも思えてしまったのでした。おお、なんと素直なみゆこちゃん。



この映画は3つのお話に分かれていて、それが最後で纏まっているのですが

最後のシーンで死神の千葉さんは初めて青空を見ることが出来ます。

人の一生がこんなふうに納得して終われるのならいいな、と思いました。

富士純子さんの貫禄と、ベテランらしい演技がそう思わせてくれたのかな?



ちょっとまぶしそうな顔で、晴れた空と海を見つめている武ちゃんは

最初のムックミン武のイメージを祓って、穏やかで素敵でした。



.....................................................



今回は娘と一緒に観にいったのですが、彼女の感想は「ふむ」という短いものでした。

途中何度か声を立てて笑っていたので、それなりに楽しんだのでしょう。

帰りにパンプスを買わされましたが、これは本日27日が二十歳の誕生日であるので

前倒しバースディプレゼントであって、決して「付き合ってくれたお礼」ではありませぬ。

そこんとこの念押しをしておこう。





・・・なんか今夜はパソの調子が悪いです。

まだちょこっと書きたいこともあるのですが、それはまた明日にでも。

明日???おお、明日も書く気満々じゃありませんか!!






Comment:2  Trackback:0
2008
03.26

ともだ?ちよコレがわたしの?♪

Category: 未分類
毎日書かなきゃ日記じゃありません!!

みゆこさんいいですか、ちゃんと毎日書くのですよ。

・・・と小学校の担任の先生はおっしゃいました。

よいこのみゆこさんは、当時は毎日ちゃんと日記も書きましたし

「こどもニュース」の感想文も書いて、毎朝提出しておりました。



このニッキについても確か一昨年「ちゃんと毎日書くどーっ!!」なんて

誓ったハズなんですけども。ああ、この続けられない性質は治らないなあ。



ま、そんな怠惰なワタクシですが、一応忘れないうちにこの1週間程の出来事を

書き記しておくことに致します。かなり忘れちゃってるけども。



両親との旅を終えて帰宅してから、たまってた仕事を片付けて義母のお墓参りをして

車を点検に出して庭掃除を(夫が)して、それからえーっと。何したんだっけ。



そそ、22日から一泊で家族旅行をしてきました。

娘と私のプレ誕生日会を、本格的な春休みが始まる前にしよう。

3月の下旬は夫が入社式等々で忙しいので、その前にやっちゃおう。ということで。

一泊なんで近いところに、と河口湖に行くことにしました。

(河口湖には母と一月にも行ったんだけどねぇ)



080322_122225.jpg

甲斐の国「武田神社」です。

宝物殿には風林火山の旗が収められていました。



お昼に甲州名物のほうとうを頂いて、河口湖の「オルゴールの森」へ。

ここには何年か前にも来たことがあるのですが、なかなかお洒落で素敵なところです。



080322_154200.jpg

水のハープです。音が聴こえてくるような気がしました。



暗くなる前にホテルに入ろうということで、予約しておいたリゾートホテルへ。



ホテルのサンルームからの景色だYO

ホテルのサンルームからは木立が眺められて開放感がありました。



・・・でもこのホテルを選んだのは失敗。

広々としてはいるんだけど、それだけ。

リビングとサンルーム、二つのベッドルームは新しくしたみたいだったけど

お風呂も洗面所も古い。薄汚れた感じで照明も暗い。

水周りがこれでは・・・はあ?orz



食事はイタリアンのコースをお願いしていたんだけど、なんとも中途半端なお味。

サービスも「・・・。」な感じだし。まいっか、ホテルのハナシは。

リピートしなけりゃいいだけのことだし。・・・うん。



で、翌日は富士サファリパークに行ってきました。

080323_123336.jpg

きりんやライオンが目の前を横切って、きゃーきゃー♪

娘に運転を任せて、親二人コドモのように大騒ぎしてしまいました。



で、そんな一泊旅行だったわけですが

この旅に出かける日は「SweetRain 死神の精度」の公開日。

初日には武ちゃんの舞台挨拶があるということで、心は激しく揺れ動いていたのです。

当日券のネット抽選もあったのですが、これはその当日行けないのがわかっていたので

初めから諦めていました。でも・・でも・・・とココロはやはり揺れていたのです。

そんな時に「行きませんか?」とお声をかけて下さった優しい方もいらして・・。

ああ本当に嬉しかったです。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

せっかくのお気持ちをお断りしてしまってゴメンナサイ。

そしてありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>





で、遅ればせながら昨日25日に観にいってまいりました。

日本語を話す武ちゃんに感激しつつ、やはり彼はスクリーンに映える人だなあと実感。

決して派手な映画ではないと思うけど、静かに穏やかに観賞する映画だと思いました。

この「死神の精度」についてはまた改めて・・・。



んで、本日26日は健康診断に行ってきました。

毎年この時期に行くのですが、やはりちょっと億劫なものです。

終わってホッとしますた。





・・・・♪これがワタシのここ1週間とチョットのシゴトならぬニッキです♪

オチもなにもないのですが、備忘録として書いてみました。


































Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。