FC2ブログ
2006
12.17

お出掛け、な日々

Category: 未分類
もともと出不精な私がますます引きこもるのは冬であります。

なぜならばリビングにで?んと鎮座するコタツ[:ぴかぴか:]が呼ぶのです。

中にお入り、身も心もぽかぽかになるわよ。休まるわよ。ささ、いらっさい。



身も心もぽかぽかにはなるけれど、ぽてぽてのぷよぷよになります。特に身のほうは。



これじゃイカン!と、先週はけっこう出歩きました。私にしては珍しく。

月曜は仕事だったので家におりましたが、ガラス磨き[:王冠2:]もしました。えっへん。



水曜日はMゆみちゃんと高輪のホテルに行きました。

ちょっと早いMゆみちゃんのお誕生会です。

軽めのフレンチを頂きましたが、なかなか美味しかったのでした?。

ワインも私好みの辛口で、ついついおかわりしちゃいまして。

・・・それが災いしたのか、ワタクシは軽い貧血に見舞われました[:ムニョムニョ:]

思わず客室をリザーブして、そのまま泊まってしまおうかなどと思ってしまったほど。

しかしそこが主婦の悲しいサガでありまして、ロビーのソファにぐったりと座り込みながらも

目の前のフロントには聞かず、こっそりとケータイの楽○トラベルで空室を探したりして。

しかしさすがの○天でも1人一室18,000円、などというお値段しかない。

・・・・・・・・・もったいない[:ニョロ:]



ということで気合を入れて血圧を上げ(笑)なんとか復活しました[:モグモグ:]

で、ちゃんと電車で帰ってきたわけですが、この電車でも乗り物酔いをしました[:撃沈:]

いかんなあ、このところアレがナニなのでこうなって貧血になるんだなあ、と実感。

そういえば先月、昼間に飲んだシャンパンでも具合悪くなったなあ。

悪酔いというわけではなく、目の前が白くなる貧血(お酒のせいにはしたくないらしいw)

う?む、お年頃のせいかしら[:ピピピ:]



金曜日にはクルマでたまプラーザに行って来ました。

野暮用を片付けたあとデパートめぐりなんぞをしました。

夕暮れになったら街がクリスマスカラーに染まって、美しいこと![:ツリー:]

さすがにドラマのロケ地として人気のある住宅街です。

我が家の近くの畑の風景とはエライ違いでありますよ。むふ?。



で、翌日の土曜日は友人とその娘さんとウチの娘と4人での忘年会でした。

新宿で待ち合わせしてイタリアンを食べて、カラオケ屋さんに。

安上がりな忘年会です。でもお気楽で楽しかったのでした。

先日のことがあるので、一切のアルコールを口にせずオーダーしたのは梅昆布茶[:湯のみ:]

これ美味しいよね、ちょっとしょっぱめだけど香りが良くて。ほほほ?。



その後友人Yさんは麻布十番のご自宅に。

Yさんの娘Aちゃんとウチの娘、おとぼけ女子大生コンビは我が家に。そのままお泊りです。

夜は近くのスーパー銭湯に行き(私は人様に晒せないバディなので家の風呂へw)

あとは深夜まで娘の部屋でボソボソしゃべっていたようでした。



あー、すごい、こうやって書いてみたらけっこう出歩いてるじゃありませんか!

おかげで2キロばかり体重が減りましたわ奥様。

この調子で続けていれば、年明けにはナイスバディになるんじゃありませんこと?









・・・・でも疲れますね[:たらーっ:]

今コタツの中でこれを書いてるんですが、これっていいですねえやっぱり。

(隣で夫がく?く?言って寝ております)

これを書き終えたら、ワタクシも夫と共に夢の世界に参る所存です。



というわけで、皆様おやすみなさいまし??[:あっかんべー:]・・・[:zzz:]
Comment:0  Trackback:0
2006
12.11

んー、って感じ

Category: 未分類
このところ懐かしい知人友人と会う機会があるんだけど

そしてその都度なんか考え込んだりするんだけども・・・・

かすかな自己嫌悪っていうのかな、そういうものを感じるんです。

自己嫌悪っていうのとは違うかな?(違うんかい!)

なにかがちょっとズレてるって言ったらいいのかもしれません。



先週の土曜日に旧い友人と三人でプチ忘年会をしたんですが

皆さんなんかすごーくしっかりしてるんですよね。

いい年なんだから当たり前なんだけど、いまいち会話がかみ合わない。



他の人がバリバリ仕事してるってのもあるのかなー。

平日に旅行したり飲みに行ったりデパート行ったりするのなんか

信じられない!って顔をされちゃうとなー・・・

「あーごめんなさい、もう言いません」って感じになっちゃう。



健康の話や子供の就職先なんかの話をしてる時に

金城武の映画バナシなんかしたらスルーされちゃうし。

親を看取る話や夫の愚痴もいいよ、大事な話には違いないさ。

家のローンの話だって子供の学費の話だって、保険料のことだって大事だよ。

だけどなー、そればっかりじゃなあーーー。



仕方ないんで飲むことに専念してたら

「アンタはいいよね、親も元気だしご主人も物分りいいし子供にも手がかからないし

 いっつもぼけ?っとした顔してて嬉しそうだもんね、シアワセよね?」

「だから太るのよ?」・・・・って、それちょっと言いすぎちゃうんかと。

ま、本当のことだから仕方ないんだけどもさ。



帰りに娘が(夫を隣に乗せて)クルマで迎えに来るんだ、って言いにくかった。

甘えすぎだのワガママだの過保護だのって言われちゃうもんなー。

・・・言われたけど。



そりゃ確かに私は甘ったれだと思うよ。

だから言葉にも気をつけて、妙なことを口走らないようにしてたさ。

働いてないお気楽人間といわれても、へえへえそうです?スイマセン、ってね

ちっとも小さくないカラダをちっちゃくしてたさ。



ネットやオフ会の話をしたって、は?なにそれ?って感じだし

なんかさぁ・・[:ぶー:]話がちっともかみ合わないんだよね。

自分の日常を否定されてるような気さえして・・・。

旧友だからって全部解りあえるわけはないんだろうけど。





そういえば前にF市のKっちさんと二人で蟹をしばいた時の

「なんかめっさスッキリ感、あたしたちコレでいいんだよね感」を思い出してました。

価値観というかワガママ度というか、そういうものがピッタリ合ってると

ものすごく気持ちよく素の自分でいられるんだよなあ、と実感。

彼女とはそんなに長?い付き合いではないんだけど、すごく楽なんだよね一緒にいると。





旧友たちに「新年会もやろうね!」って言われたけど、当分いいや。

女は段々と人付き合いが面倒になるイキモノだ、って何かで読んだけど

それって当たってるかもしれない。

自分を飾ったりお利口に振舞ったり、無理して真面目ぶったりしなきゃダメな人たちとは

あんまり会いたくないな、というのが本音。



こうやって世間を狭くしていくのかもしれないけどさー。

どんどん自分勝手になっっていっちゃうのかもしれないけどもさー。

開き直って図々しくなるのは避けたいけども、やっぱりさーーー。





・・・・気楽なのがいいや[:困惑:]






Comment:4  Trackback:0
2006
12.08

もいっかい!

Category: 未分類
ウィンター・ソングを見てきました。



今回はもうね、ただただ画面を惚けた顔で見つめておりました。

ん?、やっぱり武ちゃんは美しいわ。

前回にグダグダと感想文を書いたので、今回はもう「[:ラブ:]」感覚で。

字幕をあまり気にしないで、作品に没頭(というより武ちゃんにw)してました。



ムーコさんが発見した「切れてない豆腐を箸をちょんちょん」するシーンまで

しっかり目に焼き付けてまいりました。

いやだぁ、武ちゃんかわゆいったら、もぉ[:ラブラブ:]



クランクインした「刺馬」のご面相があれですので

はい見慣れたとはいえアレですんで、あれはあれでいいんですけどやっぱりアレなんで

この映画の美しさをしっかり覚えておこうと。





・・それにしても学生時代の林くんは、ちょっとコトー先生に似てません?









ああ、今夜も武り?むが見られますよ?に。

ふん、ふふふん(ご機嫌[:るんるん:])
Comment:0  Trackback:0
2006
12.06

夫婦は一日にして成らず

Category: 未分類
いいふうふの日ってのは、もう終わったんですが

本日はふと思いついて「夫婦のおはなし」



ワタクシ達夫婦は来年で20年になる夫婦なんでありますが

仲はまあまあ良い方だと思います、はい。

どちらかの忍耐力のおかげというハナシもありますが、はいはい。



まだ一緒にお風呂にも入ってます。

あ、これはねアヒルのおもちゃを持って入浴するのと同じでありまして

決してみだらな関係ではありません。

そんなことは誰も聞いていませんか、いませんね[:たらーっ:]



それにしても夫婦っていうのは、なんとなく他人にも解るような

独特の「夫婦間の空気」というのがあるもんなんですね。



いつだったか、ふたりで温泉に行ったときのことです。

娘は合宿で留守だし、どうせだったら悪戯心を出してみようか、ってことになりました。

伊豆の温泉宿で、[:マル秘:]不倫ごっこをしよう、と。



夫は妻子持ちの中年男、ワタクシはちょっとだけ年下の愛人、という設定。

人目を避けて伊豆の宿、遣らずの雨がふたりを濡らす

ぬるい燗酒あぶったスルメ、ああ今夜はふたりきり・・・・


なーーーんちゃって、ソレいってみよう!と張り切っておりました。



部屋に通されて、仲居さんにお茶を入れてもらいながら

「不倫ごっこ」のはじまりはじまり?[:ぴかぴか:]



・・・・・でも一瞬でばれてしまいました。仲居さんは大笑いです。

「へ?愛人関係とか不倫とかには見えなかったですか?」

「見えるわけないですよー、思いっきりご夫婦じゃないですか[:ムード:]」

「そうなんですか・・・結婚指輪もはずしたんですけどねぇ」

「そんなことしてもダメダメ、夫婦には夫婦の雰囲気ってものがあるんですよ[:ムード:]」



そっか、そうなんだ、夫婦の雰囲気ねえ。なるほどねえ。

夫とワタクシは大いに納得し、一瞬で終わってしまった不倫ごっこを惜しんだのでした。

もうちょっと遊びたかったんですけどね。



でも何年もかけて作った夫婦の雰囲気とやらを、大切にしなきゃいかんですね。

いや、たまには夫も大事にしなきゃですけど。わははー。
Comment:2  Trackback:0
2006
12.05

・・・ん?

Category: 未分類
いや?、見慣れたらなかなかいいじゃないですか武ちゃんのニュースタイル[:ぴかぴか:]



ん、いいじゃん



ま、ガッツ小笠原氏がつるん顔になったことだし

武ちゃんがこういうお姿になっても、いいってことよ、ね。

(なんの関係があると?[:イヒヒ:])



新作「刺馬」の為になら、山賊の役の為だったら

まあ今までの美しいだけの金城武じゃダメかもしんないよねえ。

荒々しくても品は失わない、ヒゲもじゃでもキレイ(・・・ちょっとキツイけど)という

そんな新しい一面を見せてくれることでしょう。





 実は昨晩、どういうわけか武ちゃんと結婚する夢を見たわけで。

 途中あまりの嬉しさに目が覚めて、続きを見ん!と、再度寝たら

 ちゃ?んと続きが見られたんだー。

 香港(何故か台湾ではない)のホテルの大宴会場で、ものすごい数の来賓と

 山のような料理に囲まれて

 「あたしたちホントに結婚するの?」と聞くワタクシ。

 「当たり前だろ」と、低い声で答える武ちゃん。

 

起きてからも、ウットリしておりました。

こんなの久しぶりだわ武ちゃん。夢を見ると、また熱が上がるってものよ。

※こういう夢を「武り?む」といいますww



そんなわけで、もいっかい「ウィンター・ソング」を見に行ってこよっかな[:ウィンク:]
Comment:6  Trackback:0
back-to-top