FC2ブログ
2006
09.09

庭掃除っ!

Category: 未分類
伸びに伸び育ちに育った庭の雑草をなんとかしたい!

ここ何日もそう思い続けてきました。



今日は薄曇りだし気温も・・いや結構暑いんですが

一念発起してジャングル化した庭に分け入りました。

といっても、もんのすご?く狭い庭なんですが。



放置したままだった紫陽花や、あちこちに節操なく枝を伸ばす椿

どんどんはびこるアイビー、巨大化したヤツデ

もうね、遊びに来た野良猫が出られなくなるような有様でした。



軍手をはめ、庭掃除用具一式を取り揃え

蚊を撃退すべく長袖長ズボン、首には濡れタオル

殺虫剤と電池式の蚊取り器を携えて、いざ出陣!!



格闘すること2時間半・・・土が顔を覗かせました。

やれやれ、これでなんとかフツーの庭らしくなった。

蚊にさされた首筋をポリポリ掻きながら、腰をのばしました。



「あーーー、キレイになったよ、頑張ったよーー!」

と、満足そうな顔をして家の中に入ってきました。



・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・夫が。





へ?私?

私はホレ、家の中であれこれやることがあったので

居間から時々庭を覗いては

「がんばれー、がんばれーー」と応援をしておりました。



・・・・・・・だって虫だらけだし。

セミの死骸なんかあったら大騒ぎしちゃうし。

娘はバイトだし。





ま、炎天下のゴルフ場よりはマシでしょう。

シゲちゃんお疲れ様。

冬になったら私がやるからね!庭掃除[:よつばのクローバー:]






Comment:3  Trackback:0
2006
09.08

ここでお答え致しましょう

Category: 未分類
えー、↓で書いた9/6のニッキについてメールを頂きました。



このニッキを読んで下さる方から、時々メールを頂戴することがあります。

今回もそのような「感想メール」かと思って、ワクワクしたのですが・・・

感想といえば感想なのでしょうが、どっちかというとイチャモン系なんですね、はい。



そのままにしておいてもいいんですが、まあお返事を書かないのもアレかと思い

しかし返信しようと思っても、どこの誰かまったく解らない名無しさんですし

(もちろんHNでメールを頂くのはちっとも構わないんですが

 この方の場合は、なんというか匿名では卑怯でしょ?って感じなので)

「今日のニッキ」としてお返事をしたいと思います。



まあ、それにしても質問事項の多いこと・・・[:たらーっ:]

なので質問に答える形式でいってみたいと思います。

その方からのメールを全部ここにコピペすれば早いのですが

それはやはりマナー違反かなと思いますので、アレンジして書いてみます。

(回答は少々キツイ文体になるかもしれませんがごめんなさいです)



   [:きのこレッド:]   [:きのこブルー:]



?子供を育てたり親を介護したり、な人は尊敬するというが

 例えば子供が居なかったり、親と没交渉な人たちだったら軽蔑するのか?

 そういう人はあなたの友人の仲間から排除されるのか?


そんなことはありません。子供を育てたり親を・・「だから」尊敬するのではなく

人それぞれの暮らし方の中で、精一杯やっているという姿勢を尊敬するのです。

「○○だから好き」「○○じゃない人は嫌い」というような単純なことではありません。

あなたの論理は「ウチの犬は大きくて逞しくて強いから好き」という人に対して

「では小さくて弱々しい犬は嫌いなのか、そのような犬は捨てるのか」

と言っているようなものです。そういうのを「揚げ足取り」というのです。



?キティちゃんのハンカチを持っているというが本当か?

 本当だとしたら、無理に自分を演出しているのかアホなのかどちらかだ。

 それとも可愛さをアピールしているのか?


もうね、笑っちゃうような質問だけど、真剣に答えましょう。

あなたにアホだと思われても一向に構わないんですが、キティちゃんのハンカチは持ってます。

「キティちゃん持ってるのよ?」な作り話をしてどうなるというのでしょうか?

リアルな私を知っている人なら皆さんご存知ですが

私は観光地などで売られているミニタオルが好きなのです。

キティちゃんがいろんなモノに変身していて楽しいし、何より水分をしっかり吸うので

たいへん便利に使っております。それ以上でもそれ以下でもありません。

ついでに言っておくと、私はサン○オの回し者でもありません。



?周りの人は皆いい人だと言うがうそ臭い。宗教か何かにこっているの?

ニンゲンを50年近くやっていれば、当然いい人にも嫌な人にも巡りあいます。

長い間友達づきあいの出来る人もいれば、途中で消えてしまう人もいて当然。

今でこそケンカなどしませんが、昔は友人同士で激しいケンカもしました。

それでも逆にそれでスッキリして、もっと仲良くなる人もいました。

(・・って、私は幼稚園児に話しているんですかね?)

要するに、今現在私の周囲に居てくれる人は皆ステキな人ばかりだ、ということです。

ならば嫌な人は淘汰したのか、と言われるかもしれないけど、そうではありません。

あなたに友人がいるのなら、じっくりその人たちの顔を思い浮かべてみたらどうですか?

長く続いている人もいれば、何年も音信不通の人がいるんじゃないですか?

第一私が「いい人だなあ」ということに、あなたがうそ臭いと言わなくてよろしい。

それから宗教は、個々が自由に信ずるものなので私は何も言いません。

ただし私はいかなる宗教も持っておりません。実家は浄土真宗ですが。



?「やればできる子」と言われて喜んでいるようですが

 友達はあなたを馬鹿にしているか、嫌っているんだと思う。

 それに気がつかずに、記事を書いていることがかわいそう。


高慢で高飛車な人間になるくらいなら、友人たちから馬鹿だと思われる方がいいです。

もっとも私も中学生時代までは鼻持ちならない高慢少女だったのですが。

そういう人間はダメです。おまえ何様だよ、とそれこそ周囲に嗤われます。

バカはバカを演じることが出来ないが、賢い人間はバカを演じられるといいます。

そんな人間を目指したいと思っています。

友達が私を嫌っているかどうかは、私の承知するところではありませんが

初めてこのブログに来て9月6日の記事を読んだ、というあなたに

かわいそうだと同情されなくて結構です。



最後に、毒舌を吐けるというのは根底に愛があるからだし

自分をさらけだすのは相手に警戒心がないからです。

少なくても私は、ここに来てこんなつまらない記事を読んで下さる方たちに対して

正直ありのまま思ったとおりのことを伝えたいと思っています。

それが誰かの逆鱗にふれたり不快感を与えた場合には、謝罪せねばなりません。

しかしあなたに「優等生すぎる」とか「偽善的だ」と言われる覚えはありません。



私に直接「あんた調子良すぎるよ」と言ってくれる人や、厳しい指摘をしてくれる人もいます。

有り難いなあ、改めよう、と思うこともしばしばです。

しかしいくら私が「偽善的」で「優等生」であっても(笑)

どんな人のどんな意見も聞くわけではありません。

その基準が、その相手を尊敬出来るか出来ないか、だと思っています。



・・・・ということで、ご理解いただけましたか?

というよりも、理解してもらおうとは思っていませんが。



それから次にメールを下さる時には、せめてHNだけでも書いて下さいね。

それが礼儀というものです。

はなしはそれからだスットコドッコイ!ということでございます。



それではこれで。



   [:きのこレッド:]   [:きのこブルー:]



普段のニッキを読んで下さっている皆様には、お見苦しいものをお目にかけました。

どうぞお許し下さいまし。

明日からは通常のニッキに戻りまーす。

(って、書くのか?ちゃんと明日も書くのか?ここんとこサボってばかりなのに)



でへへ?[:たらーっ:]




Comment:11  Trackback:0
2006
09.06

いろんなヒトがいる。

Category: 未分類
先週の土曜日に4人の友達と会いました。



1人はすぐ近くに住んでいるので結構会うのですが

他の3人とは、なんと30年ぶりの再会でありました。

なにしろ高校を卒業してから一度も会っていません。

皆それぞれ別々の大学に行って、同じ東京には住んでいたというのに

ただの一度も会ったことがなく電話も、年賀状さえ出しても頂いてもいない、という・・

クールな関係だったのであります。

ま、そういう人たちを「友達」と呼ぶべきなのか「ただの知人」なのかは謎ですが。



ひょんなことから「集まろう!」ということになって

千葉から横浜から東京は某区のはずれから、有楽町に集合したのでした。



いやーー、びっくりしました!

なにが、って皆さんの変わってない様子がですよ。

だって30年、30年といえば、本日めでたく誕生されたやんごとなき方のような

生まれてほやほやの赤ちゃんが三十路に入るという年月ですよー。



それなのに、皆さんちーっとも変わらない。

なんでだ??秘薬でも飲んでるのか?



それよりも驚いたのは、皆それぞれが立派に活躍しているということでした。

しっかり子供さんを育て上げて結婚させていたり、親達を介護したり見送ったり・・

それでいて仕事も持っている、という。



ワタクシのように日々をのんべんだらりんと送っている人間はひとりもいない。

皆の話を聞きながら「ホウ!」「ほほう!!」と、梟になっているワタクシは

ひとり浮いていたのでした。・・・・プカリ。



でも皆、優しいので

「みゆこは変わらないわ?!まだキティちゃんのハンカチ持ってるし?」

「あ、ほんとだ。高校の時にも持ってたよねえ」

「このハンカチ、ご当地キティちゃんっていうの?集めてるの?」

「いっぱい集まってよかったわねえ」

と、お声をかけてくれるのでした。わーい。



・・・[:たらーっ:]・・・[:ひやひや:]・・・[:たらーっ:]





でもね、私って幸せだな?と思うのは、いつもこんな時。

自分にない部分を持った友人知人と話して、いろんなことを教えてもらえる時。

才能や経験や考え方や仕事の仕方などなど・・「かなわないな?」と思えて

その相手を尊敬できる時。ほんとに幸せだ、と思えます。

時には自己嫌悪を感じることもあるけど、卑屈になるほどには神経が細やかじゃないし。



・・・[:ラッキー:]・・・[:わーい:]・・・[:ウィンク:]



それにしても、私の周りの人たちは素敵な人ばかりです。

全員を尊敬してると言っても決して過言ではないし、へつらいでもありません。

月曜に会った友人もそうですし、再来週会いに行く友人もそうです。

皆さんパワフルで勉強熱心で行動的で、そして美しい。



そんな友達を見回して「すごいすごい」と連発しているワタクシは

パッとしない根性無しですが、感心ばかりしていないでそろそろ頑張りたいものです。

とりあえず和室の大掃除をしました。

ぜんぜん大したことじゃないけれど、少しだけすっきりしました。



30年前の同級生に「やればできる子でしょ?!」と帰り際に言われたのを胸に

家のことも仕事も遊びも、いろんなことをがんばろうとおもいます。



・・・それにしてもこのセリフって、励ましなんだろか?

それとも「ヨシヨシ」ってあやしてもらったんだろか・・・・。



・・・[:たらーっ:]・・・[:ひやひや:]・・・[:たらーっ:]


Comment:6  Trackback:0
2006
09.01

夏のたび

Category: 未分類
8月27日から3泊4日で旅行に行ってまいりました。

行き先は私の両親の住む北陸と、その帰り道の愛知県。



この頃歴史モノに凝っている夫が、お城探訪をしたいというので

帰りに犬山城にも寄ることにしました。



20060901_242752.jpg



今回も両親の隠居所には泊まらずホテルをとりました。

齢重ねて、あれこれ世話をするのが困難だと母は言うのですが

なんのことはないメンドクサーなだけなようです(笑)

ま、そのほうがこちらとしても気楽なのですがね。



夕食はピチピチのお魚を食べさせてくれるお店に行き

それはもうお腹いっぱい新鮮なお魚やサザエを頂きました。

その時の画像がないのが残念でなりません・・・

それくらい食べることに没頭していたということなんですにゃー。



食事が終わったあと両親を送るのは、今回から娘の役目です。

今までは夫か私、どちらかが飲まずにいたわけで

お酒にぴったりなものばかりを前にして、おあずけ状態だったのです。

が、今回はほんとに楽でした!

両親を送り届けてからホテルに戻るのも娘の運転。

まだまだ緊張でカラダは固くしていますが、運転のほうはまあまあです。





さてさて3日目には福井市にある柴田神社というところに行きました。

ここはもと北ノ庄城があったところで、柴田さんとはもちろん柴田勝家のことです。







ビルの間ではありますが、なかなかの面構えでお座りしておられる柴田氏。

その近くにはお市の方の銅像もありました。



そのあと朝倉遺跡に寄って犬山に向かいました。





(真ん中に写っているのは知らない人です・・)



ものすごーい暑さで、ハラホロヒレハレ状態だったのですが

頑張って天守閣まで登りました。

そこから見た景色の素晴らしいことと言ったら・・・もう暑さもふっとびました。









で、そこから明治村に移動しまして、ひとときのタイムスリップを楽しみました。







夏目漱石の居宅まであったりして、名前はまだない猫もいたりしました。







京都の市電どす?



「京都の市電」に乗り込んで、入鹿池を眺めつつ自然のなかを行くのでした?(ウルルン風)



日も暮れてまいりまして、閉園時間もせまりましたので名古屋に移動することに。

一家揃ってオキニの名古屋東急にチェックインし、何はともあれシャワーですっ。

スポ根ドラマのように汗をかいていたものですから、ええ。



名古屋市内は何度も行ってるので観光はパス?!で、翌日は帰京しました。

この地に生息しておられる某ZR嬢に会えなかったのが残念でした・・・。

名古屋にはね、ほんとに泊まるためだけに行ったんだからね。

時間がなくて連絡も出来なかったのだよ、たいへん失礼しますた。





そんなこんなの駆け足3泊4日旅でした。

よく食べよく遊び、親孝行の真似事もして、楽しい4日間でありました。







ぬいぐるみの「あーちゃん」も楽しかったそうです?♪

主婦の「みゆちゃん」は、山のような洗濯物に思いを馳せていたのでした??♪♪
Comment:0  Trackback:0
back-to-top