--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
08.22

れ、みぜらぶる

Category: 未分類
夫がゴルフコンペで優勝致しまして、賞品を頂いてまいりました。

今年になってから調子がいいようで、80台で回れるようになった?[:ラッキー:]なんて

喜んでいたのですが、今日は特に喜んで帰ってきました。



「ママにもってこいのモノだよぉ」と言うので、どれどれと包みを開けてみたら

タ○タのInnerScanじゃありませんか。

あー、これ欲しかったんだよねー、ありがとー・・・・と素直に言えないオンナゴコロ[:ひやひや:]



だってさー、否応なく現実と向き合うってことでしょコレ。

前からある体脂肪計は手で掴むタイプのもので、あんまり正確じゃなかったし

デジタルの体重計と相性が悪いワタクシは(だって重く計測されるんですもん[:ニョロ:])

昔ながらの針が数字を指すタイプのを使ってたんです。



でも、今日からはコレ。

体脂肪も内臓脂肪も筋肉量も基礎代謝も測れるんですよー。

ダイエットモードにすると、チャンス日まで教えてくれたりするしー。



20060822_237357.jpg



それで早速乗ってみました。



いやーーーーーーーっ!。・゚・(ノД`)・゚・。





・・・・・また太ってる[:がく?:]

体脂肪なんて有り得ないほどある。

カラダ年齢は51歳ですって!!!!



[:ムニョムニョ:][:ポロリ:][:ムニョムニョ:][:がく?:]





・・・・・・・・・・・夫よ、ありがとう。

こんな素敵なものを、このくそ暑い中でクラブを振り回してくれて

その成果としていただいてきてくれたのね。

嬉しくて泣けてくるわ。ええ、ほんとに[:ニョロ:]



これで今日からダイエットを再開することにします。

毎日計ることを約束します。ええ、今度という今度は本気ですわ。



それにしても、この機械壊れているんじゃないか、と一瞬疑ったのですが

私のあとに計測してみた娘の結果を見て、正常だということがわかりました。



あー、あんなによく食べる娘なのに、体脂肪もちょっぴりだし筋肉量は多いし

体重なんか私よりずーーーーっと少ない。

夫も私より5キロも少ない。



ほんとにやばいわコレ。

なんとかしないとワタシ。

生活の見直しからはじめなきゃだわ。



・・・・・・今夜はショックで眠れないかもーーーー。

いや、寝すぎなのも太る原因か[:眠たい:][:眠たい:]わははー
スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2006
08.21

海の向こうから

Category: 未分類
Kちゃんはアメリカ人の夫君とハワイに住んでいる旧友です。

昨年思い切ってマンションを購入したそうで、オアフ島に根をおろすことにしたらしい。

二ヶ月に一度くらい電話がかかってきて、トロピカ?ルな話題を提供してくれます。



二度も大病をしたのに、毎日のウォーキングとジム通いを欠かさず

海を越えて運んだピアノの練習も欠かさず、3年前には大学にも入学し

とにかく前向きで元気な40歳なのです。



どこかの誰かさんとは大違いです。すみません。



そんなKちゃんが珍しく暗い声で言うには、日本に居るお母様が亡くなったとのこと。

あれこれとやるべきことは山積みだろうけど、何から手をつけたらいいのかしら?

ねえ、私どうしたらいい?何をしたらいいの?



離れて住んでいる親が病気をしたり亡くなったりするというのは

避けられないこととはいえ大変なことです。

ましてや時差さえある海外にいて、急死を伝えられたら・・

Kちゃんの心労はいかばかりか、と私も胸が痛みます。



とりあえずご葬儀の準備などなどは叔母様がしてくれるというので

Kちゃんの出来ることは落ち着いて帰国することよ、と言ったのですが

果たして落ち着いて行動できることか。



昨日までなんでもなかった日々が、一瞬のうちにひっくり返ってしまうのは

もう何度も経験済みではあるけれど

友人の泣きそうな声を聞くのはつらいものです。



そっと受話器を置きながら、彼女が日本に居る間に

せめて何かお手伝いをしてあげようと思ったことでした。

友達というものは、幸せな時よりもキツイ時のほうが必要なものだと思うから。



ハワイより、東京は暑いだろうな・・・。














Comment:2  Trackback:0
2006
08.19

今日このごろ

Category: 未分類
ひゃー、今日も暑かったですー。

熱帯夜が明けると、もう30℃を越す気温とギラギラの太陽。

なんかぐったりしてしまう一日の始まり・・ああ、残暑厳しいですねー。



わたくし冷え性で寒がりなので、夏は嫌いじゃなかったんです。

でも日焼けはするわ虫は飛ぶわ髪は乾燥して傷むわ・・で

最近は冬のほうがいいなあ、と思っております。

ま、冬になればなったで夏が恋しくなるんですが。



27日から遅い夏休みで、ちょこっと旅に行く予定です。

両親の顔も見に行かねばならないので、それも兼ねての家族旅行。

それまでに片付けることも多々あり、そうそうエアコンの真下でぐったりも出来ません。



それにしても最近の精神状態の悪いこと・・・。

自分でも時々いやになります。

なんかイライラしちゃうんですよ、イライラ。

これまで腹を立てることはあっても、イライラねちねちはなかったのになー。

いかんなー。



これって更年期のアレなのかしら?

いやいや、そういうもののせいにしてはいかん。

では、わたくしにイライラさせる人物やらモノゴトのせい?

いやいやいや、それも違う。そういうことを言ってはいかんです。



原因はさだかじゃないけど、とりあえず旅にでも行って

海を見てくることにしよう。

ココロが潤いを失くしてるんですな、きっと。

武ちゃんの映画公開が近いというのに、その記事も書いてないしー。

新作映画についての期待も薄いしー。

F4のDVDも借りてきてないしー。

熱が冷めてしまったわけでもないのに、なんかときめかない・・・。

こんなことではいかん、いかんよなあ。



それとワガママ病。

あ、これは生れ落ちてからずっと罹ってるか。



ほんの短い休日だけど、それを楽しむためにも

ちょいと頑張って働くとするか・・・うん。
Comment:3  Trackback:0
2006
08.15

お断り致します。

Category: 未分類
何度も何度も愚痴らせていただいておりますが、本日もありましたセールス電話。



「奥さん、今ね?原油の投資家を募っていたんですがぁ?」

「・・・・」(今の事がなんで過去形なんですかぁ???)

「奥さん聞いてますぅ??いいお話なんですよぉ?」

「・・は?」(男のくせに語尾を伸ばすな、いや女も伸ばすな)

「たったの20がぁ??、一ヶ月で200になるんですよお」

「・・・・」(語尾に『お』をつけるな、おまえはvipp(rya か)

「聞いてます??」

「20とか200とはなんです」

「え?20万が200万になるってことですよ、お金ですよお金」

「・・・・」(極道もんじゃあるまいし、金額は正しく言え)

「すっごく儲かるんでぇ?、興味ないっすかぁ?」

「ございません」

「えぇ?今までやったこともないんすかぁ?」

「過去にもございませんし、これからも致しません」

「・・・へ?お金、要らないんですかぁ?」

「必要ございません、よってお断りいたします」

「なんかさぁ・・・変なの」

「・・・・」(変?変とはなにか!無礼な)

「えーっとですねぇ」

「とにかくお断りいたしましたのでこれで電話を切ります、失礼」

ガチャン・・・[:むかっ:]



最近わたくしは「必要ない、断る、失礼」で、セールス電話に対応しています。

そして電話を切ったあとは速やかに『着信拒否番号』に登録します。

新しく買い換えた電話機がなかなか賢くて、イヤンな相手からかかってきた時には

「迷惑でんわ」のボタンをぽちっとすると撃退できるそうです。

しかも自動的にその相手の番号は着信拒否リストに入るとか。

うーん、親切な電話機じゃありませんか!



これまでは、悪質なセールスには断固として立ち向かうぞ精神でいたのですが

そして相手に「申し訳ありません」と言わせるまで、丁寧にお相手していたのですが

この電話機に替えてからすごーく楽になりました。



まあね、セールス電話の主だとて仕事でかけているんでしょうし

あんまりな対応をするのもアレですからね。

低めの声あーんど切り口上で「要らぬ、断る、御免」

んで、涼しい顔で着信拒否、コレですね[:イヒヒ:]



それにしても20万円出すと、一ヵ月後に200万円ですってよ!

そんな馬鹿なハナシがどこにあるっていうんでしょう。



ほんとはね、怒鳴りたかったんですよー



「そんなに儲かるんだったら、人に勧めずにオマエがやれーーーー!!」


Comment:0  Trackback:0
2006
08.15

イロイロと想ふ

Category: 未分類
墓参に行き義父たちと食事に行き、掃除をし洗濯をし買い物に行く。

特に変わりばえのしない日を送ってはいるが、それなりに考えることはあって。



ヒロシマとナガサキの日があって、今日は終戦記念日。

今こうして何気なく生きている日常が、なんと沢山の人たちの命の上に成り立っていることか。



「敵」はいつでも「味方」の裏返しであって、自分たちの周囲の「味方」だけが

決して正しいのではないことを、改めて考えさせられる。

自分達が間違っていないと思えば思うほど、その逆を云う人たちを「敵」と呼ぶ。

その「敵」にとっては、こちら側が正しく敵であるというのに。

そうやってニンゲンという生き物は、なんと愚かな戦いを繰り返して来たのだろう。



幼い子供がゲーム機を握りしめて「敵」を打ち落とすソフトに興じているのを

親は黙って見ていてはいけないような気がする。

闘いとは喧嘩とは、己も相手も痛み、そして相手の傷を目の当たりにすることだと

広い場所に連れて行って教えてやるべきだと思う。

一方的にコチラ側が唱える主張を、なんの疑いもなく正義だと言うのは危険だと

子供のうちから教えてやりたいと思う。



偏らず依怙地にならず、冷静に。

この時期、我が家では真面目な議論をする。















いつもいつも水をかけるようなケンカをしているわけではないのだ[:汗:]




Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。