--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
06.23

近況など

Category: 未分類
またちょっとサボってしまいました、でへへ[:たらーっ:]



毎日梅雨空が続いておりまして、朝の天気予報を信じて大物を洗濯すれば

いざ干さむ、と思う頃に雨が落ちてきたり。

「こちらお台場は曇っていますが、これから晴れ間が出ますぅ?。

 東京は梅雨の晴れ間・・」ってアンタ、こっちはもう降り出してますが?

いくら畑があったり野鳥が飛んできてても、一応ここだって東京なんですけど[:ぶー:]



そんな日が続いているのですが、月曜日はえーとお稽古が混んでいまして

その合間にご飯の支度やらなんやらで、結構忙しかったのでした。



で、火曜日は・・そそ、デートしました[:ラッキー:]

もう4年ものnet友達なのですが、お会いしたのは初めてで。

新宿の小料理屋さんとカラオケに行ったのですが、それはそれは楽しかったのでした。

初対面というとワタクシけっこう緊張するんですが、今回はそれほどでもなく

ビールで喉をしめらせたのがよかったのか、いやいや相手の方のお人柄によるものでしょう。

楽しいミニミニオフ会でありました。

オフ会といえば、ここしばらくやってませんねえ。

(もはやリアル友達となった人と会うのはオフ会とは言いませんな[:あっかんべー:])

まさとさんと合同のオフ会をしたのはもう何年前でしたっけねえ。

またお会いしたいですなあ、皆様と。



で、水曜日は・・・なにしてたっけ?

あ、そうだ。頼まれ内職があったのでそれをやってました。

肩はバリバリで百回くらいため息をつきまして・・・・まだ出来ません。

締め切りは来週なので、それまでにはなんとか・・・・・はあ[:困惑:]



で、木曜日はお稽古、んで今日は午前中お喉の病院、と。

最近出されるお薬が漢方なのでちょっとイヤン。

錠剤じゃないと飲めないんです、とも言えない小心者なワタクシ。

ってゆーか飲もうよ、いい大人なんだし。



そそ、ここんとこ娘が自動車学校に行ってまして。

もうすぐ路上教習らしいのですが、緊張しつつも喜んで通ってます。

でも信号で停止し発進する練習の時に

「うちの母は赤は停まれ、黄色は行ったれって言うんですよ」

と言うのはやめなさい!教官も笑ってはいけません。

ってゆーか、母の恥をあちこちで言いふらすものじゃありません。





そんな日々であります。

明日は土曜日ですが特に予定もないので、また内職に励みます。



オチがないので久々に武ちゃんの写真でも飾ります。





横顔萌え



やっぱり男前ですなあ。






スポンサーサイト
Comment:4  Trackback:0
2006
06.19

育ての達人(?)

Category: 未分類
20060619_202416.jpg



蘭の花が咲きました。

どこかに打ち捨てられていたのを、夫が頂いてきて

せっせと育てておりました。

今にも枯れそうだったのに、今年ようやく花を咲かせました。



「うちに来る子はカメであれなんであれ丈夫で大きく育つ」

とは夫の弁。



毎日声をかけてあげてお水とご飯をあげれば

皆すくすくと育ってくれるそうです。





・・・しかし夫よ、ワタシの腹周りを見ながら

こういう台詞をつぶやくのはやめてくれないか。

 
Comment:8  Trackback:0
2006
06.16

高砂やぁ?

Category: 未分類
えー、本日はご報告があります。

実はオレ、結婚しました。



え?極秘?極秘なわけないじゃないですか。

結婚する時は堂々と、誰はばかることなく

発表しようと思ってたんだ。





[:よつばのクローバー:]   [:よつばのクローバー:]

 



・・・・・・・・・・・・・なーんちゃって[:イヒヒ:]

ワタシなんぞ、結婚してもう20年近いっちゅーのに。



冗談はさておき、本日の結婚報告は我が家のイモ武と

ムーコさんちのイモ子さんとの結婚です。

いやぁ、めでたい[:祝:]なんともめでたい。





それではこの日のために最高に美しく着飾ってくれたイモ子嬢をご紹介します。





イモ子さん、美しすぎる・・・









ムーコさんお手製のヴェールに身を包みブーケを抱えた

ちょっと恥ずかしげな、そして清純な姿には

イモ武ならずとも心がときめきます、萌えます。



ああ、イモ子さん待っていたよ、この日を!

と、イモ武は胸のうちでつぶやきます。





pic_0522.jpg


ところがムーコさんのご報告によりますと

なんとこの可愛らしく幸せそうなイモ子さんの

命の灯火が消えそうだというのです。



ああ、なんという運命のいたずらでしょう。

ようやく結ばれたふたりを引き裂いてしまうなんて!



このふたりの赤い糸は切れてしまったのでしょうか。

いや、赤い糸ならぬ赤い蔓か。



ムーコさんも仰っているように、これはまるであのドラマじゃないですか!







でも

でも

でも・・・



花嫁の命の灯が消えてしまっても、愛は消えません。

永遠の愛、というものは確かに存在するのです。



・・・・・ただし、おイモ界に限ってw









それでは両名並んで、皆様にご挨拶いたしましょう。



[:ラブ:][:ラブ:]                            [:ラブ:][:ラブ:]

イモ子さん、美しすぎる・・・pic_0518.jpg

[:ラブ:][:ラブ:]                            [:ラブ:][:ラブ:]









あら、並んで・・と言ってるのにふたりともどうしたの?

恥ずかしがってるのかしら。かわゆいわね。





・・・・ごめん、ワタクシの力が足りなくて

どうしても横並びにならない・・・(つД`)








何はともあれ、ふたりは永遠の愛を誓ったのです。

明日からはまた、それぞれの家で暮らすとしても。

寿命つきて枯れてしまおうとも。



結婚式こそが大切なのです。

その日の誓いだけがこそがホンモノなのです。



何故ならば、年数を重ねるほどに愛は、愛は・・・・・・

いろんなモノに姿を変えてしまうからです[:ニョロ:]www





                       ・・・・経験者は語る。
Comment:3  Trackback:0
2006
06.14

鍛えよう!

Category: 未分類
DS-Liteが来てから、毎日脳を鍛えております。

大して効果があるようには思えないんですが

つまり相変わらず物覚えは悪いし、早合点はするし

なんか失敗だらけの日々なわけなんですが・・・[:がく?:]



「ぶつ森」と「クッキングママ」は、もっぱら娘専用です。

ぶつ森は母もやりますが、クッキングママはリアルライフでたくさんです[:たらーっ:]



で、もっぱら「脳トレ」と「えいご漬け」をやってるんですが

けっこう熱くなっています。

特に脳トレにおまけでついてる細菌撲滅に。

これは往年のドクターマリオなんですなー、懐かしいぞー。

昨日は「難しい」にして9面までいけたけど、なかなか難しい。



あと「名曲演奏」昨日はリストの愛の夢でした。

・・・・・・できん!弾けん[:!!:]

なぜならば、こんな譜面じゃないからだーーーー!!!!

くっそー、指で弾かせろ指で[:ぶー:]

・・・・・・と吠えては家族に叱られております。



で、現在のワタクシの年齢は31歳です。

実年齢よりも若いとはいえ、まだまだです。

鍛え方が足りません、もっともっと鍛えねば。



「えいご漬け」の方は、まあまあです。

単語を意外と覚えていることに、ちょこっと驚いたり嬉しかったり[:ポッ:]

今のところBadはナシです、わははははー。

(ってまだ低レベルだけどー)



「ぶつ森」は先日通信をしました。楽しかったなー。

香具師の・・もとい・・ヤシの木も生えたし実もなったし[:わーい:]

また遊んでもらおう。





そんなこんなな日々。。。。

ゲーム大好きお仕事嫌い、な誰かさんみたいだー[:ひやひや:]ほほほー。


Comment:0  Trackback:0
2006
06.10

待合室にて。

Category: 未分類
金曜日は耳鼻咽喉科の日[:病院:]です。

で、今回の診察で

「ずいぶん声の出が良くなりましたね[:るんるん:]」と言われて嬉しかったのですが

この年になって、学生時代のようにコンコーネを歌わされるのは

ちょっと・・いやかなり恥ずかしいものです。

あ、コンコーネって声楽の練習曲集ね[:ウィンク:]



だって待合室にはお子様連れのお母さんとかお年を召した方とか

とにかくいろんな方がおられるわけで、皆さんに聞かれちゃうんですもの。

・・・・・・上手いならまだしも・・・・[:ポロリ:]





今日書きたかったのはそのハナシではないんです。

待合室に居た小さなお子様を連れたお母さんのお話。



2組のお母さんがおられまして、ともに顔見知りだったようで

時にむずがるお子様をあやしながら、世間話をしておりました。

もちろんすぐそばに座っているワタクシにも、そのハナシは聞えてくるわけで。

なんのお話かというと、夜泣きの悩み、でした。



一時間おきに泣くのでちっとも寝られない。

どうして泣くのかわからなくて、自分のほうが泣きたくなる。

朝早くから仕事に行くパパに申し訳ない。

寝不足のせいで体調が悪い。。。。などなど。






そのうち私の隣に座っていたお母さんが

「すみません・・騒がしくして」と、申し訳無さそうな顔で言いました。

向かいに座っているお母さんとの会話が迷惑ではないかと

気にしたみたいでした。



「いえいえ、ちっとも騒がしくなんかないですよー」

ワタクシはとっておきの笑顔で言いました。

聞けばその女の子は1歳10ヵ月、向かいの女の子は2歳になったばかりだそうです。



夜泣きって親の方がつらいですよねー、と声をかけると

隣のお母さんの顔がパッと輝きました。

「あなたのお子様も夜泣きなさったんですか?」

向かいのお母さんも身を乗り出してきました。



「ええ、してましたとも。1歳半くらいから2歳過ぎまで

 毎晩毎晩泣いていました」そう答えると

「どうやって直ったんですか?」と異口同音に聞いてきました。



で、その当時かかりつけだったお医者様に相談したら

「おかあさん、夜泣きって赤ちゃん自身が本当に哀しいんですよ。

 だから優しくダッコしてあげてくださいね。

 夜泣きをする時期なんて短いものです。

 二十歳になって夜泣きをするなんてハナシは、ないですからね?。

 ボクも小さい頃夜泣きをした覚えがあるんです。ええ覚えてるんです。

 その時の心細さと母の暖かかさは、今でも覚えているんですよ

 今しかない、と思ってゆったりした気持ちでダッコしてあげて下さいね」


と言われたことを、ふたりのお母さんに伝えました。



真剣な顔で聞いていた彼女たちは深く頷いていました。

「じゃ大丈夫ですね、いつか直るんですものね」

「そうですね、ちょっとの間ですよね」

そう言いながら、有難うございました、なんて頭を下げてくれました。



「で、そのお子様は今おいくつなんですかー?」

「もう夜泣きはまったくしないんですか?」



いやいやいやいや、ワタクシがそんなに若く見えますか?

ないないない、そんなふうに見えることなど絶対ない。

これはお世辞だ、社交辞令だ・・・・けどちょびっと嬉しい[:チューリップ:]





それにしても、夜泣きを卒業した娘は

その信頼できる大好きなドクターが閉院してしまってから

まだ一度も病院というところに行っていない。

数えてみたら幼稚園の年長の年から大学1年の今まで

一度もお医者様のお世話になっていないというのは、すごいかもしれない。



夜泣きの時期なんてほんの一時期。

そしてママ?と甘えてくるのもほんのひと時。



たくましく育ちすぎた娘を見ていると、嬉しいやら淋しいやら

親というのは勝手なイキモノよのう、としみじみ思います。



だいじにしてね、一番手がかかる時期が一番可愛いんだから。

夜泣きに苦しむ、若いお母様たち[:ウィンク:]
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。