FC2ブログ
2006
06.07

怒るときには怒ろう。

Category: 未分類
違法駐車取締りの民間委託が始まったわけですが

さっそく暴行で逮捕された人が出たそうで。

まあ起きるだろうとは思ってたけど、やっぱりね・・・

いろんな意見はあるだろうけど、民間に委託しなくてはもうダメなんです

だってみんなあまりにもひどい駐車違反するんだもの


というのは激しく納得できます。



自分勝手な理由でクルマを停めて、さらに放置してしまう。

それはいけないことです、断じて。厳しく取り締まるべきです。



ところでウチの近所には最近やたら道路がふえました。

竹林だったところとか畑を整地して工事してると思ったら

立派な道路が出来上がったりしているのです。



で、そのおニュー道路にトラックやダンプカーがしょっちゅう停められてるのです。

アタシはそりゃ新参者だけどさあ、そんなにバンバン停めないでおくれよ

というNEWROAD(キャバレーみたいだ[:ワイングラス:])がの声聞えてくるようです。



横断歩道はあるけど信号がないもんで、渡る時にすごく危険です。

大型車の陰に隠れて、走ってくる車が見えないんですもん。

何度もヒヤリとしたことのあるワタクシは、この取締り強化策に期待してたわけなんですわ。



これで不法駐車もなくなって広々2車線道路になってくれるのね!

と思っていたわけですが・・・・・





変わりません。ちーっとも変わらないんです





相変わらず無料駐車場を決め込んでる輩は、車内で昼寝したりしてるし

横断歩道ギリギリに停めたオッサンはなんか食べてるし!



今日もね、私その横断歩道を通ったですよ。

私の前をお年を召した女性が歩いていたわけですよ。

確かにね、横断歩道を渡る時には左右確認を怠っちゃいけません。

で、その女性はキョロキョロあたりを見渡しておられました。

でも違法駐車してるダンプが視界を狭めているわけなんです。



ゆっくり歩き出した女性と私、そこに左から乗用車が走ってきました。

あわてて立ちすくむ女性と急ブレーキをかける車。

そして車内のオバハン(こういう時にはオバハン呼ばわりでいいのだ)

「ちょっとー、危ないでしょっ!」という怒声。



ちょっと待てオバハン、横断歩道の前では歩行者がいるかどうかを

しっかり確認しなければならないのだ、自動車学校で習っただろうが。


と、私は言いました。ええ、言いましたとも。

最近大声を出してないので、鬱憤がたまっていたわけじゃないっすよ[:たらーっ:]



そしたらそのオバハン

「見えなかったから仕方ないでしょ!あ?邪魔ジャマ!!」とのたもうた。

まあ確かにそうかもしれない。

大型車のせいで乗用車の運転席の視界が悪いのはわかる。

だからってオバハン、その言い草はなかろう!



・・・・あ、もう走り去ってしまったか。んにゃろ。



では、おまえだダンプのおっさん。

車内でなんか食ってる(こういう場合は食ってる、でいいのだ)オッサンに私は問うた。



汝はここで何をしてるのか、いくら中に乗ってるからってここは横断歩道の脇だ。

交通法規にあるんではないか?横断歩道の辺りには駐車しちゃいけないって。

おまえさんのせいで人が危険な目に遭っておるのだ、どういうつもりか。




オッサンはなんかひとしきり文句を言いました。

言い訳でもない問いに対する答えでもない、それは文句そのものでした。



ああそうかい、そういうふうに文句を言うかい。

だったらワシも穏やかには言わぬぞ、覚悟はいいかオッサン。


というような意味の言葉をワタクシは述べました。



結論から言うと、そのオッサンはそれからすぐ素直に発進しました。

排気ガスをたっぷりワタクシに吹きかけていきましたが。





それにしてもここら辺には民間委託取締りの人は来ないのでしょうか。

六本木とか渋谷とか、そういう繁華街にしか現れないんでしょうかね。

畑だらけの住宅街であるここら辺は軽んじられてるのですかね。





・・・・それにしてもなあ、いつか大事故が起きそう[:汗:]

その時になって初めて慌てても遅いんだけどなー。



ってことで、ここにも来てください取り締まりの人!
Comment:8  Trackback:0
2006
06.04

猿がいた

Category: 未分類
20060604_194445.jpg



夫の付き合いで買い物に出かけたら、猿がいました。

大した芸はしなかったけど可愛かった。。



注意事項として「目を合わせないで」というのがありまして。

なんでも目を合わせると、喧嘩上等!だと思わせちゃうみたいです。



「・・・似てるね」

と、小さくつぶやいた夫の声を聞き逃さなかったですぞワタシは。



・・・ぞれにしても最近アウトレットばっかり行ってるなあ。

もう正規のお値段では買えない体質になっちゃったのか?[:たらーっ:]












Comment:5  Trackback:0
2006
06.03

超絶男前っ!

Category: 未分類
キッチンの出窓には時々思い出したように花が飾られます。

特に花束を頂いたあとなどは、贅沢で豪華なお花を飾って

料理中や洗い物中の目の保養にしております。



でもそうたびたびお花を頂けるはずもなく

だったら買えよ!という声も聞かれるんですが。。。[:イヒヒ:]



で、キッチンの野菜カゴの中や冷蔵庫の隅っこから

時々野菜をつまみ出して、水栽培をしてるんですが。



ある日ムーコさんの日記を拝見していたら

さつまいものイモ子ちゃんの記事があったのです。



まあなんというラブリーなお姿でしょう[:ラブ:]

すっかりイモ子ちゃんに魅せられたワタクシは、彼女のムーコ・・もとい・・

ムコ殿にすべく、我が家のさつまいも君にイモ夫と名付けて水栽培を始めたのです。



是非とも超絶男前な観賞イモに育てて、晴れて結婚[:ぴかぴか:]

なんてことをね、考えていたわけですよ。



で、本日はその経過報告であります。



じゃじゃじゃじゃぁ?????ん[:るんるん:][:るんるん:]











20060603_193624.jpg



どうです?

こぶりながら、なかなかの男前ではありませんこと?



まだ武にーさんのような長身でめっさスタイルのいいオトコにはなってませんが

それでもこの元気いっぱいの様子はどうです、なかなかでしょう?





このまま大事に育てて、アジアの宝と呼ばれるほどになったら

ムーコさんちのイモ子ちゃんとネット結婚式を[:かわいい:]!!!



なーんてことを勝手に考えております。



でもこのイモ夫くん、誰かさんに似てあまり働き者じゃないかもしれませんな。

結婚してもゲームばっかりやって、嫁を泣かせるかもしれませんなあ。



ま、とにかくもうちょっと様子を見てみましょう。

待っていれば、もっと美形で漢なおイモに育つやもしれず

待っていれば、いつかTVや雑誌や映画やバラエティに出てくれるかもしれず



・・・いや、後者のほうは望み薄だな[:あせあせ:]







[:植物:]   [:花:]   [:植物:]

【追伸w】



今ちょっと過去のコメント欄を探して読んでみたら

4月のムーコさんとのやりとりの中で

『今さつまいもを育てていて・・中略・・名前はイモ太郎』

と書いてあることに気付きました。



わはは、いつの間にか名前が変わっておったわ!

ま、イモ太郎でもイモ夫でもどっちでもいいんですけど。。



でも一応ちゃんとしておかないと、イモ♂に失礼なので

ここで改めて名前をつけようと思います。





イモ武(いもたけ)





いいか、今日からおまえの名前はイモ武だよ。

ぼーーっとしてないで、ちゃんと仕事をしなさいよ。

でなきゃ育てのお母さんはF4のKENちゃんオンリーになっちゃうよ。

葉っぱをしっかり伸ばすのよ、フサフサボーボーでつよw




Comment:12  Trackback:0
2006
06.02

沈黙は金なり・・?

Category: 未分類
何年か前からずーっと気になってたんだけど

・・・・・・・・・高い声が出ない[:てれちゃう:]



普通に地声で話したり歌ったりするのは無問題なんだけど

ちょっと高めの音域に入ると、途端に声が出にくくなる。

んで、声が割れちゃう。



いえね、別にワタクシは歌手じゃないんですけど

でもカラオケに行った時とか、お稽古の時の音出しだとか

んで地方巡業んときの弾き語りとか、まあ困ることは結構あるんです。



ちゃんと検査しなきゃなー、でも怖いなー

なんて、ここ2年ほど密かに悩んでいたわけです。



で、この1週間くらい前から、嚥下が困難っていうんですか?

水やお茶を飲み込む時に、激しい違和感があるんですわ。

ごくり・・・って感じでね、気合で飲み込まないと

喉のどこかにひっかかるような感じが続いていたわけです。



んで、今日ようやく重い腰を上げて耳鼻咽喉科に行ってきました。



このクリニックはうちの近所なんですが、とにかく評判のいいところで。

すぐそばに日本でも有名な音楽大学があるせいか、声楽科の学生や

すでにプロになった声楽家さんたちから引っ張りだこだという。



ネットで調べてみても、かなり期待出来そうなドクターです。

そういえば娘が小さい頃に、ここで一度健診を受けたような覚えがあります。



ともあれ勇気を出してその耳鼻咽喉科の門をくぐってみました。







[:おてんき:]   [:くもり:]   [:おてんき:]   [:くもり:]









丁寧な問診から始まって、ものすごーく時間をかけての検査がありました。

最近の器械ってやっぱり凄いですね。

なにしろ自分の声帯を動画で見られるんですから!



低い声や高い声、地声やファルセットを指示されるままに出して

んでそれを撮影する、というものすごーい器械!





で、結論としては・・・・「ポリープですね」





それも裾野の広い、柔らかめのぶよぶよしたヤツらしいです。

これが固いと癌の心配もあるんだけど、とは先生の弁。



で、飲み込みにくいのは、逆流性の食道炎からくる腫れ、だそうで。

そういえば何週間前かに、頂き物の高級緑茶を飲みすぎて胸焼けがしたわい。

で、それは心配ないですよ?とのこと[:ラッキー:]





まあ、ポリープのほうは半年を目処に経過を見て

あまり変化がないようだったら手術ということも・・・とのことで。

週に一度通院することに相成りました。



で、大声もダメ過度な飲酒ダメ煙草もダメだそうで(当然ですな)





なので皆様、今のワタクシは控えめで物静かなんですのよ。

口数も少ないし、もちろん怒鳴ったりしないんですの。



ま、あれですわ優雅な貴婦人のごとき風情ですわ。ほーっほっほ。









でも家族に、こうだったああだったと話したら夫いわく



「ポリープまでぷよぷよでポチャポチャしてたの?」









・・・・・・・・悪かったわね![:ニョロ:]
Comment:2  Trackback:0
2006
06.01

また行っちゃった(^^;

Category: 未分類
伊豆ってやっぱり好きだわ。



だいたい一口に「伊豆」って言っても、いささか広うござんすからね。

西も東も、そして中伊豆も、それぞれに趣ってもんがありますやね。



・・・で、今回は中伊豆は吉奈温泉です。

(って私は12chの旅番組のリポーターかい)



平日に出掛けられるというのは、まあ贅沢といえばそうなんですが

まずオヒマな人しか参加できないんですね、はい。

いえいえ、今回同行してくれた人たちがヒマジンだなんて

そんなことを言ってるわけじゃないんですよ、ジョン!(違



ま、前置きはさておき参加者は主婦3人。

富士の裾野の社長婦人かおりっちと、先日もランチご一緒したわねご近所みふみと

まー!つい先日も熱海行ってたんじゃないのワタクシであります。



こっちからみふみと二人で東名をかっ飛ばして、一路『クレマチスの丘』へ。



友人の間では「目的地には絶対に一度でたどり着けないみゆこ」

と兼ねてから評判のワタクシ。

ご期待を裏切らず、散々迷って到着致しました。

ハラハラさせたみふみ、ずーっと待たされてたかおりち、ホントにすまんかった[:冷や汗:]



いやいや、それにしてもなんて素敵なところなんでしょう!

クレマチスの丘、最高でした。







石釜で焼きたてのピザを頂いて、緑の香りのする風に吹かれて

あーーーー、いい気持ち!!



腹ごなしに散歩と洒落込んだワタクシたち・・だったはずなのですが

なんだかクレマチスの丘じゃなくて自然公園の方に迷い込んだらしく

傾斜地を降りるわ上がるわ、けっこうハードな散歩になりました。



でも、その公園にはあふれる緑がありました。

そして素敵な吊橋もありました。



山のつ?り橋ぃ?(古



ちなみに吊橋を揺すられて怖がる人は誰もいませんでした。

三人のうちひとりくらい「いや?ん、やめてよ??!」「こわぁ?い」

って言わなきゃ揺する意味がないっちゅーの[:イヒヒ:]







ここはカフェであります。

水のたたえられた、緑したたるテラスで飲むコーヒー。

あー、ほんとにもう最高であります。



さて、それではそろそろ中伊豆に向かいましょう。

ってことで、かおりちのシルバーBMWとワタクシの旧式Skylineは

修善寺方面に走り去ったのでありました。ぶっぶー[:プシュー:][:プシュー:]





[:おてんき:]   [:よつばのクローバー:]   [:おてんき:]   [:よつばのクローバー:]





さて小一時間で吉奈温泉に到着しました。

修善寺から天城に向かう途中に、その静かな温泉郷があります。



今回私たちがお世話になったのは『御宿さか屋』さんといいます。

創業四百年の老舗の旅館です。とにかく一度リンク先のHPを御覧下さい。



癒し、とか、ストレス解消、とか

そういう言い回しって、ワタクシあんまり好まないんですけど

ここはまさにそういうお宿でした。



決して人工的に造ったわけではない日本庭園には、老木が静かに立っていました。

苔むした飛び石は、懐かしい匂いがしました。

せせらぎの音や木々の揺れる音、吹き抜けていく風の音。

そういうものが、文字通り自然にワタクシのまわりを取り囲んでくれるのです。

生来だらだらゴロゴロのんびり好きのワタシにはもうたまらない処です。







ゆーっくりと時間をかけて会席料理を頂き







デザートはロビーに移動して山葵アイスを頂き

お部屋についている源泉かけ流し檜露天風呂に身を沈め

そしてぐっすりと眠りについたわけです。



(歯軋り寝言鼾、首が伸びる行灯の油を舐める等のご迷惑をお掛けしたら

 今さらですがどうぞお許しくださいませ[:あせあせ:])









朝の光を浴びて、お湯が煌いています。

(入浴画像は自主規制?[:温泉:])





[:おはな:]   [:きのこグリーン:]   [:おはな:]   [:きのこグリーン:]



帰りは御殿場のアウトレットに寄りまして、ぶらぶらと買い物をして

ちょいとジャンクな昼食をとって、お開きとなりました。





はー、楽しかった。

お天気にも恵まれたし、怖い虫さんも出てこなかったし

(出た虫はKおりちにとってもらったし)

ビールも美味しかったし、ほんと最高でした。





それにしても旅はよいわねえ。

ま、出掛ける前や帰ってからの忙しさやバタバタ感があるからこそ

たまに人様に作って頂くお料理や、敷いて頂くお布団の有難味が

解かるのかもしれませんけどね。





それにしても『御宿さか屋』さん、また行こうと思います。

リピートするお宿がまた一軒ふえました[:ラブラブ:]



さて、今日もこれから一仕事するぞーー!


Comment:5  Trackback:0
back-to-top