--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005
03.30

「鬼武者」な日・・

決してヒマをもてあましてるわけじゃないんだけど?

昨日から時間を見つけては「鬼武者3」をやってます。



なにしろ武ちゃんの新鮮な映像がないもんだから

古いDVDやらビデオでは、つまんないもんだから。。。

(だってどの作品ももう観て観て観まくったんですもの)



思えば、我が家にはゲーマーが居なくて

スーファミもプレステもホコリをかぶってたのね。

(ゲームやらないんなら買うなーw)

それなのに私が「プレステ2」を買う~!って言ったもんだから

夫も娘もダメダメ!の嵐



なんとかかんとか言いくるめて(言い負かして?)買ったのは

「鬼武者」をしたかったからに他ならぬ。。



ええ、やりましたよ鬼武者

だって顔がまんま武ちゃんなのよ!声は100%本物なのよ!

なかば熱に浮かされたようになって昼夜励んだ結果

なんとかラストまで行けて、ボスを倒した時の喜び



まあこの「鬼武者」については、わたくしのゲーム上のお師匠さんである

こうじ氏をはじめ

一緒に頑張ってくれた夫のおかげなんですけどねー。

だって蜂女とかチョーむずいんですもん

武ちゃんだってニッキの中で

「蜂女なんてどうやって倒すかなあ>NOゲーマー」なんて言ってたし(笑)



ラストで左馬介のセミヌードを拝んだワタクシは、その興奮が忘れられず

「鬼武者無頼伝」を即購入。

・・これは大して面白くなかったんだけどね。エヘヘ。



それからはもう「鬼3」の発売を待って待って待ちまくって(笑)

到着したその日からもう鬼武者漬けになっていました。



「鬼3」の左馬介は、ますます武ちゃんに似ていました♪

髪だってロン毛だし栗色だし、セリフだって前回よりずっと上手に(ry



ジャン・レノさんもカッコよかったし、ストーリー性もあったし

なにしろCGがすごくてアンタ、そりゃもう盆と正月が一緒に来たくらいの

大騒ぎだったんですよ、ワタクシの脳内は(アホですか?)



前回でゲーム力(?)がついたのか、割と問題なくシーンを進めていき

(斬られたりするとウッ!とか呻くので、ギャーギャー騒ぎながら闘いましたわ!)



ラストでは堂々と信長に闘いを挑んだのでした!

もちろん勝ったわけですが



・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・



しかし終わってしまえば、またしばらく遠ざかるのが私のイケナイ癖でして

鬼3もPS2も押入れの中に入れてしまいました。。



それから「LOVERS」の怒涛の露出が始まったし~



・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・



・・・でも、また今「武ちゃんどこにいるの」状態なんですよ。

淋しい、淋しい、さーびーしーいぃ!!



でも吠えてみたってどうにもならないので、鬼武者です(笑)



武ちゃんを歩かせたり、飛ばせたり刀を振り回させたり

イベンドムービーの時にはうっとり見つめたり。。

パリではカフェの2階にたたずませてみたり。



そんな時を過ごしているワタクシなので

これ以上「寝ては武ちゃん起きても武ちゃん」な暮らしをしていては

いくらなんでもイカンだろうと思って『は』おります。



だからお願いします。

武ちゃん、そろそろ出てきて下さい。

でないとワタクシ、壊れてしまいそうです。ぶー



贅沢なことは言いません。

ちょっとでいいから、顔を見せて下さい。

動くあなたが見たいのです。声だって聞きたいです。



そしてワタクシの家にも来て下さい。

美味しいお菓子があります。お茶も用意してあります。。。。



・・・・ってワシは泣いた赤鬼(武者)ですかい






スポンサーサイト
Comment:6  Trackback:0
2005
03.20

あっ!この声は・・・!

世間は3連休であります。

ありますけれども、我が家は2連休です。

夫は土曜日は仕事でした。

娘も終了式でガッコでした。

なので、2連休…。



で、本日の予定は・・・・

娘は友達と「ごくせんロケ地ツアー」(笑)

田園調布にあるという「竜クンの家」をかわきりに

日テレのごくせん神社だの、神田の駅だの

世田谷のレストラン(若槻千夏チャンがバイトしてた店)だの

多摩川の川原だの・・・・を探し回るツアーだそうです。



まあ朝もはよからご苦労なことですが

それもこれも青春時代のおもひで作りなんでありましょう。わはは。



で、私と夫は「なんとなくブラブラ歩くツアー」に。

ただ歩くだけではつまんないので、日ごろ行かないトコを歩こう、ってんで

上野はアメ横あたりをブラブラすることにしました))



電車を乗り継いで御徒町に。

いやー、人がすごいです。お祭りのようです。

あっちもこっちも店だらけ



夫はゴルフショップの前を通ると立ち止まります。

『ゴルフの上手下手は道具じゃなくて、腕です!』

と、その都度言ってきかせ、その場を動きます。

何メートルか歩くと、まだゴルフ屋さんです。

『だからね、ゴルフは道具じゃないのよ!』また言います。

お店の人がいやな顔をしています。すんません。



そうこうするうちにお腹が減ってきました。

「焼肉にする?」「う~ん、中華かな」「パスタにする?」「中華

「てんぷらは?」「中華」「あ、お蕎麦もあるよ」「中華



本日の私は中華料理が食べたい日だったのです。

だけじゃダメです。

麺と飲茶と麻婆豆腐とホイコーローなどなどと麦酒。これです。



夫はイイコなので、黙って私に従います。

これが夫婦円満の秘訣ですね>夫が従順



メニューを持ってきてくれたチャイナドレスの女の子は

たどたどしい日本語を話します。

で、厨房にオーダーを知らせるのは流暢な北京語でした

(最近、北京語か広東語かだけは聞き分けられるようになりました。エヘ)



並んだお料理を「おいし~おいし~」と言いつつ

ふたり仲良く食べて飲んでおりました。



・・・・そしたら、です・・・・・・。



店にはBGMとして中国語の歌が流れていたのですが

ど、ど、どこかで聞いたような声が聴こえてきたのです。



この声は、この声は、忘れもしない、恋しい恋しい・・・・

武ちゃんの声ではありませんか!

しかも「失約」

私の大好きな歌です。

ちょっと淋しい曲ではありますが、ああ、こんなトコで聴けるなんて。



箸が止まりました。麦酒のグラスも止まりました。

「パパ、これ、武ちゃんだ。。。」

「あ、そう?・・・・あ、そうだね」



その曲が終わるまで私はフリーズしておりました。。



そしてひとり、このシアワセにひたっておりました。



ああ、来てよかった上野御徒町。上野アメ横。

ありがとう、なんとかという中華料理屋さん(店名失念)



いい休日になりました♪



やっぱりいい声だわーーー、武ちゃん。

大好きだわ、武ちゃん。

(・・・と書きつつ照れて赤面するもうすぐ46のオバハンでした)
Comment:3  Trackback:0
2005
03.15

『不夜城』の階段…

pic_0828.jpg





歌舞伎町を歩いていて ふと気がつきました。

あっ・・・ここは椎名きっぺーさん・・・もとい・・・

うーふーちゅんの階段だ!と。



ここから現れた(?)富春がショットガンを撃ちまくりましたねえ。

階段の下からも、ややこしい連中が現れましたけど



これはあくまでも映画のなかのハナシですが

つい最近もこの近くで若いバイト青年が惨殺されたりしました。

禍々しい街でもあり、華々しい街でもあり

歌舞伎町は今も『不夜城』なんですね・・・・・。
Comment:0  Trackback:0
2005
03.15

自分って・・・。

普段フツーに暮らしていると

「自分は何処から来て、何処に属してるんだろう」

なんて深刻には考えない、きっと。

少なくとも自分自身は考えたことないです。

ソコで生まれて、コッチで育って、今はココに居ます・・って程度。



今朝のニュースで、中国の全人代の決議の場面を見ました。

中国と台湾の関係は、それこそ一言では書ききれるものではないし

勉強不足で物知らずのワタクシでは舌足らずもいいとこです。

なので多くは書けませんが・・・

こんなニュースを大陸の撮影現場で聞く武ちゃんは

どう思うのかな、とそんなことを考えてしまいました。



昔から多くの国に「統治」されてきた台湾。

先週号の文春の阿川さんの対談にもあったけど

国としての運命を、常にどこかの国に握られ翻弄されてきた国・・

私にはそう思えてなりません。



内政干渉だといわれてしまえばそれまでなんだろうけど・・

確かに某超大国に干渉されてしまったら、あの国やアノ国みたいなことに

なってしまうのだろうけど・・

それでも、なんだか気持ちがすっきりしない。

(私がすっきりしたところで仕方ないんだけど)





・・・武ちゃんは台湾で生まれて育ちました。

でも日本人です。

もう当たり前すぎて、書かれすぎて、かえって不毛な一節だけど。



今朝のニュースを見ながら、ちっとばかし考えたワタクシだけど

私ごときが考えてみたところで、武ちゃんにはなんの影響もないわけで(当然)

ならば気分を変えて、台湾時代の武ちゃんを明るく見てみよう!と思い立ちました。



えーっと・・・

これなんですけど







ちっちゃい赤ちゃんの頃(そりゃ赤ちゃんはちっちゃいわ!)

幼稚園(?)小学校の頃の武ちゃん。

なんかトーンが暗くて、お顔がこゆ?く写ってますけどね。





で、これがママンとパパン。





お母様は若い頃それはそれはお綺麗な人だったそうだけど

(いやこの当時もキレイですけど)

かなり恰幅がよくなりあそばして・・・

これ例の「毒蜘蛛ドクター」の映画ですね。

一番右手前にいらしゃるのが武ママです。





ということで、最初の書き出しとシメが全然合わない文章でスミマセン。。

ついでにオチもなくてスミマセンスミマセン・・・・
Comment:14  Trackback:0
2005
03.08

DVDキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

武ちゃんのDVD「ターンレフトターンライト」が来ました!

映画を観たあとにもしつこく感想(素敵・ほのぼの・きゃー♪などなど)

を書いたので、ここでは割愛しますがやっぱり見終わったあと優しい気持ちになりました。

はう♪



考えてみると武ちゃんの出演した作品って、ハッピーエンドが少ないよーな気がします。

書き上げてみると・・・(私が観たのだけね)

悲惨な終わり方ではなくても、けっこう「痛い目」に合わされてます。



★「東方三侠2」=優しい教祖役=悪者によって爆死させられる。

★「金城武の香港犯罪ファイル」=お医者さん役=毒蜘蛛に刺されて死んじゃう。。



★「人魚伝説」=高校生役=えっと、これは別に痛い思いはしてないわ。

★「中国龍」=弱っちい兄ちゃん役=殴られたり蹴られたり・・とほほ。

★「金城武の死角都市・香港」=刑事役=最後までちゃんと生きてるけどボロボロにやられる。

★「トラブルメイカー」=高校生役=殴られ蹴られ顔がパンダになります。

★「フォーエバー・フレンズ」=兵隊さん役=厳しい軍事訓練を受けてぶっ飛ばされたりしますが、まあまあ元気です。

★「ピックアップアーチスト」=サラリーマン役=女性に投げ飛ばされます。

★「ダウンタウンシャドー」=企業スパイ役=銃で腕を撃たれます。。

★「恋する惑星」=刑事役=これは痛くない役ですね、ちょっと悪酔いするけど。

★「天使の涙」=無職?役=お口が聞けません。最後に殴られてボロボロに。

★「危険な天使たち」=刑事役=終わりの方で撃たれます。軽傷だけど。

★「冒険王」=考古学者の助手役=特に痛い目にはあいませんな。

★「炎の大走査線2」=刑事役=殴られたり蹴られたり・・痛いってば。

★「MISTY」=武士役=刺されたり斬られたり切腹したり。とほほ。

★「世界の涯てに」=遺失物捜査業=これは大丈夫。痛くない。

★「パラダイス!」=遊び人風殺し屋(?)=殴られても殴られても立ち上がって・・博打をします(笑)

★「暗黒街」=伝説の人マー・ウィンジン=これ最強。こんなにズタズタに刺されたり斬りまくられて生きてるなんて有り得ない・・って感じ。

★「初恋」=掃除夫役=痛い思いはしないです、はい。

★「アンナ・マデリーナ」=ピアノ調律師=風邪はひきますが元気です?。

★「ニューヨーク・デイドリーム」(HW映画デス)=日本人留学生役=背中は刺されるわ、最後には割腹自殺しちゃうわ、もう散々。

★「不夜城」=非情な歌舞伎町住人役=殴られはするけど生きて終わります。

★「君のいた永遠(とき)」=浪人生・のちに旅行会社の社員=痛い目には合わないです。ほっ。

★「ターザン」(声優)=皆さんお馴染みターザンなので元気いっぱい、腰みのつけて森で生きてます。

★「スペース・トラベラーズ」=銀行強盗役=はっきりした終わり方じゃないけど、銃撃されます、多分(泣)

★「リターナー」=闇の取引つぶし人役=撃たれます。が助かります。

★「ラベンダー」=天使役=終わりのほうで弱って死にそうになりますが、元気に飛び立ちます。

★「LOVERS」=唐の時代の役人=アンディ・ラウ兄さんと死闘を繰り広げます。斬られます。痛いです。そして寒いんです。

★「神様、もう少しだけ」(CXドラマ)=音楽家役=共演してた深キョンは亡くなりますが、啓吾は元気です。

★「二千年の恋」(CXドラマ)=某国の工作員=銃で撃たれるも回復します。が、最後の最後で撃たれて死にます。えーん。

★「ゴールデン・ボウル」(NTVドラマ)=証券マン役=風邪はひくけど最後まで元気です。で最後はハッピーエンドです。



こうやって書いてみると、ほんとに役者さんって大変だなあと思うわ?。

武ちゃんってコメディでは思いっきりお馬鹿な顔が出来る人なんだけど

どちらかというと切ない顔や辛そうな顔が似合うと思うの。

だからかなあ、こんなにも痛い役を与えられるの。。。



そんなわけで、この「ターンレフト・ターンライト」は幸せな映画でした。

見ててニコニコしちゃう



皆さんもレンタルでもいいから一度ご覧下さいまし。

オススメですわ。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。